スポンサーリンク

【澪つくし】152話のネタバレと感想!梅木がフィリピンの醤油工場へ!

【澪つくし】152話のネタバレと感想!梅木がフィリピンの醤油工場へ!

ハマ(根岸季衣)の夫・真鍋(なべおさみ)がヤミ商売で摘発され留置される。

久兵衛(津川雅彦)は、とある秘策で真鍋の釈放を交渉。

梅木(柴田恭兵)にフィリピンの醤油工場行きの命が下ったとき、かをる()は…。

【澪つくし】152話のあらすじネタバレと感想について!


ADVERTISEMENT

【澪つくし】152話のあらすじネタバレ

【澪つくし】152話のあらすじネタバレです。

真鍋(なべおさみ)がヤミ商売で摘発される

昭和18年4月、連合艦隊司令長官・山本五十六の戦死、5月、アリューシャン列島のアッツ島守備隊の全滅で戦局は不利になっていった。

坂東家にハマ(根岸季衣)がやってくる。真鍋(なべおさみ)が10日も留置場に入れられているという。ヤミ業者だとバレて摘発されたのだった。ハマは、真鍋はヤミとはいえ市民のために物資を調達している。久兵衛に何とかしてくれと頼み込む。

久兵衛は銚子警察署に行き、真鍋の釈放を交渉する。ヤミの商品を誰も買わなかったら、みんな飢え死にする。久兵衛は「署長もヤミで買った酒で晩酌しているはず」という、るいから仕入れた情報で、進藤署長を脅迫する。

久兵衛のおかげで釈放された真鍋は、ハマと帰省中の紀之を連れて坂東家に礼を言いに来る。お礼にいい酒を持ってくる。最初はヤミのものは受け取れないという久兵衛だが、るいが預かることに。紀之は霞ヶ浦の航空隊に入っている。

9月、東條英機が必勝の信念の高揚を訴え、国内では女性も訓練をするようになった。

梅木がフィリピンの醤油工場へ

19年4月。梅木はフィリピンの醤油工場に行くことになる。戦地に味噌や醤油を送ることが難しくなってきたため、現地に工場が建設されているのだ。

戦場に出るわけではないがいつ爆弾が飛んでくるかわからない。おそらく、生きては帰るまい…。

約束が違う、地べたを這いつくばっても帰ってくると言ったのに。あなたが死んだら私も舌を噛み切って死にます…。

梅木は、自分の想いは変わっていないが、戦争があのときとは違うと諭す。

名誉なことだ、思いっきりやってこいと久兵衛。真鍋にもらった酒で祝うことに…。

栄二とアミが頭とともにやってくる。栄二は梅木にお供する覚悟を決めていた。久兵衛は、栄二を引き取った自分の目に狂いはなかった、と喜ぶ。アミと栄二に礼を言うかをる。

梅木は髪の毛を少し切り、かをるに預ける。昭彦と和彦は俺の分身だ。俺に会いたければ子供たちを見ればいい。

お前には心から礼を言いたい。この世に生まれてきて本当によかったと思ってる。お前と暮らしていた間はずっと幸せだった。俺は必ず帰ってくる。たとえ…霊魂になっても、必ずお前のそばに帰ってくる。

かをるは涙を流しながら梅木の想いを受け止める。しっかりと抱き合う2人。

【澪つくし】152話の感想とまとめ

ついに梅木が戦地に行くことに。徴兵ではなく醤油工場に行くわけですが、危険なことには変わりありません。

梅木の覚悟が伝わってきました。梅木とかをるにもしっかりと夫婦の絆が築かれていて、「あなたが死んだら私も舌を噛み切って死にます」とかをるに言われたとき、梅木はちょっと嬉しそうでしたね。

しかし戦死フラグが立ちまくりで、心配です!

151話◀︎◀︎ ▶︎▶︎153話

コメント

タイトルとURLをコピーしました