スポンサーリンク

【恋はもっとDeepに―運命の再会スペシャル―】のネタバレと視聴率!綾野剛の「おいで」の破壊力がヤバイ!?

恋ぷにスペシャル
©日本テレビ

【恋はもっとDeepに―運命の再会スペシャル―】のネタバレと視聴率!

、綾野剛出演の【恋はDeepに】のスペシャルドラマが6月16日に放送されました。

最終話で描かれなかった、海音と倫太郎の別れから再会までの3年間を描くスペシャルストーリー!

放送後、綾野剛の「おいで」の破壊力がヤバイと話題で…!?

今回は【恋はもっとDeepに―運命の再会スペシャル―】のネタバレと視聴率などについて。

「恋ぷに」を見逃した方はHuluで!

<関連記事>
【恋はDeepに】のキャスト

【恋はDeepに】のネタバレ


ADVERTISEMENT

【恋はもっとDeepに―運命の再会スペシャル―】の視聴率

【恋はもっとDeepに―運命の再会スペシャル―】の視聴率は8.5%

前回から0.4ポイントアップです。

第1話は10.5%、第2話は8.9%、第3話は8.3%。第4話は8.6%、第5話は7.7%、第6話は7.6%、第7話は7.4%、第8話は8.2%、最終話(第9話)は8.1%でした。

(視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区・リアルタイム・世帯)

【恋はもっとDeepに―運命の再会スペシャル―】のネタバレ

海音みお)が海へと帰ったあの日―。倫太郎()は悲しみを押し殺し、蓮田家へと車を走らせていた。家に着いた倫太郎は、光太郎()と榮太郎()から病院に戻るように言われるが、「大丈夫」と答える。倫太郎は感情を抑えきれず、静かに泣き崩れる……。

一週間後。倫太郎は会社へ復帰し、海中展望タワーの中止を伝える。そして海と陸地をつなぐ全く新しい水族館を提案する倫太郎。

海音のいない寂しさに沈む鴨居(橋本じゅん)の元に、Mr.エニシ()が現れる。エニシは、海音が皆に向けて残した動画が完成したので持って来たらしい……。

鴨居は倫太郎に「一緒に見てもらえませんか」と誘う。藍花()たちも研究室に集め、海音の動画の鑑賞会を企画。

動画の中で海音は大切な仲間たちと出会えたことを感謝する。

「どんなにツライことがあってもここに来たら、元気になれるんです。ここは私のふるさとみたいな、かけがえのない場所です」と海音。

思い出を振り返って語る海音・・・。

研究室と蓮田トラストの楽しかった交流会。

染谷先生(髙橋努)にたくさん笑わせてもらったこと。

椎木(水澤紳吾)に「渚海音は本物の研究者だ」と言ってもらえたこと。

藍花とは水質調査に一緒にたが、とても楽しかった。メイクも洋服もすべて教えてくれたし、倫太郎とのことでも助言をくれた。

「(藍花ちゃんは)何でも話せる唯一の友達です。いっつも優しくて励ましてくれて。そんな藍花ちゃんに愛されている榮太郎さんは幸せ者です。」

鴨居は命の恩人。鴨居が出会ってなかったら今の私はいない。小さな変化にも気づいてくれた。身をていして守ってくれた。…「血はつながってないけど私の家族です。 感謝しても しきれないです。」と海音。

ココに来る前は人間はひどいと思っていた海音は、だから絶対に私が止めなきゃと思っていた。けれど子供たちの笑顔を見るうち、未来の星ヶ浜を守ってくれるかもしれない…海音は考えが変わった。

「人間と戦うんじゃなくて共に生きて行く道を探すべきなんだ」と。このことはちゃんと周りのみんなにも伝えて行きたいという海音。

「海音先生は、このあと、どうするんですか?」とエニシ。

わたしは海に帰ります」と海音。

「倫太郎さんは一緒に行くんですか」とエニシ。

「いえ」

海音は疲れたので椅子に座る。エニシは倫太郎のことを尋ねる。

倫太郎は動画を止めて、「ひとりで見てもいいですか」とお願いした。

廊下にて。染谷だけ「海に帰る」意味が分からず混乱していた。

海音のことを、鴨居が「人魚です」、藍花は「イルカです」、椎木は「地底人です」と言って…!?

…最後に海音は倫太郎について話し始める。

最初に会ったのはスタジオの水槽。この人、海が、魚が好きなんだと思ったのに、展望タワーを進める張本人だったと後で気づく。

「でもなぜか頭から離れなくて」と海音。

時々、悲しそうな顔をするから。すごく腹立つのに、気になって、ずっと倫太郎のことを考えていた。

「焼き芋買ってきてくれたんです」と海音。

海辺で食べた。こんなにも、あたたかい気持ちになったのは初めてだった。

「でも倫太郎さん、ずっと苦しそうだったんです」

倫太郎は兄に恨まれていると思っていた。ある日、倫太郎は母の指輪を、鴨居の家で発見。

倫太郎は自分のせいで母を亡くした、と苦しんでいた。海音は上手く励ませなかった。

「でも楽しいこともたくさんありました。倫太郎さんは何が楽しかったんだろう」と海音。

「俺はね、バーベキュー」と答える倫太郎。

「私は遊園地。倫太郎さん、すごい顔してたんです(笑)」

だんだん身体がつらくなってきた海音は海に帰ろうとしたが、人間から姿が変化せず…。

そんな中、倫太郎はどんな時でも強く優しく…

「私を守ってくれました。」という海音は、教授会での倫太郎の告白を思い出して・・・

私も倫太郎さんが大好きです。もう 一緒にいられないけど…。たくさん笑っててほしいです。夢を叶えてほしい。ずっと ずっと幸せでいてほしいです。ありがとう、倫太郎さん

倫太郎は「ありがとう、海音」と画面に声をかける。

画面が真っ暗になった。(エニシは海音に動画をちゃんと届けると約束する)

蓮田家にて。倫太郎は東京を離れ、星ヶ浜でペンション経営と水族館の建設に集中したいと言い出す。

榮太郎()も会社を辞めて、自分のことを考えたいという。蓮田家の3兄弟はそれぞれの道を歩いていく…。

1年後。倫太郎はペンションと海の家も経営していた。ある日、榮太郎やエニシ、鴨居、藍花、染谷、椎木が泊まりにやってきた。

夜。海を見つめる倫太郎。海の中に会いに行く、肺がつぶれるほど深くても…「強く思っていれば必ず会える」と海音に約束した。

朝になるまで、倫太郎は海を見ていた。みんなが起きてきたので、倫太郎は朝ご飯を作る。

2年後。また今年も鴨居たちがやってきた。ペンションには貝殻が増えていた。岩場に毎日のように置いてあるんだという倫太郎。藍花は誰か置くのかなと疑問に思う。

夜。月明かりの中、倫太郎は今年も海辺で、朝まで待ち続けていた…。

3年後。会長の太郎は世界一周してリゾート施設を視察に出かける。エニシは蓮田トラストの社員になり、広報の鶴川(藤森慎吾)の部下になっていた。榮太郎は経営者になって2年経っていた。

「星ヶ浜リゾート みらい水族館」がオープン。倫太郎は光太郎やプロジェクトメンバーに感謝する。

海につながっている水槽なので、毎日違う魚と出会える水族館だ。

倫太郎は、星ヶ浜の浜辺に行き、貝殻を探すが、今日は置いてなかった。

今日も近所の子供たちが海の家に寄ってから帰る。

倫太郎がビーチパラソルや椅子を片付けていると、白い服の人物が近寄ってきて…

「倫太郎さん」と、海音の声がした。

振り返った倫太郎は、サングラスを外す。そこには海音がいた。

「何帰ってきてんだよ」

「帰ってきちゃいました」

「おいで」

海音は倫太郎に飛びつく。抱きしめる倫太郎。

鴨居のほか、鴨居研究室メンバー、光太郎ら蓮田トラストのメンバーが遠くから見守る。

「海音ちゃーん」「海音さん!」

みんなが海音のもとにかけつける。涙と笑顔と拍手があふれ、再会を喜びあった。(おわり)

【恋はもっとDeepに―運命の再会スペシャル―】の感想まとめ

綾野剛の「おいで」の破壊力がヤバイ!?

再会までの3年間、海で待ち続ける倫太郎の切ない姿を描いた上での・・・

ラスト、笑顔の再会!ツンデレな、一度「なんで帰ってきた」と突き放しておいての、

「おいで」はヤバイですね(笑)

【恋はもっとDeepに―運命の再会スペシャル―】考察

海音はなぜ帰ってこれ

海音はなんで帰ってこれたのか。あの貝を置いていたのは海音なのか?

いさぎよいほど、まったく説明なしのハッピーエンドでした。

気になったので想像してみました。

あの水族館の完成が、海音が戻って来れた要因かもしれません。(タイミングがオープン日ですし)

海に帰ったら人間との共存をみんなに話したい、と言っていたので、海と繋がる水族館が安全だと海の者たちに分かってもらえたのかも。

岩に置かれたあの貝殻は、海音が遊びに来ていたのかも…。貝殻が1年目より2年目と、だんだん増えていくというのは、「身体が元気になったよ」「もうすぐ戻れるよ」といったメッセージだった?

ちなみにスーパームーン(満月が1年のうちで最も明るく大きく見られる)のときに、倫太郎は浜辺で朝まで起きていたのでしょう。

海音と会えるかもと思って。(あるいは月に一度ある、満月には起きていたのかも?)

どうやって人間の姿になるんだ、という問題がありますが…それは不思議な力ということで(笑)

まとめ

「恋ぷに」の愛称で親しまれた本作【恋はDeepに】も、今回の【運命の再会スペシャル―】で本当に終わってしまいました。

さみしいですが、また続編でみんなに会えたら嬉しいです。

キャスト・スタッフの皆様、ありがとうございました。


※次の日本テレビ・水曜ドラマは【ハコヅメ】になります。お楽しみに!

当記事画像出典:日本テレビ

タイトルとURLをコピーしました