【警視庁アウトサイダー】8話のネタバレとあらすじ・まさかの真犯人は斎藤工か!

警視庁アウトサイダー
※当サイトのリンクには広告が含まれます
テレビ朝日系木曜ドラマ【警視庁アウトサイダー】8話が2月23日に放送されました。映画『ドライブ・マイ・カー』で米アカデミー賞・国際長編映画賞に輝いてから初の連続ドラマ主演作となる西島秀俊が元マル暴オヤジ刑事を演じ、秘密をひた隠すエース刑事・濱田岳、やる気ナシ新米刑事・上白石萌歌というスネに傷をもつグレーな刑事が絡んだひと癖ある刑事ドラマ。いよいよ事件の核心に迫ってきました。
この記事では【警視庁アウトサイダー】8話のネタバレとあらすじをお届けします。

【警視庁アウトサイダー】8話のあらすじ

それぞれの道筋で、10年前のホステス殺人事件の真相を追い続けてきた架川英児(西島秀俊)蓮見光輔(濱田岳)水木直央(上白石萌歌)。架川と光輔は、数日前に死体で見つかった元長野県警会計課長・折原大吾(亀吉)に焦点を当てる。
折原は、10年前の被害者・歌川チカ(水崎綾女)と光輔の父・梶間優人(神尾佑)が愛人関係にあると偽証した人物だが、3年前に長野県警を退職。上京後、あるビジネスで成功し、借金を完済していたことがわかる。さらに深掘りすると、そのビジネスのウラに信濃一家組長・当麻秀和(鈴木一真)の影が見えてきて…。
そんな中、警務部人事第一課・羽村琢己(福士誠治)の捜査で、信濃一家に警察への内通者がいた疑惑が浮上。当麻の愛人だったチカがその内通者だとしたら、彼女の裏切りを知った当麻が殺害した可能性も高い。架川たちは一気に当麻への疑惑を深めていくが、同じ頃、当麻は今度こそ架川を消せと手下に指令を出していて…。
一方、父・有働弘樹(片岡愛之助)への疑惑を抱いた直央は、複雑な思いに駆られながらも、ある目的のためチカの息子・涼牙(小越勇輝)に再度の接近を試みて…!?
そして…ついに架川、光輔と当麻が直接対決を果たす瞬間が…!? すべての点がつながったとき、その線がたどり着いた先は…!?  しかし、またも卑劣な妨害が入り、架川は抜き差しならない状況に追い込まれてしまい…。

【警視庁アウトサイダー】8話のネタバレ

当麻か、警察上層部の指示か

水木(上白石萌歌)は交番勤務になっていた。架川(西島秀俊)、蓮見(濱田岳)に会い、10年前の事件について教えてほしいと頼む。

「新エースモードなんです。私が解決して見せます」

折原が偽証したため、蓮見の父である梶間刑事は冤罪で逮捕された。しかし、最近になって折原は殺害された。信濃一家の当麻(鈴木一真)の愛人、小浜(石野真子)は、犯人の声を聞いていた。

長野県警の船津でも、樺島でもない。

梶間の声でもない。当麻の声も違う。

船津と樺島も、上から指示された可能性がある。

当時の本部長は水木の父である有働(片岡愛之助)。折原はなぜ偽証しなぜ殺されたのか。折原は借金で警察を退職したが、落ち葉ビジネスで借金を完済。そんなことが果たして可能なのか。

警視庁アウトサイダー

チカは警察への内通者か

折原が落ち葉を持ち込んでいたバーで、架川は、鷲見組が当麻の指示で、無価値なものを買って資金洗浄していたことをつかむ。

当麻の愛人であるチカが警察への内通者で、当麻が殺害する動機になったのではないかと、羽村(福士政治)は考える。しかし羽村は、有働から梶間刑事のことを調べていたことでスマホを取り上げられ、連行される。

その頃、小山内(斎藤工)が暴力団事務所に出入りしたことで会見。出入りしていたことは事実だが、実態を知るための囮捜査のようなものだと主張する。小山内の妻は自殺を図る。

当麻は、架川を消すように部下に指示する。

警視庁アウトサイダー

当麻直接会い、架川と蓮見は

チカの息子に会う水木。映像を見せると気になる点が見つかる。

蓮見は羽村と連絡が取れず心配する。

架川は組員に襲われるが、逆襲し、藤原を殺害したことを聞き出す。

折原のことを嗅ぎ回ったため、冬馬の指示で折原も藤原も消されたのだった。

当麻に会いに行く架川と蓮見。

殺しとマネーロンダリングの証拠を突きつけ、10年前のことを聞く。だが、当麻はチカと結婚するはずだった。そして、真犯人を知っているという。チカが殺され、東京の鷲見組に顔を出すようになっていた。傘下から本部へ行くにはデカイ土産がいる。チカのカードを切り、写真を見せ、国有地の払い下げで利益を得ることに成功した。しかも折原は、証言は嘘だと話した。罪を隠蔽するために偽証させられたことを確認していた。

当麻は、真犯人を教える代わりに悪事の証拠と交換条件を出すが、架川たちは断る。実は、チカの息子から、小山内とチカの接点となる写真の存在を掴んでいた。そして、当麻を殺人で逮捕する。

警視庁アウトサイダー

架川は殺人未遂で追われる身に

水木は母に別れた理由を聞く。だが、水木に迷惑かけないようにするためとしか、有働は言わなかったという。

羽村のスマホから蓮見に電話する有働。しかしどちらも無言で警戒した。

架川は、小山内に直接会う。当麻は写真で小山内をゆすり、国有地払い下げるように持ちかけたことを突きつけ、チカとの写真を見せる。

「情報を取ろうとしたホステスと警察官じゃねぇ。被害者と殺人犯だ。

そしてそれを隠蔽できるのは、本部長有働だ!」

その時、架川に、殺人未遂の容疑が。

水木は父の関与が気になる。

蓮見はお父さんのことを聞かせて欲しいと、水木に頼むが、水木は断る。

テレビを見ていた小浜は小山内の声を犯人だと確信する。

警視庁アウトサイダー

事件の真相がついに!

小山内は事件を回想していた。

チカから当麻の情報を聞き出そうとしていた小山内。だが、ツーショットを撮影され、チカに騙されていたことに気づく。怒りから殺害してしまう。船津は、上の指示で証拠を隠滅。そこへ、梶間が訪ねてきて、凶器に触れるなどしてしまい、犯人に仕立てられたのだった。

架川はその頃、逃走を続けていた。

【警視庁アウトサイダー】8話の感想とまとめ

 

ようやく事件の点が全てつながり、小山内議員(斎藤工)が殺害犯であることは濃厚になりましたね。有働副総監(片岡愛之助)はその隠蔽に関わり、娘の水木(上白石萌歌)に迷惑をかけないように離婚したという構図。しかし、肝心の架川(西島秀俊)は殺人未遂の汚名で逃走中。果たして次週の最終回で全て回収できるのか? 注目の最終回スペシャルは3月2日放送です。

記事内の画像出典:[警視庁アウトサイダー」公式サイト