スポンサーリンク

【澪つくし】158話のネタバレと感想!終戦と律子の生還

【澪つくし】158話のネタバレと感想!終戦と律子の生還

日本は戦争に敗けた。家族も財産も街も文化も…、すべてを奪われた市民はそれぞれのやり方で生き延びようとする。

入兆を再建するかをるに、吉武家も協力。梅木を待つかをるが再会したのは律子だった。

【澪つくし】158話のあらすじネタバレと感想について!


ADVERTISEMENT

【澪つくし】158話のあらすじネタバレ

【澪つくし】158話のあらすじネタバレです。

負ける戦争ならやらなくてよかったのに…

昭和20年8月15日、入兆の土蔵で暮らしながら再建に力を尽くすかをる()に神山(牟田梯三)が終戦を知らせる。

かをるは外川に子供たちを引き取りに行く。醤油不足で困っているし、醤油を作るつもりだというかをるに、とね(草笛光子)は建物の修復にと、古い船をバラした廃材をあげるという。

激戦地に行っていた梅木(柴田恭兵)のことは諦めているというかをるにとねは、惣吉の行った沖縄だって激戦地だが私は絶対に諦めない、惣吉は必ず帰ってくると信じていると語る。

負ける戦争ならやることはなかった。何が無条件降伏だ。戦死したものはやりきれない。冗談じゃない、ととね。かをるも、もう少し早く戦争が終われば両親も死なずにすんだのにと思う。

外川から運んできた木材で入兆の建物を修復する、漁労長(織本順吉)や漁師の須貝、善吉(安藤一夫)。ツエが沖田の描いた律子の絵を見つける。満州もソ連軍の攻撃を受けていたが、律子は生命力が強いからきっと帰ってくる、と善吉。

神山の髪を切るツエ(鷲尾真知子)。派手な格好をして進駐軍に言いよる女たちを「情けない」と批判する神山にツエは「男が戦争に負けるから女がひどい目にあっている。生活のためだ」と反論する。

昭彦と和彦が進駐軍からチョコレートとガムをもらってくる。喜ぶ子供たちだが、かをるは「日本人としての誇りを持ちなさい、お父さんが帰ってきたら叱られる」と捨てさせる。

ニセ醤油と律子の生還

とねに力づけられたか、かをるも梅木(柴田恭兵)の生存を信じるように。カギタ醤油からフィリピンに行った人たちが戻ってきたと聞いて、かをるとアミは梅木と栄二(山下規介)の行方を尋ねにいく。梅木のことは知っているが消息はわからない。自分たちの仲間も21人中14人が死に、生き残れるかどうかは運だった。梅木もジャングルに隠れているかもしれないし、米国の収容所にいるかもしれない、諦めないでと勇気付けられる。

物資不足で市民はヤミ商品を買い漁るようになっていた。入兆には、行商人からニセ醤油をつかまされた雑炊屋の男たちが抗議にやってくる。海水に醤油粕で匂いをつけたようなまがいもので、ラベルも「入兆」ではなく「人兆」だった。

昭和21年になり、復員兵が多く帰ってくるようになると、かをるは一縷の望みをかけて銚子駅に梅木を探しに毎日のように通う。そこで再会したのは梅木ではなく律子(桜田淳子)だった。

満州から帰ってきた律子は病気なのか、かなりやつれている。久兵衛はどこかと聞かれ、「申し訳ない」と謝り、その死を告げるかをる。最愛の父にもう会えないことを知り、律子は呆然とする。

【澪つくし】158話の感想とまとめ

両親も工場も失い、入兆の再建を誓いながらも、梅木のことは半ば諦めていたかをる。冷たいようにも思えますが、生還を期待するより諦めて「自分がどうにかしなくては」と奮い立たせなければ頑張れなかったのかもしれません。

しかし、とねは本当にぶれません。「惣吉は絶対に帰ってくる」と信じています。だって惣吉は、遭難して4年も経って戻ってきた不死身の男…。かをるはいつもとねから信じる勇気をもらっていますね。

善吉が言った通り、律子が生還しました。しかし生命力が強いはずの律子はかなり具合が悪そうです。さらに久兵衛の死のショックは計り知れなくて心配ですね。

残りあと4話。梅木、惣吉、英一郎、小浜は生還できるのか、かをるは入兆を再建できるのか、最後まで見届けましょう!

157話◀︎◀︎ ▶︎▶︎159話

コメント