2021年春ドラマ
番組情報まとめ
2021年春ドラマ
視聴率ランキング

【澪つくし】153話のネタバレと感想!かをるは梅木より惣吉が心配なの!?

【澪つくし】153話のネタバレと感想!かをるは梅木より惣吉が心配なの!?

梅木と栄二がフィリピンに出発。

入兆では醤油の材料が底をつき、かをる(沢口靖子)はひしお(魚醤)を造ろうと考える。

材料のイワシを吉武家にもらいに行った帰りに惣吉の消息を耳にするが…。

【澪つくし】153話のあらすじネタバレと感想について!


ADVERTISEMENT

【澪つくし】153話のあらすじネタバレ

【澪つくし】153話のあらすじネタバレです。

梅木と栄二がフィリピンへ

昭和19年4月、梅木(柴田恭兵)と栄二(山下規介)は、皆に見送られてフィリピンのセブ島へと旅立った。軍の要請で現地に味噌と醤油の工場を造るためだ。

久兵衛(津川雅彦)は「みんな、みんな行ってしもた」と寂しがる。そのうち、みんな帰ってくるとるい(加賀まりこ)。それまでわしがもたん、と久兵衛。

昭彦と和彦が防空壕を作ったと呼びに来る。

原料不足に困窮する入兆。小麦がない時代はひしおというものがあった、と思いつくかをる。かをるは吉武家を訪ねる。

善吉(安藤一男)が屏風ヶ浦の高射砲陣地での勤労奉仕から帰ってくる。愛宕山にも軍の基地ができる、軍はこの辺りに敵が上陸すると考えているらしい。

かをるは醤油の原料不足についてとね(草笛光子)に相談する。大昔の醤油はひしおといって肉や魚の汁から作ったもの。銚子はイワシがたくさんとれるから…。

しかし今は人手不足、船も徴用でとられる、たまにとれるイワシは買い叩かれて、残りは農家と物々交換がやっとという状況だととね。それでもとねは実験用にと新鮮ないわしを分けてくれた。

善吉とイワシを運ぶ最中、惣吉の消息をかをるが尋ねると、惣吉はひどいマラリアにかかり一度帰国して、徴用にとられた船の船長としてまた出て行ったという。とねは何も言わなかったが…。

イワシの行方と久兵衛の異変

イワシを見つけて大喜びの従業員たち。かをるはイワシを返して!と言うが、結局半分はかをるの家族や従業員の胃袋におさまった。

イワシがこんなにうまいとは66年間気づかなかった、と久兵衛。みんな久しぶりの新鮮な魚を喜んで味わった。

6月になるとアメリカ軍の反撃が激しくなり、遂にサイパン島に上陸した。その新聞記事を見て惣吉の身を案じるかをる。惣吉は小さな漁船でサイパンと横須賀の間を往復している。

惣吉には生きていてほしい…。かをるはただそれだけを願っていた。

7月、サイパン島の3万人、グアム島の1万8000人の守備隊員が犠牲となった。

久兵衛は、将棋をさしながら「英一郎を呼んでこい」と言い出す。冗談かと思ったかをるだが、久兵衛は認知症を発症し始めていた。

【澪つくし】153話の感想とまとめ

梅木と栄二がフィリピンへ。無事に帰ってきてほしい。

新聞記事を見て惣吉のことを案じるかをるに、やっぱり「梅木より惣吉?」との声。

醤油の材料についての相談に乗ってくれたり、貴重なイワシを分けてくれたとね。

半分はみんなで食べちゃって・・・、結局ひしおはどうなった!?

イワシの行方と、とねが惣吉のことをかをるに言わなかった心情が気になりましたね。

152話◀︎◀︎ ▶︎▶︎154話

澪つくし
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】