【君の花になる】第4話の視聴率と感想!新曲完成!果たしてランキング1位は取れるのか!?

当サイトのリンクには広告が含まれます

【君の花になる】第4話の視聴率と感想!

本田翼主演の火曜ドラマ【君の花になる】第4話が2022年11月8日(火)に放送されました。

悩んだ末に苦手なラブソングを書き上げた弾。そしてリリースの日がやってくる。

果たしてランキングの結果は!?

今回は【君の花になる】第4話のあらすじネタバレ・感想について。

あわせて読みたい
【君の花になる】のネタバレあらすじ結末を最終回まで!予想される結末と出演者紹介! 【君の花になる】のネタバレあらすじ結末を最終回まで! 2022年10月期の火曜ドラマ【君の花になる】が10月18日スタート! 挫折した元教師の寮母と売れないボーイズグル...
【君の花になる】の配信
Paraviで全話配信
※本ページの情報は2022年7月4日時点のものです。
目次

【君の花になる】第4話の視聴率

第4話の視聴率は世帯5.1%、個人2.7%でした。

前回より0.1ポイントの減少です。

【君の花になる】第4話のあらすじネタバレ

【君の花になる】第4話のあらすじネタバレです。

第4話のあらすじ

弾(高橋文哉)は花巻社長(夏木マリ)に新曲をプレゼンするが、「いつも通りの楽曲では1位は無理」と言われ、初めての“ラブソング”へのチャレンジを命じられる。あす花(本田翼)は、周りの協力さえプレッシャーに感じる弾を気づかい、新曲作りのための取材をする中で、弾があす花に抱えていたある複雑な思いを知ってしまう。

ここからネタバレです。

弾のラブソング

「これ真ん中刺さったら俺とデートな」。そう言って投げた弾(高橋文哉)が投げたダーツの矢。

惜しくも外れる。盗み聞きしていたメンバーが大騒ぎするが、弾はあす花への想いを「好きでも嫌いでもない、無だ」と否定した。

実は出来あがった新曲を社長(夏木マリ)に聞いてもらったところ、「いつも通りの曲じゃ1位は無理」と言われ、ラブソングの創作を命ぜられた。その取材の一環としてやったことだった。

メンバーは弾のために恋バナ大会を開く。メンバーそれぞれが初デートなどの話や恋の思い出話をするが、弾にはひとつも役に立たない。

ひとり悩む弾のプレッシャーを感じたあす花(本田翼)は弾を取材と称したデートに誘う。

一方、前日のテレビ取材での歌の反響がよかったため契約更新の兆しが見えてきたと、マネージャー・すみれ(内田有紀)から報告を受けるメンバー。

弾とあす花のデートは定番の動物園。なぜかメンバーもついてきている。結局デートというより全員で楽しむことに。そんな中、まったく気乗りしていない弾。メンバーはそこで初めて弾とあす花が元先生と生徒として知り合いだったことを知った。別行動になった弾、あす花、なる(宮世琉弥)。あす花は弾が席を外した時に、弾が高校の時に背中を押してくれた先生がいたこと、その時の会話が偶然ICレコーダーに録音されていて、時々聞いては背中を押してもらっていたことを聞く。しかし、その会話を聞いていた弾は、今のあす花とあの時のあす花は別人だと言う。この言葉はあす花にとってはショックだった。

弾の本心

翌日、姉・優里(木南晴夏)がフードフェスに出店することになり、手伝いを頼まれたあす花。朝、あす花がいないことに寂しさを感じるメンバーたち。弾も口にはしないが、寂しさを感じているようだった。

レッスンが終わり、すみれが食事をおごってくれることになったが、弾はそれを断り出ていく。

帰りに銭湯の(志田彩良)と偶然行き会った弾は、奈緒にあす花が開かずに不便そうにしていたキッチンの棚の開きの修理を頼む。快く引き受けた奈緒は、それがあす花のためと知り不機嫌。

帰ってきた巧(NOA)が「あす花に早く会いたい」等と想いを口にすることに「うるさい」と絡む弾。「思っていることをいちいち口に出したら面倒くさいことになる」と言う弾に、思っていることを口しないことで逆に面倒くさいことになっていると指摘される弾。「どっちにしろ面倒くさいなら、思っていることを伝えた方がスッキリするよ」と言われた弾は、寮を飛び出しフードフェスの会場へ駆け出していく。

弾とあす花がハグ!?

会場に来た弾に気づき、驚くあす花。弾はあす花に動物園でのことを謝り、自分の曲を褒めてくれたのはあす花が初めてだったこと、あす花に会えたことをがっかりなんかしていないこと、ムカついていたのは自分のふがいなさに対してだったことを告白し、今でもいてくれるだけで背中を押してもらっていると本音をぶちまける。そして弾は仲直りのハグをと、両手を広げる(これはメンバー内での約束事)。恐縮しながら近づくあす花を抱きしめる弾。複雑な思いのあす花。急いで寮に戻った弾はすぐに曲作りを始める。徹夜で創作活動に集中する弾。

翌朝、あす花の明るい声で気がつく。いつもの賑やかな朝が戻ってきた。開きの調子がよくなったことに礼を言うあす花。

屋上で洗濯物を干していたあす花に出来上がったばかりの新曲を聞かせる弾。

新曲完成

社長に聞かせると、「レコーディングはいつにする?」と好反応。

そして新曲「Melody」のレコーディング、振付が仕上がっていく。

いよいよリリースの日。街中に新曲の広告が踊る。

そしてデイリーランキングが更新される。

寮で待っていたあす花にすみれから連絡が入る。「8LOOMのMelodyが…」

つづく。

新曲「Melody」配信スタート

第4話で登場した3rdシングル「Melody」の配信が11月9日午前0時からスタートしました。

そして、12月2日に収録を兼ねたライブ公演が行われるようです。

【君の花になる】第4話の感想

新曲に好反応

今回、初登場の新曲「Melody」の反響がかなりいいようです。

気になるランキングは?

グループ存続がかかったランキングの結果はどうなるのでしょう?次週が早くも気になるところですが、予告編の「みんな頑張ったよ」という悲しそうなあす花の声が聞こえ、しょんぼりしているメンバーを見る限りでは1位は取れないようですね。しかしこれはあくまでデイリーランキング。週間ランキング発表まで結果はわかりません。

中盤に入ったドラマとしては週間ランキング発表までの奮闘が描かれるのではないでしょうか。

リアルの世界での活動も頑張っている8LOOMですが、果たしてどれくらいのファンの心を掴むのかも気になりますね。

記事内画像出典:『君の花になる』公式サイト

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSシェアはここから
  • URLをコピーしました!
目次