スポンサーリンク

【澪つくし】159話のネタバレと感想!英一郎の帰還と律子の最期に涙!

【澪つくし】159話のネタバレと感想!英一郎の帰還と律子の最期に涙!

英一郎が帰ってきた!久しぶりに揃った3人姉弟は、英一郎の夢を語る姿に希望を持つ。

しかし肺結核に冒された律子は…。

桜田淳子の名演技、姉弟の絆に涙が止まりません!

【澪つくし】159話のあらすじネタバレと感想について!


ADVERTISEMENT

【澪つくし】159話のあらすじネタバレ

【澪つくし】159話のあらすじネタバレです。

律子の久兵衛への愛

昭和21年2月、満州から戻ってきた律子(桜田淳子)は肺結核を患っていた。しかし病院の多くは焼失、焼け残ったところも満室だった。

もう長くない。母と同じ病気だとわかる、と律子。ハルピンの収容所で一度、引き上げ船の中で一度喀血した。銚子に帰れたのが奇跡。みんなに会いたいと思っていた。

申し訳ないというかをるに、あなただけでも生きていてくれてよかった…と律子。

小浜も英一郎も今に帰ってくると励ますかをる。

あなたはいつも変わらない。いつもそうやってみんなに尽くして。

私はいつも時代遅れというかをるに、時代の先端を走っているつもりで時代に押しつぶされた。親の死に目に会えないなんてバチが当たった…。

かをるは、久兵衛は最期まで律子の身を案じていた、自分の手をとって「律子、よう帰ってきたな」と言っていたことを語る。

今までのことを謝りたかった。お父さんを愛していたのよ。水橋や河原畑との恋愛、小浜との結婚もどこかでお父さんを求めていたのかもしれない。

年の半分、銚子に行っていた久兵衛を憎らしく思っていた。寂しかったのね…。

英一郎の帰還と律子の最期

英一郎(鷲生功)と赤川が帰還した。分隊長であった赤川が命の恩人だと英一郎。これからみんなで再建しようと頭(牟田梯三)。

久兵衛とるいのことは頭から聞いていて丸焼けの入兆を見て悲しむ英一郎は、大腿部を弾が貫通してケガをしていた。

もう一度、お父さんに叱られたかった。親にもらった脚を撃たれるとは何事か!って。その言葉を聞いて忍び泣く一同。

律子の病床で、かをるが栽培したさつまいもを食べる英一郎。戦争には敗けたけど、醤油の素晴らしさを知った。醤油は魚だけでなく肉にも合う、日本人だけで食べるのはもったいない。いつか天然醸造の醤油を世界に広めたいと大きな夢を語る英一郎を微笑ましく見る律子。

律子の具合が悪くなる。律子はかをるに「お姉さん」と呼んでと頼む。お姉さん!

律子はかをると英一郎の手をとり、ありがとうという。

ごめんなさい、もし小浜が帰ってきたら…。

律子はそう言いかけると息を引き取った。お姉さん!と何度も呼ぶかをる。

律子は小浜にいったい何を言い残したかったのか…。

【澪つくし】159話の感想とまとめ

最期は仲の良い姉弟が3人揃ってよかった!しかし英一郎の生還に喜んだのも束の間、律子が旅立ってしまいます。

律子はずっとかをるを妹として愛してきたし、かをるもずっと姉として慕ってきた。律子は「姉さん」と呼んでほしかったけれど、千代やハマの手前、そう言えなかった。

かをるはもちろんずっと「姉さん」と呼びたかったでしょう。2人の間には確実に深い姉妹愛があったのですから。かをるは「新しい女」律子に憧れていたけれど、律子もまたピュアでやさしいかをるに憧れていたのではないでしょうか。あんなふうに純粋で素直に生きたい、と。

どんどん走り続ける姉と、一途に大切なものを守り続けるためにたくましく成長する妹。対照的な姉妹の生き様が丁寧に描かれていたと思います。

律子は小浜に何と言いたかったのか。ひとことなら「ありがとう」か「愛している」だったでしょう。「ごめんなさい」と言われるより小浜にはうれしいと思いますが答えはわかりません…。

桜田淳子さんの目を開けたまま、ふっとあちらに逝ってしまう演技が素晴らしかった。最初に登場したときから律子にはいつも釘付けでした。最期までこんなに感動させてくれるとは…。このまま50、60でも活躍する大女優になって欲しかったですね。

158話◀︎◀︎ ▶︎▶︎160話

澪つくし
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました