【ケイ×ヤク】3話のネタバレと感想!これってBL!?ベッドシーンもありで盛り上がり!

ケイ×ヤク3話

【ケイ×ヤク】3話のネタバレと感想!これってBL!?ベッドシーンもありで盛り上がり!

【ケイ×ヤク・あぶない相棒】3話が1月27日に放送されました。

・一緒に暮らし始めた一狼()と獅郎(犬飼貴丈)は恋人のようで、BL疑惑も!?
・獅郎と一狼の誕生日パーティーシーンに注目!
・爆破事件が意外な人物と繋がり……。

3話も見どころ満載!
日本テレビ【ケイ×ヤク・あぶない相棒】3話のネタバレと感想を紹介します。

見逃し配信:【ケイ×ヤク・あぶない相棒】はHuluで視聴できます。(2022年1月現在、最新情報は公式サイトでご確認ください。

漫画【ケイ×ヤクーあぶない相棒ー】は【まんが王国】で!1巻が無料で読めます♪♪(2022年1月現在、最新情報は公式サイトでご確認ください)


ADVERTISEMENT

【ケイ×ヤク】3話のネタバレ

【ケイ×ヤク】3話のネタバレを紹介します。

獅郎と一狼が同棲?

英獅郎(犬飼貴丈)に合いカギを作るように言われていた舎弟は、作ってきたカギを獅郎に渡す。

そのカギは一狼()のもの。

二人は一緒に暮らすことになったのだ。

そんな二人をみて舎弟は、恋人か?と怪しむ。

**

獅郎の誕生日が近づき、荷物が届く。

それは、里親からのプレゼント。里親は、毎年、プレゼントを送ってくれていた。

「何か欲しいものはないか」という一狼に
「本当の誕生日かわかんねぇし、いらない」という獅郎。

一狼の作る朝食は和食。栄養バランス満点。

片や、獅郎はパンケーキにシロップをたっぷりかけている。

「今日だったな」と一狼。

この日は、獅郎が総理大臣の大須公昭(板尾創路)と会う日だ。

「今夜、東永大付属中学の創立記念パーティーがある。そこで“S”が潜入し東幸子の中学時代のことを探る」と一狼。

獅郎が東幸子の病室を掃除した時「学校行くの嫌いで行くのやめちゃって」と言ったら、幸子は動揺した。
そのことから、幸子の中学時代に何かがあったと考えられた。

一狼は、パーティーが終わり次第、会話を録音したICレコーダーをSから受け取ることになっている。

**

一狼はSが仕掛けた盗聴器でパーティーの様子を聞き情報を得る。

<大須総理の息子=匡は、澤口、森川、東と仲が良く、何かコソコソ盛り上がっていた。中二の音楽祭の日から学校に来なくなった。その後、東は学校を辞め、3人は復帰したが、全然、話さなくなった>

獅郎と大須の甘い関係

獅郎は大須と会う。

二人は裸の関係。

獅郎
「もう1年前になるね。初めて会ったのはもっと前。目が合った時、すごくゾクゾクしました」

大須は何も言わない。

「相変わらず、冷たいね。俺、あなたの事、何も知らないよ」

「それがお互いのためだ」

「怖い?秘密を知られるの。俺は嬉しいよ、あなたの秘密になれて。知れば知るほど、俺はあなたの傍にいられる」

大須は優しく獅郎の髪をなでる。

「正直、お前の親父が羨ましいよ。うちの息子にもお前ほどのクレイバーさがあれば。いつまでたっても独り立ちできない。あいつにはなだ継がせられない。子どもの頃から傍若無人で。せめて、もう少し早くあいつのしたことに気づいていれば」
と、大須は匡が何かしでかしたということを匂わす。

「何をしたの?匡先生は」と問うが、大須は答えなかった。

**

一狼はバイクに乗った何者かに追われる。

獅郎が帰宅すると、一狼が息を切らして帰って来た。

「襲われた。潜入がバレた。黒幕までは分からなかった」
という一狼。

「襲われたってことは、俺たちのヨミが間違ってなかったってこと」
と獅郎。

パーティーの会話を聞き、音楽祭が大須匡との問題と関係があるのでは、と考える二人。

「俺たちがマークされたのは病院に行ったときだろう」
と一狼。

潜入させていたS(バイク川崎バイク)と連絡がつかない。

大須匡の仕業

「クボタどうした」
と大須。

「すいません、潜入した男のほうは捕まえました」
と怯える男と女。

「だったら、早く正体掴めよ」
と金をばらまく。

大須匡(吉村界人)「クソが」。

**

一狼は、爆破事件の夢で目覚める。

Sから連絡があった。

「これはワナだろう」
それを承知で二人は呼び出しに応じる。

**

二人を男が襲う。
すかさず、取り押さえる。

莉音の動画を見せるが「知らない」と言う。

男は
「金で雇われただけだ。雇ってきた男は、自政党の大須匡」
と白状する。

3人の姿を覗く女。
男は突然走り出したが、塀の上から落ち、耳から血を出し死んでしまう。

**

莉音の事件の黒幕は大須匡に違いない。

音楽祭の日は、20年前、東京テトラビルの爆破事件と同じ日。
単独犯の一般人が起こした事件だ。

その時、大須匡は中学生。

中学生が爆破事件と関係があったのかはわからないが、一狼は爆破事件のことを調べてみるという。

その時、ニュースが。

二人を襲った男が自殺扱いになっていた。
ポケットに遺書が残っていたと報道されている。

情報が操作されている可能性が高い。

**

大須匡は

「どうなってるんだ。俺らを嗅ぎ回ってる奴らはわからず、雇った野良犬はこのざまか。お前らそれでいいのか。いつまで言いなりになってる」

「逆らえないだろ。あの人にはあの日の事を全部知られてる」
と澤口実(前原滉)と森川大貴。

爆破事件を調べる一狼

一狼は田口(徳井義実)に報告をする。

「気になることがある」
と自殺事件のことを切り出す。

現場の雰囲気を見る限り、自殺とは思えない。警察やマスコミにたいして、どこからか圧力があったのでは、と。

「それをキミが知る必要があるのか」

「過去にもそのようなことが」と言う一狼。

「だとしたら、なんだ」

一狼はここで引き下がる。

**

莉音()のことを思い出す一狼。

「いつか迷ったときは、直感を信じろ」

一狼は爆破事件のことを当時の担当刑事たちに聞き込みを始める。

獅郎と一狼の誕生日

千夏(萩原みのり)の店に行き、獅郎はお持ち帰りでケーキを買う。

帰宅すると一狼が、ケーキの粉をといていた。

祖母に昔、作ったとき「ありがとう」と言われたと言う。

「こんな関係だけど、礼を伝えたいと思ったんだよ」

「なんだよ、それ」と照れる獅郎。

「少なくても、俺は感謝してる」と一狼。

「あっ、そう言えば、千夏ちゃんに聞いたぞ」

なんと、この日は一狼も誕生日だった。

「おめでとう、相棒」

パンケーキを作りふたりで食べる。

千夏のケーキも。

二人は笑顔だ。

**

一狼
「久しぶりだな。誕生日を祝うのも祝われるのも」

一狼は獅郎に「聞いて欲しいことがある」と告白する。

20年前、爆破事件が起きた日だ。だから、俺は、誕生日がずっと嫌いだった。俺の両親が死んだのはあの日なんだ。

共働きの両親が休みで買い物に出かけた。はしゃぎすぎて疲れてしまい、ビルのカフェで休んでいた。一狼は風船を貰い、両親の元に戻ろうとしたら、目の前で爆破が起きた。

「それは、お前のせいじゃ……」と獅郎。

「あの日、もし俺がプレゼントを欲しがらなければ。俺が疲れるほど、はしゃがらなければ。俺が風船を貰いに行かなければ」

一狼は自分を責める。

爆破事件の犯人

過去映像:獅郎の幼少期。

施設のスタッフ=野々宮和彦(

「獅郎、ケーキ焼けたよ。君の誕生日ケーキだね」

獅郎と莉音はホットケーキを食べる。

後日、野々村はテトラビルの爆破犯人だと自首をして捕まった。

**

獅郎はそのことを思い出し「一狼」と言いかけるが……。

一狼に千夏から<おめでとう>メッセージ。

<毎年、ありがとう>一狼からのメッセージを見た千夏は、花を抱えて微笑む。

次に、所轄の刑事から
「事件のことを知りたかったら、直接、上司に聞いたほうがいい」とメッセージ。

その時の上司は田口だ。

**

田口は何者かに「国下が勘付いている」と話している。

**

獅郎
「田口は一狼の両親のことを知っていた、姉貴が調べてたことも知っていた、それをお前に言わなかった。そいつは何か隠してる」

<続く>

おまけ3

「いっとくけどお前の寝床なんて用意しないぞ」と獅郎。

「雑魚寝には慣れてる」と一狼。

一狼は、キッチンを調べる。

「なんだ、包丁もフライパンもないのか」

「自炊なんてしない」

「すべて揃えておく」

包丁、フライパン、鍋、とメモをする一狼。

「すりばちもいるな」

頭をかきむしる獅郎。

【ケイ×ヤク】3話の感想

「BLなの?」「おまけも面白い」など、感想がTwitterに。
【ケイ×ヤク】3話の感想を紹介します。

【ケイ×ヤク】3話のまとめ

【ケイ×ヤク】3話は、の正体が明らかになりました。まさか爆破事件と繋がっていたとは。これにも何か裏がありそうです。田口も怪しさ満点で、大須の息子の匡たちも何か隠している様子。謎解明にはまだ時間がかかりそうです。

今回は、獅郎と総理のベッドシーンもあり、BL要素が話題に。獅郎と一狼の誕生日にはほっこり。物語はがっつりとサスペンスですが、美しき二人を見るのもまた楽しいものです。

次回予告

・獅郎が行方不明に!

・田口から命令に一狼は?

次回もお楽しみに♪♪

記事内画像:【ケイ×ヤク】公式サイト

コメント