【インビジブル最終回】ネタバレと視聴率!キリコはどこに、猿渡の計画は続編に!?

インビジブル

【インビジブル最終回】ネタバレ・視聴率・感想!キリコはどこに、猿渡の計画は続編に!?

TBS金曜ドラマ【インビジブル】最終回が6月17日に放送されました。

志村()とキリコ()がバディを組んだ物語がいよいよ結末に!

猿渡=リーパー役・の怪演に注目!

ラストまで手に汗握る【インビジブル】最終回のネタバレ・視聴率・感想を紹介します。

見逃し配信:【インビジブル】全話はパラビで鑑賞できます。(2022年6月現在、最新情報は公式サイトでご確認ください。)

【インビジブル最終回】のネタバレ

【インビジブル最終回】のネタバレを紹介します。

猿渡がキリヒトを殺す

志村()がキリコ()とキリヒト()のもとに着く。

キリコは、大切な人を失うことがいかに悲しいことなのか、と切々と語る。

そして、キリヒトが父を殺したことを止めることができなかった自分を責めるキリコは、銃をキリヒトに手渡し、自分を撃つように言う。

その時、猿渡がキリコに向けて発砲。
キリヒトがキリコを庇う。

さらに続けて猿渡は発砲。キリヒトはキリコに「ごめん」と言い残し死んでしまう。

猿渡は、キリコがキリヒトに銃を向けていかたら仕方なく撃った、と言い出し、さらに、シナリオを作り上げていく。

すべての首謀者はキリコ、内通者は志村。
ふたりがキリヒトを殺して証拠隠滅しようとしたところを自分が撃った。

という内容だ。

そして、捜査一課に仕掛けた爆弾を作動させたらどうなるか、と言いながら、スマホで操作。

警察内はクラッシュして停電。クリミナルズらは鍵が外れて逃げ出す。

志村は犬飼を殺した時のこと問う。

犬飼の後頭部にスタンガンをあて感電させ道路に寝かせた。そこをトラックが通ったのだ。

犬飼は猿渡の前歴を調べあげていたため口封じをしたという。

キリヒトに近づいたのは、インビジブルになるため。

猿渡は「面白くなってきましたね」と。
無線で、キリコと志村が犯人だと言い放ち、応援を頼む。

志村は泣いているキリコを連れ逃走。

現場に、岸(西村元貴)ら捜査一課のメンバーが到着。

猿渡の過去

マー君()がキリコと志村を車に乗せ、逃亡の手伝い。

志村はキリコに資料を見せてもらい、猿渡の犯罪履歴が消されていることを知る。
志村はキリコに、もっと早くに気づいていれば「すまない」と謝る。

猿渡は、人を殺すことが悪いことだとは思っていない。人の心を操れる。キリヒトも猿渡にコントロールされていたのだ。

志村は「終わらせよう」とキリコに告げる。

**

翌日、留置所から容疑者13人が逃げ出したことが報道される。

加賀見()は、猿渡から志村が内通者だと聞く。
猿渡は、爆弾を仕掛けクリミナルズを逃がしたのだと、自分がしたことを志村がしたことにする。

その裏で、猿渡は志村を確保することを報酬5000万円でクリミナルズに依頼。

**

捜査一課にて。

鑑識の近松(谷恭輔)は、キリコがいた部屋にあった犯罪のデータを解析。
志村とキリコが犯人だという証拠になる。
実は、猿渡がそれを仕掛けていたのだが……。

捜査一課は、猿渡の指示で志村とキリコを捜索。

**

志村は資料から、猿渡の過去を知る。

1991年9月、猿渡の家政婦が殺された。犯人は猿渡だ。

マー君がそれを調べてみるという。

キリコと志村は猿渡の指示で動くクリミナルズに襲われかけ、急いで車に乗り込む。

**

磯ヶ谷()五十嵐()は、クリミナルズがたむろしている場所に。
裏で猿渡が指示をしているのだ。

クリミナルズを逮捕させ、自分の手柄にするためだ。

**

一方、マー君の運転で移動している志村とキリコ。
マー君は、志村に銃を渡し「家政婦が殺された祖父の家は、代官山にあり、現在は誰も住んでいない」と報告。

志村が真実を告げる

捜査一課。
五十嵐らは、志村が犯人だとは信じることができずにいる。

クリミナルズの居所をリストアップしたと資料を渡す猿渡。

磯ヶ谷と五十嵐は、猿渡の資料からヤスモトスタジアムに行く。

そこに志村が。

志村は「猿渡が内通者、さらに、猿渡がクリミナルズで通称リーパー、安野を殺したのも犬飼も殺したのもキリヒトを殺したのも猿渡だ」と伝える。

志村は猿渡の祖父の家に行くことに。

「俺たちは何を信じたらいいですか」という磯ヶ谷。

「俺は自分の正義を信じている」と志村。

**

キリコはすべてのデータを警察に渡す覚悟を決め、志村は猿渡を終わらせる約束をした。

そして、キリコは東子()に連絡を入れる。

猿渡の狂気

磯ヶ谷と五十嵐は、塚地()らに、猿渡が犯人だと伝える。

志村は、猿渡の代官山の家に。

そこに猿渡が。

ナイフや手錠があり、その中のひとつの手錠は安野のものだと平然と告げる。

猿渡が雇ったクリミナルズが志村に襲いかかる。

茅場町公園で女性を殺したとき、安野に顔を見られた。
だから、殺したのだという。

猿渡は志村が安野の傍を離れなければ安野は殺されることはなかったと言い放つ。自分のせいではなく、志村のせいだと言うのだ。

安野が殺された時の志村の顔が「愛おしてたまらなくなった」と感じた猿渡は、志村を生かしておくことに。

そして、その時からずっと志村を見張っていたのだ。

志村を切り刻む、とナイフを手にする猿渡は「キリコを先に殺る」と言い、志村を置いてスタジアムに向かう。

男たちが志村を監視をする。

**

スタジアムには猿渡を筆頭に捜査一課のメンバーが揃う。

キリコがスタジアムにいる。

猿渡はキリコに「逮捕する」宣言。
キリコに近づき、こっそりと「志村は来ない」と言う。

志村を解放すれば猿渡にデータを全部渡すとキリコは条件を出すが、猿渡は全く動じない。

一緒に、代官山に行こう、志村の前でキリコを殺す、と嬉しそうに話す。

手錠をキリコに掛けようとした時、志村がやってきた。

志村を監視していたクリミナルズはキリコが雇い直していたのだ。猿渡がいなくなってから、すぐに志村は解放されたのだ。

さらに、志村が代官山の家に行ったのは、猿渡をおびき出す罠。

キッカケは、犬飼が死んだ翌日。
後頭部のことを猿渡が「やけど」と言ったことから、猿渡が犯人だと悟り、志村はあえて猿渡と組んで行動していたのだ。

さらに、これらはライブで流れている。
キリコが呼んだ東子と野間(村井良大)が撮影しているのだ。

志村は「罪を償え」と猿渡に迫ると、猿渡は銃をキリコに向ける。

猿渡は堂々たるもので、志村も捜査一課の上層部も無能だとのたまう。

志村は銃を手にする。

猿渡は「撃ってくださいよ」と志村を挑発する。

「殺さないで、私達がやってきたことが無駄になる」
と言うキリコは、志村の正義を信じるという。

志村は安野が同じことを言っていたのを思い出し、撃つのをやめる。

俺は刑事だからお前を殺さない、と志村。
刑事として警告はした、と言う志村を猿渡は「だから駄目なんだ」と全否定。

キリコを捕え、ナイフを首にあてる。

志村が猿渡の手首をうつ。猿渡の両手は志村の弾で血だらけ。

猿渡は、クリミナルズはいたるところにいるから、じっくりと刑務所の中で計画を練る、と懲りない発言。

お前のような人間が何人いようと必ず捕まえる、と言い志村は猿渡に手錠をかける。

**

事件は報道された。

捜査一課では志村の射撃が下手じゃなかったと、磯ヶ谷らが話している。

うますぎて危ないから持たせてもらえなかったのだ、と塚地が本当のことを話す。

結末

屋上。

志村とキリコ。

志村はインビジブルの過去のデータは上に渡したと伝える。

インビジブルに関わっていた人間に裁きを受けてもらうのだ。

キリコはすべきことが終わったと言うが、志村は「まだだ」と。

志村はキリコに「この中に見えない悪がまぎれている。見極めていかなければ、この先も」と言う。

キリコは黙って志村を見つめる。
屋上、上空からの風景に切り替わると、すでにキリコの姿はなかった……。

<終わり>

【インビジブル最終回】の視聴率

【インビジブル最終回】の視聴率は、6.6%でした。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

【インビジブル最終回】の感想

ラストシーンから続編があるかも?の声、「面白かった」の声がTwitterに。

さん、さん、さん、さんらの演技に賛美の声も。

【インビジブル最終回】の感想を紹介します。

【インビジブル最終回】のまとめ

続編に期待

【インビジブル最終回】は、リーパーこと猿渡の悪事の全容が明かされました。物語当初から、怪しいと言われていた猿渡。途中、犬飼や塚地がリーパーではという疑いもありましたが、最後には猿渡に行きつきました。さん、圧巻の演技。怪しい笑いがゾクリとします。志村に逮捕されたものの、この先も計画を練るという猿渡。もしや、もっと大事件をこれから起こすのかも?
ラストシーンで、そこにいたはずのキリコが消えたのは、新たなるクリミナルズを追いかけ始めたということでしょうか。
志村とキリコは、事件を追う中、絆を深めました。余韻を残したラストから、続編の可能性もアリそうな予感。

猿渡は不滅で、もっとどでかい事件が巻き起こるかもしれない。最終回を迎えたものの、次なる事件を想像して待ちわびています。
マー君が何者であるか詳しくは描かれていなかったので、もっと知りたい。そんなところも、密かに続編に期待しています。

高橋一生さんのコメント

撮影は約4か月に及び、本格的なアクションシーンも披露したさん。
クランクアップでは大きな花束を抱え笑顔でコメント。

「現場の皆さんにはお世話になりっぱなしで、ありがとうという気持ちしかございません。この作品を通して、見ている皆さんにどれだけいい作品を届けられるかは、自分たちがいかに作品づくりを楽しめるかだということにかかっていると、あらためて思いました。僕はこれからもその気持ちを胸に、お芝居に向き合っていきたいなと思っております。本当にありがとうございました!」

約4か月の撮影を走り抜けて高橋一生が笑顔でクランクアップ!金曜ドラマ『インビジブル』|TBSテレビ

ホームページには、リーパー役の桐谷さんとの笑顔のクランクアップ写真やキリコ()キリヒト()の2ショットなど貴重な写真もアップされています。

インビジブル

ハラハラしまくりの【インビジブル】。2022年春、楽しい金曜の夜を過ごしました。

記事内画像:【インビジブル】公式サイト

コメント