【警視庁アウトサイダー】のキャストとあらすじ・西島秀俊&濱田岳&上白石萌歌によるかつてない刑事ドラマ

警視庁アウトサイダー
2023年1月スタートのテレビ朝日系木曜ドラマは【警視庁アウトサイダー】です。主演は、映画『ドライブ・マイ・カー』で米アカデミー賞・国際長編映画賞に輝いてから初の連続ドラマ主演作となる。演じるのは元マル暴オヤジ刑事で、そこに秘密をひた隠すエース刑事・、やる気ナシ新米刑事・というスネに傷をもつグレーな刑事が絡みます。そんな3人が秘密を隠しながら、互いを利用しつつ、それぞれの正義を見出していくストーリー。アウトサイダーな刑事の織りなすシリアスとコメディーが、未だかつていない刑事ドラマになる予感です!
この記事では【警視庁アウトサイダー】のキャストとあらすじ、見どころや放送日など番組情報、期待値についてご紹介します。
警視庁アウトサイダー

ドラマ【警視庁アウトサイダー】主演は硬軟自在のトップ俳優・西島秀俊!

元マル暴刑事に

【警視庁アウトサイダー】の主演はです。主演映画『ドライブ・マイ・カー』が米アカデミー賞・国際長編映画賞に輝いてから初の連続ドラマ主演作で、テレビ朝日の連続ドラマにも初主演作となります。

西島演じる主人公の架川英児は、五十路を過ぎて本庁組織犯罪対策部から所轄に飛ばされた、元マル暴のオヤジ刑事。左遷の原因となったトラブルの真実を探るためにも組織犯罪対策部への返り咲きを強く望んでおり、上層部に手腕をアピールする必要性から、秘密を表沙汰にされたくない蓮見光輔()と密約を交わし、タッグを組むことに。しかし、一連の謎を追ううち、自身が本庁を追われた原因があまりに深い闇につながっていることに気づき、という役どころです。

硬軟自在に幅広い役柄を演じ分ける西島が、マル暴刑事としての矜持や葛藤を立体的に表現! 円熟の境地に入ってきた役者・西島にとっても注目の作品となりそうです!

ヤバイ秘密を抱えるエース刑事に

英児とタッグを組む蓮見光輔役を演じるのは、演技派・。周囲から非の打ち所がないと評される所轄のさわやかエース刑事だが、決して明かせない大きな秘密を抱えているという役どころ。その秘密を察知した英児とやむなくコンビを組むこととなり、そこに新米刑事・直央()も加わってトリオで捜査に臨むうち、3人の間には友情や愛情とは異なる、なんとも奇妙な絆が育まれていくのだが。

はたして、光輔がひた隠す、ヤバすぎる真実とは何か。作品ごとに異なる顔を見せる濱田が、表と裏の表情を持つ光輔を巧みに演じ、その存在感で物語を大いにかき乱します。

新米女性刑事に

演じる新人・水木直央は安定した就職先として公務員を目指し、なりゆきで刑事になった変わり種。英児&光輔の下につくことになり、最初はイヤイヤ捜査に当たるも、ある事件をきっかけに刑事という仕事への意識が変わることに。
しかし、実の父が警察組織の上層部にいる、という事実が、彼女の運命を翻弄していく。繊細な表現力を持つ萌歌が、直央を伸び伸びと自然体で演じていきます。

ドラマ【警視庁アウトサイダー】のキャスト一覧

架川英児(かがわ・えいじ)役 :西島秀俊

桜町中央署刑事課警部補。警視庁組織犯罪対策部、いわゆる“マル暴”の刑事だったが、あるトラブルに巻き込まれ、所轄の刑事課に左遷された。サングラスにダブルのスーツを着こなし、見た目は極道そのものなのに、血を見るのが苦手という意外な一面も。ときには組織のルールも破り、グレーな手段に出ることもあるが、元マル暴ならではの視点で事件解決のきっかけをつかんでいく。
反社会的勢力を許す気はないが、そこからはみ出した人間には更生の道も示すなど、実は人情に厚く、世話焼きな面もある。本庁への復帰を強く望み、そのために光輔と手を組むが…!?
警視庁アウトサイダー
にしじま・ひでとし

1992年、テレビドラマ『はぐれ刑事純情派5』で俳優デビュー。1999年、『ニンゲン合格』で映画初主演。以降、3話連続ドラマ主演や単発ドラマで主演、朝ドラ出演、連ドラの準主役を務める。2011年、『僕とスターの99日』で民放連続ドラマ初主演。(キム・テヒとのダブル主演)。以降、主演ドラマが増えていく。特に主演作『MOZU』シリーズが当たり役に。

生年月日1971年3月29日
出身東京都
身長178cm
血液型A型
所属事務所クォータートーン

蓮見光輔(はすみ・こうすけ)役: 濱田 岳

桜町中央署刑事課のエース。捜査力はもちろん、人あたりも柔らかく、まさに非の打ち所のない刑事。しかし、実は彼が刑事になった背景には誰にも言えない大きな秘密があり、本来の人格をひた隠すため、常に穏やかな笑みを携えていたのだ。そんな中、英児に秘密を感づかれ、彼の上層部への点数稼ぎに協力するという交換条件をのみ、いびつなタッグを組むことに…。
頭もキレ、冷静沈着で推察力も高い。刑事の基礎に忠実だが、土壇場で独特なひらめきを見せることが多く、そこは英児も一目置いている。英児と直央を操る、司令塔的な存在。
警視庁アウトサイダー
(はまだ・がく)

子役出身。2004年『3年B組金八先生』の出演で注目される。2006年『青いうた〜のど自慢 青春編〜』で映画初主演。2011年『ピースボート -Piece Vote-』で連続ドラマ初主演。代表作は主演ドラマ『釣りバカ日誌〜新入社員 浜崎伝助〜』シリーズなど。シリアスからコメディーまで、脇役から主演まで、幅広く活躍中の人気俳優。

生年月日1988年6月28日
出身東京都
身長160cm
配偶者小泉 深雪
所属事務所スターダストプロモーション

水木直央(みずき・なお) 役:上白石萌歌

桜町中央署刑事課に応援配属された、新人刑事。幼少期に両親が離婚し、母と2人暮らし。実父は警視庁副総監だが、直央に独り立ちしてほしいという父の意向でその事実は周囲に伏せられている。入庁したのは安定した公務員になりたかっただけで、もともとは事務職志望。そのため、刑事課の仕事はノリ気でなく、「能力以上の仕事をやらせるって、パワハラだと思うな~」などとズバズバ遠慮なしにモノをいう。裏表がなく、感情ダダ漏れで憎めないタイプ。英児や光輔と捜査に臨むうち、刑事としての使命が芽生え、自分なりに事件を突破するようになっていく。
警視庁アウトサイダー

(かみしらいし・もか)

2011年、姉・とともに『「東宝シンデレラ」オーディション』に出場、グランプリを受賞。2012年にドラマ『分身』でデビュー。2021年の『ソロモンの偽証』(WOWOW)で連続ドラマ初主演を飾る。

生年月日2000年2月28日
出身地鹿児島県
身長163cm
配偶者なし
所属事務所東宝芸能

ドラマ【警視庁アウトサイダー】のあらすじ

桜町中央署刑事課のエース・蓮見光輔()は、不審な男が職務質問を振り切って逃走したという一報を聞き、現場に駆けつける。人質を取ってたてこもった男を冷静に諭し、投降させるまであと一息…というところで、突然、ダブルのスーツにサングラスという任侠ファッションの男が乱入! 鮮やかなアクションで、不審者を取り押さえた。瞬時に場をおさめたこの男こそ、刑事課に異動してきた架川英児()。本庁の組織犯罪対策部、いわゆる“マル暴”から飛ばされてきたオヤジ刑事だった…。
その矢先、大学教授宅で働いていたハウスキーパーの女性が刺殺される事件が発生。英児と光輔はバディを組んで捜査に当たるが、一緒に調べを進めるうち、英児は何もかもが完璧な光輔に違和感を覚えて…!? そんな中、2人は新米刑事・水木直央()の面倒を見ることになるが、実は直央は警視庁副総監の娘だった――!?

ドラマ【警視庁アウトサイダー】の見どころ

西島が《見た目が極道の元マル暴オヤジ刑事》、濱田が《一見さわやかなのに大きな秘密を抱えたエース刑事》、上白石が《安定した就職先として警察を選んだ新米刑事》というクセの強いキャラクターにふんし、波乱の予感しかないワケありトリオを結成! 警察組織の中で異質な存在=《アウトサイダー》である3人が持ちつ持たれつ、さまざまな難事件に挑んでいきます。
やがて、それぞれが背負っていた過去の真実が明らかになり、物語は壮大な復讐劇へとなだれ込んでいく。はたしてアウトサイダーな刑事たちが選択する正義とは!?

ドラマ【警視庁アウトサイダー】の原作

原作は、『メゾン・ド・ポリス』『インディゴの夜』などで知られる人気ミステリー作家・加藤実秋氏の同名小説で、コミカライズも決定した人気作です。
加藤実秋
「警視庁アウトサイダー」シリーズ
(角川文庫)
警視庁アウトサイダー
加藤実秋(かとう みあき)
1966年東京都生まれ。2003年「インディゴの夜」で第10回創元推理短編賞を受賞しデビュー。同作は書籍化され大人気シリーズとなり、ドラマ化、舞台化、コミック化された。他著に「メゾン・ド・ポリス」シリーズ、「警視庁アウトサイダー」シリーズ、「モップガール」シリーズ、「アー・ユー・テディ?」シリーズ、「警視庁レッドリスト」シリーズ、『チャンネルファンタズモ』『ご依頼は真昼のバーへ Barホロウの事件帳』『風が吹けば』『桜田門のさくらちゃん 警視庁窓際捜査班』『ゴールデンコンビ 婚活刑事&シンママ警察通訳人』などがある。

ドラマ【警視庁アウトサイダー】の放送日&スタッフ

放送日

・2023年1月スタート

・毎週木曜よる9時~

・テレビ朝日系列

スタッフ

脚本は、映画『東京リベンジャーズ』など話題作を多数手がける髙橋泉氏。演出は、『民王』(2015年/テレビ朝日)、『99.9-刑事専門弁護士-』シリーズ(2016年、2018年/TBS)などを世に送り出したヒットメーカー・木村ひさし監督が担当します。この強力タッグと《××》の3人が揃い《サスペンス×コメディー×ラブ×復讐劇》という多彩な要素が詰めこまれた、『警視庁アウトサイダー』は、もはや面白くならないわけがない!?

脚 本:髙橋 泉

音 楽:末廣健一郎

演 出:木村ひさしほか

ゼネラルプロデューサー:服部宣之(テレビ朝日)

プロデューサー:藤崎絵三(テレビ朝日)
長谷川晴彦(KADOKAWA)
山形亮介(KADOKAWA)

制作協力:KADOKAWA

制 作:テレビ朝日

服部宣之ゼネラルプロデューサーコメント

 世の中のあらゆることを「白」か「黒」か、その二択しかないような感じで当事者たちを追い詰めていく昨今、限りなくグレーな、白と黒の境界線を行ったり来たりする登場人物たちが主人公のドラマです。
善か悪か…、白か黒か…、正義か独善か…、面白いのか面白くないのか…、ヒットか外すのか…、その境界線で揺れ動く人間の心情こそが、このドラマの見どころです。
主演に硬軟自在に役柄を演じ分け、今最も乗りに乗っているさんをお迎えし、誰もが認める実力派・さんと、数々の話題作・大作に出演しながら今もなお透明感を失う事のないさんとのトリオで、そんな白と黒が入り混じった世界を描いて参ります。
この3人の組み合わせだけでも、様々な個性が入り混じっていて、なぜかまだ一度もトリオでのお芝居を見ていないのに、絶対に面白くなる!という確信があります。この組み合わせに不安が入り混じることはありません…。
原作・加藤実秋さんが生み出された個性豊かで魅力的なキャラクターたちを存分に生かしながら、骨太なサスペンスとコミカルな会話劇が入り混じった脚本を髙橋泉氏が書き上げ、演出・木村ひさし氏がその世界を加速させていく…、このクリエイティブなトリオたちが、西島さん・濱田さん・上白石さんのトリオとどういうドラマを作り上げていくのか、ただただ楽しみでなりません。
日本という境界線を越えて、世界に通用するドラマに仕上げていきます。ご期待下さい。

ドラマ【警視庁アウトサイダー】への期待値と反響まとめ

豪華キャストに、凄腕スタッフがそろい、コミカライズもされた小説が原作と、ヒットの予感漂う刑事ドラマの登場に、ネット上も期待の声が多いですね。

はテレビ東京「シェフは名探偵」など共演も多く、気心の知れた仲。そしては初の刑事役というのも話題ですね。

新たな名作誕生の予感がますます高まります。

記事内画像:【警視庁アウトサイダー】公式サイト

【冬ドラマ一覧】2023年1月スタートの新ドラマ情報まとめ!〔30番組掲載中〕
【冬ドラマ一覧】2023年1月スタートの新番組情報まとめ!〔30番組掲載中〕2023年1月期放送の冬の新ドラマ情報を、地上波・BS・動画配信まで総まとめ!新番組の概要・キャスト・主題歌・放送開始日・公式SNSなど知りたい情報を随時更新中!

コメント