【警視庁アウトサイダー】7話のネタバレとあらすじ・事件の黒幕は片岡愛之助か

警視庁アウトサイダー
※当サイトのリンクには広告が含まれます
テレビ朝日系木曜ドラマ【警視庁アウトサイダー】7話が2月16日に放送されました。映画『ドライブ・マイ・カー』で米アカデミー賞・国際長編映画賞に輝いてから初の連続ドラマ主演作となる西島秀俊が元マル暴オヤジ刑事を演じ、秘密をひた隠すエース刑事・濱田岳、やる気ナシ新米刑事・上白石萌歌というスネに傷をもつグレーな刑事が絡んだひと癖ある刑事ドラマ。いよいよ事件の核心に迫ってきました。
この記事では【警視庁アウトサイダー】7話のネタバレとあらすじをお届けします。

【警視庁アウトサイダー】7話のあらすじ

10年前のホステス殺人の手がかりを得るため長野県春蘭市に乗り込み、何者かに拉致された架川英児(西島秀俊)。その男が、“マル暴”時代の上司・藤原要(柳葉敏郎)を殺した張本人だと直感した架川は、自由を奪われながらも必死に抵抗。ついに拳銃を向けられ、絶体絶命の危機に! そのとき、現れたのは…!?
一方、蓮見光輔(濱田岳)水木直央(上白石萌歌)は10年前の事件の被害者・歌川チカ(水崎綾女)の息子・涼牙(小越勇輝)を訪ねる。光輔は「どんな小さなことでもいいから事件のことを思い出してほしい」と嘆願するが…!?
そして、光輔から10年前の事件には当時の長野県警上層部がからんでいると聞いた直央は、当時、長野県警の本部長だった父・有働弘樹(片岡愛之助)にうっすら疑惑を抱いて…。
それぞれのルートで、10年前のホステス殺人の真相に迫っていく、3人…! ついにたどり着いた、衝撃の【黒幕】とは…!?

【警視庁アウトサイダー】7話のネタバレ

拉致された架川

スタンガンで襲われた架川(西島秀俊)は、拉致される。それでも複数台のスマホを持っていて、桜町中央署にこっそり電話をかける。

水木(上白石萌歌)は10年前、長野県春蘭市にいた。蓮見(濱田岳)の父がこの事件はもう追いかけるな、と話していたことが気になる。蓮見も、事件は当時の長野県警の上層部が絡んでいるとみていた。警視庁の樺島が事件に関与している可能性があることを羽村(福士誠治)から聞き、父の無実を証明するため、羽村の用意した警察官の身分を使って、蓮見は刑事になりすますことになったのだった。

殺害されたチカの息子から、事件の夜、梶間刑事と揉み合いになったあと、男とぶつかり、男が落としたカフスを手にしていた。

助けたのはまさかの!

監禁されている架川は、犯人に「藤原さんやったにはテメェか。あの日、自首しようとしていたのに」と話す。そこへ、鑑識の仁科(優香)が助けに来る。しかし、すぐに逆襲され、撃たれてしまう。架川に危機が迫るその時、仁科が回し蹴りで犯人を倒す。

「お前、ゾンビか」

警視庁アウトサイダー

 

胸に入れていた時刻表で救われたのだ。しかし、犯人が鼻血を流したため、血を見るのが苦手な架川はふらつき、逃げられてしまう。架川が拉致中にかけた電話を受けたのは、仁科だった。

着信から聞こえた2台の電車の入れ違いの音と時間からピンポイントで、鉄オタの仁科は場所を特定できたのだ。かつて、仁科が危ない時に、身を挺して刺されながらも、救ってくれた恩があった。

「しょうがないよ、一度は惚れた男だし」

鍵を握るカフスの持ち主は

ラウンジのママに会った架川は事件当時、長野県警の幹部がよく店に来ていて

殺害されたチカは愛人関係にあるとキャストに話せと言われたことを聞く。

蓮見が手に入れたカフスは、ママが組織対策本部の船津にプレゼントしたものだった。

架川は、刑務所の蓮見の父に面会する。

蓮見の写真をみせ、事件を捜査していることを明かすが、「私は全てを受け入れて今を生きている。蓮見さんも自分の人生を取り戻してくださいと」。

「自分の人生を取り戻すためにあいつは戦っています。あなたが諦めたらダメだ」

「どんな刑事ですか」

「まっすぐで困っている人を放って置けない。あなた譲りの最高の刑事です。

あなたを必ず救い出す」

警視庁アウトサイダー

水木の父、有働は架川に会うが

架川は、蓮見に船津を追い詰めるといい、蓮見に協力しているのではなく、殺された先輩刑事、藤原(柳葉敏郎)の弔いだと話す。

父の有働副総監(片岡愛之助)と話す水木。10年前の事件について聞くが頭を下げて回った話や、犯人の刑事のことは知らないと聞く。

そこへ架川が現れる。先日、春蘭市で見かけたことを口にするが、とぼける有働。

小山内は黒い交際の記事が出る。直後、水木に異動の内示が。

有働は樺島と船津を怒鳴りつける。「暴力団を使うな。俺は本当に嫌いなんだ」一方、架川は、船津をメールで呼び出す。有働は船津に「裏にいるやつを引きづり出せ」と話す。

架川は、船津にカフスを見せるが「指紋はない。俺が部屋に行った証拠は?藤原の死の真相の方が大事なんじゃないのか。さっきから誰に口聞いてる。お前に帰る場所はないぞ」と船津。

父の冤罪を晴らす証言に蓮見は

その直後、架川は羽村に会う。蓮見の父に会ったことを話す。さらに小浜美代子と面会がしたい、と告げる。

「あなたのおかげで光が見え始めた。上層部も動いてる。俺に何かあったら」

「蓮見は俺は守るから」

小浜は、チカは当麻に会っているとやきもちを焼いていた。部屋のまで行くと、中から男の声が。

「わからない、どうすればいいんだ」

その声は船津の声ではなく、その上「あの声は梶間刑事じゃない」と話す。

蓮見は「初めてです。父が犯人じゃないという証言を聞きました」と震える。警視庁アウトサイダー

黒い交際を封じられた小山内は

小山内は、会見を開き、説明責任は果たすという。小山内は有働に「有働さんが邪魔なのは、10年前の事件尾を掘り起こそうとしている架川。僕は当麻が邪魔。この2人をぶつけて仕舞えばいい」と話す。

「変わったな、ユウイチくん。それでいい。この世界は黒か白だけじゃない」

「そろそろ折原大吾に登場してもらえますか」

水木の父が有働副総監であることは蓮見も知っていた。だが、架川が先日、春蘭市でばったり会ったが、知らないととぼけたことを蓮見に話し、さらに「当時の長野県警の本部長は有働だ」。

折原の死がネットニュースに出ていた。小山内の妻は、それを見て驚く。蓮見の父を、犯人だと供述した人物だった。

藤原も何か真実にたどり着いたはずと考える架川。松崎しげるがブラックコーヒーを無料配布していてサインまでもらい、喜ぶ架川は、蓮見を呑みに誘う。

一方、水木は、自宅で小山内の父のビデオを見る。中身は新年会のパーティーだが、そこには有働がチカに接触している場面が映っていた。

 

【警視庁アウトサイダー】7話の感想とまとめ

 

かなり事件の核心に迫ってきましたね。怪しさ満点の有働副総監(片岡愛之助)は果たして?

それにしても、笑わせたり、泣かせたり、ハラハラさせたり。このドラマ、本当に盛り込みすぎですw

 

次回は2月23日放送です。

記事内の画像出典:[警視庁アウトサイダー」公式サイト