【ナンバMG5 】特別編は松てんこもり!ラブレターの内容は続編フラグ?

【ナンバMG5 】の『全開バリバリでアリガト編』が6月29日に放送されました。
『全開バリバリでアリガト編』は6月22日のハッピーエンドの最終回から1週間…。

ドラマの主要キャストがこの特別編の撮影のために集結し“最終回のその後”を愛犬・松の視点で描いた、貴重なエピソード!

ナンバロスのファンの方にはとってもうれしいプレゼントです。

【ナンバMG5 】の特別編のネタバレ・感想について紹介します。

ドラマ【ナンバMG5】はFODで配信中!
見逃した人も安心!第1話から見放題です!

こちらのバナーをクリックしてください↓

FODプレミアム

【ナンバMG5 】の特別編のネタバレ

松の家出

もうすぐやってくる難波家の愛犬・(豆三郎/津田健次郎)の誕生日パーティを、松に内緒で企画する(間宮祥太郎)、)、)、ナオミ(鈴木紗理奈)、吟子(原菜乃華)たち。
かまってもらえない松は「オレは家族じゃないんだ」と、家を出て行った。

フラフラと歩きながら、剛が二重生活を始めてからの2年半の間のことを思い出していた…。

松から見た2年半の振り返り

思い出すなぁ、色々あったなぁ。シミジミと思い返す松。

難波剛は家族の期待を裏切り、超シャバい白百合高校へ入学し、藤田深雪)と美術部に入部を果たす。
喧嘩と無縁の生活を夢見ていたが、クラスメイトの島崎(春本ヒロ)が市松高校のヤンキーにイジメにあっているのを見て放っておけず特服姿で救った。

市松で一匹狼だった伍代(神尾風珠)と知り合い、伍代を市松の先輩たちから助けたことがきっかけで剛は仲良くなった。
伍代は剛の理解者であり、藤田深雪に特服男が剛だとバレそうになった時も助けてもらった。

千鳥商業の大丸大吉(森本慎太郎)は藤田を騙す剛に腹を立てたが、剛の純粋な気持ちを理解し、大切なツレとなる。
剛は修学旅行先の広島で、大丸の初恋相手を救い大丸は剛に感謝しかなかった。

腹が減って動けなくなったしまった松は、目の前のお茶の広告の男性(津田健次郎)が出てきて驚いてしまう。その男は松の考えていることが全てわかり、早く家に戻るように促すのだった。

松は土手でゴルフの練習をしている深雪に遭遇する。
深雪のカバンから「難波君へ」と書かれた手紙が落ちていた。剛に手紙を書いたものの渡せないことを知り、剛に届けることにした。

剛は入学してから、千葉・神奈川・埼玉を制覇していた。
高校2年の時には生徒会長に立候補して当選してしまう。

しかし、生徒会長になって目立ってしまったことで、白百合に入学した吟子にすぐにバレてしまう。

はじめは家族を騙す剛に怒りを覚えた吟子だが、校長の横暴から生徒会長として生徒を助け、チンピラに攫われた吟子を助ける剛はどちらも気合の入った剛だと気が付き、和解した。

しかし、今度は進路希望調査票を見つけた猛に嘘がバレ、勝やナオミにもだましていたことがバレてしまう。

一方、剛に恨みを持つグリとグラが白百合高校に乗り込み、乱闘を起こす。
剛を逃がすために伍代と大丸は加勢するが、剛は白百合の生徒を守るために特服姿で現れた。

警察に連行された剛は、校長から退学処分を言い渡された。

退学処分に納得のいかない生徒は、剛の退学処分撤回を求める。

実は伍代と大丸も裏で生活指導の桐山に「考え直してほしい」と土下座をしていたのだった。

そして剛は白百合高校に戻ってきた。
白百合のみんなと一緒に卒業するために!

伍代はフラフラと道に迷った松を見つけ、松がくわえていた手紙に気が付く。
伍代に呼び出され、松を迎えに来た剛は深雪からの手紙を受け取りラブレターだと期待してしまう。

誕生日の松

帰宅すると松の誕生日パーティの準備が整っていた。
本当に最高の家族だよ!

やおし!いただきます!
掛け声で松の誕生日パーティーが始まった!

【ナンバMG5】特別編の感想

松×ツダケン待望の共演

松(豆三郎)と津田健次郎の共演シーンを作ってくれるなんて、製作さんのサービス満点ですね。

深雪からの手紙の内容は続編?映画化?

深雪からの手紙の内容は何だったのでしょうか…。
不思議キャラの藤田さんですから、平凡なラブレターとは思えませんが。
内容は剛のみぞ知る、ということですかね?
出来れば続編で教えてほしいですね。

【ナンバMG5】の特別編まとめ

【ナンバMG5】の特別編『全開バリバリでアリガト編』いかがでしたか?

本編にはなかった、伍代と大丸の土下座や藤田さんのゴルフ練習、更には豆三郎と津田健次郎さんとの共演まであってファンにはたまらない内容でした。

難波家や仲間の大切さに触れ、ただのヤンキー漫画ではない感動がありました。

またお会いできる日を楽しみにしています。

キャストの皆様、スタッフの皆様、ありがとうございました。

コメント