【澪つくし】73話のネタバレと感想!かをると惣吉が名取村長に新造船費用を借りにいく

【澪つくし】73話のネタバレと感想!かをると惣吉が名取村長に新造船費用を借りにいく

一方的に値上げされた新造船の費用を工面するため、かをると惣吉はかをるの叔父で高神村村長の名取を頼る。

あのお騒がせ男・弥太郎が帰ってきた理由は?

【澪つくし】73話のあらすじネタバレと感想について!


ADVERTISEMENT

【澪つくし】73話のあらすじネタバレ

【澪つくし】73話のあらすじネタバレです。

かをると惣吉は新造船の資金を村長に普請するが…

かをる()と惣吉(川野太郎)は、かをるの叔父の名取庄右衛門(内藤武敏)に金を借りに行く。かをるがかつてぎん(三ツ矢歌子)が世話した縁談を反故にした不義理、坂東家から勘当された身ということもあり、「役場がダメなものはダメ」と断る名取。

惣吉はすべての村民の生活を守るのが役場ではないか、せめて役場が手形の保証人になってくれないか、村民に融資をする制度を作ってほしい、と食い下がるが、村長が女房の叔父だからと金を普請に来るという態度が気に入らない、と追い返されてしまう。

長年村長をやっているから図に乗っている、外川港の工事費は地元負担が重すぎる、どうして国や県から補填してもらわなかったのか、と怒る漁労長(織本順吉)。港の工事も村長が反対する者を脅して強引に決めたと聞いて驚くかをる。

弥太郎(明石家さんま)が漁師入門!

吉武家でツエが玄関の掃除をしていると虚無僧に扮した弥太郎(明石家さんま)がやってくる。腹が減って仕方がないから何か食べさせてくれという。握り飯を食べる弥太郎に、どうやって生活しているのかと聞くかをる。いろいろ渡り歩いていたと弥太郎。漁師でも何でもするという弥太郎だが、「入兆」と「吉武」は犬猿の仲、袋叩きにあうかもしれない、とかをる。

相変わらずのお調子者ぶりを発揮して漁師たちに仲間にしてくれと頼むが…。漁師になれるか試してやると魚網を担がせる漁師たち。

さんざんいじられた挙句、漁師になるという弥太郎を、とね(草笛光子)は「せっかくかをるを頼ってきたんだから」と雇ってやることにする。

【澪つくし】73話の感想とまとめ

もう出ないのかと思った弥太郎(明石家さんま)が復活!

吉武家までお騒がせするつもりなのか…。

そして今回の名取村長と惣吉の確執がこれから起こる大事件の布石になってしまいます。

波乱の幕開けとなる週ですが、久しぶりのかをるの入浴シーンに癒されました。

72話◀︎ ▶︎74話

澪つくし
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】

コメント