【科捜研の女21】第6話のあらすじとネタバレ!沢口靖子が宇宙放射線と椎茸で解決!

テレビ朝日、木曜ミステリー【科捜研の女21】6話が11月25 日に放送されました。今回は、奈良時代の仏像は本物か。「鑑定王子」なるキャラクターと、鑑定VS科学で証明のバトルを、榊マリコ(沢口靖子)が繰り広げる!

この記事では、【科捜研の女21】6話のあらすじ、ネタバレと感想をご紹介します。

科捜研の女21   【科捜研の女21】第6話のあらすじとネタバレ!沢口靖子が宇宙放射線と椎茸で解決!

<「科捜研の女」の関連記事>

ADVERTISEMENT

【科捜研の女21】6話のあらすじ

裏路地にあるバーの前で、店の常連客・横井友哉(松木賢三)の刺殺体が見つかった。榊マリコ(沢口靖子)たちは、遺体のポケットから僧侶のキャラクターがついたキーホルダーを発見。京都府中部に位置する“山田村”の公式キャラクターグッズだとわかる。
村の寺には、数々の奇跡を起こしたという奈良時代の僧“天空和尚”の作とされる観音菩薩像がまつられており、山田村では天空和尚をキャラクター化して盛り上げをはかっているらしかった。その仏像を鑑定したのは、イケメン美術鑑定士の一条礼司(元木聖也)。“鑑定王子”として人気の彼が国宝級の宝だと断言したのをきっかけに、村は一躍、人気観光地となり、ふるさと納税の寄付額も増えていた。
マリコが土門薫刑事(内藤剛志)と村を訪ねたところ、横井は事件直前、村長・鈴森啓子(生田智子)のもとに現れ、仏像はもっと後の時代に作られたものではないかと因縁をつけてきたとわかる。マリコと土門は、村が仏像の鑑定結果を隠匿し、その情報をつかんだ横井が村人のうちの誰かを脅迫していたのではないかと推測する。そんな中、一条が山田村の出身だと発覚! さらに事件発生直前、現場付近にいた一条の姿を防犯カメラがとらえていたことが判明する。

【科捜研の女21】6話のネタバレ

天空和尚の郷のキーホルダーが

BARの常連客、横井友哉(松木賢三)店の前で鋭利な刃物で刺されていた。ポケットにはお坊さんが流れ星に乗ってるキーホルダーのようなものを持っていた。裏には外国語のような文字が。梵字だった。意味は「ヤマダ」。名前か地名か。付着していたヤマトモミとヤマダの地名で一致するのは、船井郡山田村だった。そこは奈良時代の僧侶、天空和尚の郷として村おこしをしていた。和尚は星を操ったとか、仏様を呼び寄せたなどの逸話があるという。キーホルダーに描かれた絵は天空くんの公式キャラクターだった。山田村の星辰寺にご本尊の木造観音菩薩があり、鑑定王子、一条礼司(元木聖也)が「これは天空和尚がつくったもので間違いない。和尚が作ったものは3点しかない。プライスレスだ」とアピールしていた。

科捜研の女21   【科捜研の女21】第6話のあらすじとネタバレ!沢口靖子が宇宙放射線と椎茸で解決!

マリコと土門が夫婦円満のお参り?

被害者はなぜ山田村へ行ったのか。土門刑事(内藤剛志)は「怪しげなマルチ商法をやっていて稼ぎはさっぱりだったはずが、最近は羽振りが良くなっていた。金になるネタが入ったのさと言っていたらしい。そのネタで誰か脅していたのかもしれない」。

榊マリコ(沢口靖子)は土門と山田村へ向かう。

村役場の人母「いらっしゃい!夫婦円満の参り?一生ラブラブでおれるで」と歓迎される。

横井の写真を見せると、殺害された日に旅行雑誌の取材を装い、きていたという。「観音さんにケチつけた男や。村長に、オタクが売りにしてる仏像、奈良時代のものじゃないですね。もっとあとでしょ。天空物でも何でもない。グッズまでつくって。村長さんもなかなかワルですね、と話してましたよ」。

一条は山田村の出身であることが判明する。一条のおかげで村はふるさと納税の返礼品が人気に。「2年前に、科学的にも証明してもろてる」。しかし、年代鑑定の書類を住職の松野光雲(町井祥真)は紛失したという。マリコは「では、鑑定させてください」。

鑑定王子に「奇跡は作り話」と言い放つ

一方、横井の殺害現場近くの防犯カメラに鑑定王子の姿が映っていた。しかも事件発生直前である。

マリコと土門は一条に会う。「横井なんて男は知らない。天空物は極めて希少なお宝だ。ニセモノと疑うのは無理ないね。ほとんどの人は風を感じることもできないしね。歴史の彼方から吹いてくる風、あの仏像から風を感じませんでしたか」。しかしマリコは「風は感じませんでしたが。我々は科学の力で仏像の真実を解き明かすつもりです」「無理だね。天空和尚が彫ったんだよ。奇跡は証明できないでしょ」「科学で証明できないことはありません。奇跡が存在するとすればそれは作り話です」「嬉しいなぁ。俺より傲慢な人に久々に会った」。土門は「あの仏像が、天空和尚の時代のものでなければあなたは鑑定士としての信用を失うことになるぞ」と忠告する。土門はマリコに「気になっていることがある。横井はどこから情報を。内通者がいたのかもしれない」。

科捜研の女21   【科捜研の女21】第6話のあらすじとネタバレ!沢口靖子が宇宙放射線と椎茸で解決!

肝心の仏像が盗まれた

横井の周辺を洗った結果、一緒にネットワークビジネスをやっていた男が浮上する。その窪塚照之(岩井拳士朗)も山田村の出身だった。「俺は横井に村がインチキ御本尊でもうけてるって話しただけだよ。名産のしいたけつくってる栽培地が台風でやられて、村長は観光客を呼びたいとか言ってて。礼司が、売りがないなら作ればいい。お前(松野)のとこの仏像だよ」。そして鑑定して天空和尚の仏像として人気が出たわけだ。

翌日、マリコが鑑定に行くと、仏像がなくなっていた。「盗まれた?」「誰かが隠したかも」。2年前に仏像を鑑定した量子鑑定所の鑑定結果は10世紀のものだった。しかし、天空和尚は8世紀の人物でで、200年後のものライムラグがあった。「隠していましたね」と松野に詰め寄るマリコ。「僕も村長も村のために。村長は今さら時代が違ってたとは言えないって」。移住希望者が増えるなどしていたため、鑑定結果は誤魔化したままだった。そこへ横井が現れ、脅して金銭を要求してきた。

殺害も仏像の盗難も、真実をバラされたくないことからの犯行で間違いない。

しかし、松野は「それでも村人には本当のことは言わないで」と懇願する。それでもマリコは「ご住職、科学的に証明されたことをいつまでも隠してはおくのは無理です」。「科学じゃ人は救えないでしょ。天空和尚の仏像が村を見守ってくれている。みんなそれを信じて生きてきたんです」

科捜研の女21   【科捜研の女21】第6話のあらすじとネタバレ!沢口靖子が宇宙放射線と椎茸で解決!

マリコが閃いた775年イベント

仏像盗難では、先の尖った革靴の場違いな足跡が残っていた。一条の靴だった。一条は「高級靴は俺だけじゃないでしょ」。夜明け前に山田村まで車で行っていたことも防犯カメラで判明した。

マリコは、その時ひらめた。

「もしかして!」

山の上でお経を。すると夜空が光り輝き、観音菩薩が‥というのが、天空和尚の逸話。「これ本当なのね。775年イベント。時期が一致する。大気中の放射性炭素14が増加した。大量の宇宙放射線が降り注いだの。それが奇跡の正体だったのでは」。

仏像が駅近くの美術品倉庫で見つかる。返礼品のバウムクーヘンを見てマリコは「年輪を調べましょう!」。

鑑定結果を一条に伝える。「あなたの鑑定した通り、奈良時代のもので間違いありません。年代鑑定は年輪を調べて炭素14の減り方を見るが、減り方の値が高かった。2年前はそれで10世紀のものと鑑定された。しかし、昨年、775年イベントの存在が判明して、宇宙放射線が大量に飛散したことがわかり、去年グラフが改訂された。最初の値が高かったという2年前の鑑定では知り得なかった情報がわかったんです。私もやっと風を感じることができました。奈良時代に奇跡を起こした宇宙放射線の風を」

一条は窪塚が横井のを焚き付けていたことを明かす。窪塚が一条の家に行った際、松野との電話の会話を聞き、年代測定が違うことを知ったのだった。「鑑定士としてダメになると思い、あの夜会う約束をしていた。でもあの時もう殺されていたんだ。それで触ってしまったナイフを持ち去った。仏像も鑑定されると聞いて、持ち去った」。

科捜研の女21   【科捜研の女21】第6話のあらすじとネタバレ!沢口靖子が宇宙放射線と椎茸で解決!

しいたけが教えてくる!

では犯人は誰なのか?山田村の全員が容疑者?

そこでマリコは「真実は、しいたけが教えてくれるわ」。村じゅうのしいたけを採取して、一致するデータがあった。

「凶器に付着したしいたけ、あなたの実家の窪塚農園のものとわかりました」。犯人は窪塚だった。18年前に家を出たきりだったが、村の人たちはそれを気にかけ、しいたけを送ってきていた。段ボールの繊維も付着していた。「お節介なんだよ。毎年毎年送りつけてきて。俺は礼司みたいに、村の自慢にもなれなかったのに。ああ妬んでたよ。だから横井に仏像の秘密を漏らした。しかし、住職を脅して金を取ったり、村長まで脅したり。村の連中みんな脅してやろうか、という」。やめるように諭したが、「これから鑑定王子と会うんだ。いくらくらいふっかけてやろうか」。その時、背後から刺したのだった。

土門が「お前故郷を嫌ってたんじゃないのか」「ああ、大嫌いだよ!」。

そこへ一条と松野がやってくる。同郷の幼馴染だった。

「何にもないしな」「カエルがうるさいし」「蝉がうるさいし」「お前ギンヤンマ一筋だもんな」「青いよな、村の空は」。

マリコは「その空にかつて奇跡が現れた。村の言い伝えは嘘なんかじゃなかったんです」。

「775年の天文現象は未だに解き明かされていない。でも一つだけ確かなのは、奈良時代の空に宇宙放射線の風が吹いたってこと」。

土門は「その風によって、神や仏を見たってことか」。

「科学を知らないからこそ、見えるものもあるってことね」

「伝説を証明し、あの村を守ったのは科学の力だ」

科捜研の女21   【科捜研の女21】第6話のあらすじとネタバレ!沢口靖子が宇宙放射線と椎茸で解決!

【科捜研の女21】6話の感想、まとめ

今回は、鑑定王子がストーリーの中心のように見えながら、天空和尚のお話がなかなか面白い仕上がりでした。歴史と科学と鑑定との、バトル。科学が絶対のマリコ様も、今回は科学を知らないから見えるものに気づいて、なんともハートフルな1話でした。

【科捜研の女21】次回、7話は12月2日(木)の放送です!
記事内の画像出典:テレビ朝日公式サイト

科捜研の女
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】

コメント