【花咲舞が黙ってない2024】9話のネタバレ&考察!舞と昇仙峡がついにタッグ!

花咲舞が黙ってない9話
※当サイトのリンクには広告が含まれます
日本テレビ系土曜夜9時で復活したドラマ枠でスタートした、2024年4月から放送の【花咲舞が黙ってない2024】
女優、杏の主演でドラマ化されてから10年。池井戸潤氏の原作により新シリーズとして、今田美桜がヒロイン役で登場します!大手銀行の窓口係から突然、本部の臨店班に異動になり、毎回訪問する支店で巻き起こる事件や不祥事を解決していきます。不正を見て見ぬふりできない舞が、弱い立場の人たちのために立ち上がる痛快エンタ-テインメント作品です。今回は半沢直樹登場!その役者は一体?
この記事では【花咲舞が黙ってない2024】9話のネタバレ&考察をお届けします。
花咲舞が黙ってない2

(本ページの情報は2024年6月時点のものです。最新の配信状況はhuluサイトにご確認ください)

花咲舞が黙ってない`

【花咲舞が黙ってない2024】はどんなドラマ

今田美桜演じる主人公・花咲舞は、大手銀行の窓口係から突然、本部の臨店班に異動になる。毎回訪問する支店で巻き起こる事件や不祥事をスッキリ、ズバッと見事に解決していく。不正を絶対に見て見ぬふりできない花咲舞が、弱い立場の人たちのために立ち上がる姿が痛快なエンタ-テインメント作品となっている。
出世をあきらめた元融資マン・相馬健と花咲舞の名コンビもシリ-ズの名物だが、さらに今作で新たな強敵として登場するのが、上層部からの刺客・昇仙峡(しょうせんきょう)玲子。銀行の古い体質にあらがう舞たちの前に、ス-パ-エリ-トが大きく立ちはだかることになる。

前作で主演した女優、杏の名台詞「お言葉を返すようですが」も、今田美桜がズバッと切れ込んで披露してくれます!

・毎週土曜日 夜9:00~
・2024年4月13日スタート
原作 池井戸潤
「花咲舞が黙ってない」(中公文庫/講談社文庫)
「不祥事」(講談社文庫/実業之日本社文庫
脚本 松田裕子 ひかわかよ
演出 南雲聖一
チーフプロデューサー 田中宏史
プロデューサー 小田玲奈 鈴木香織 能勢荘志
シリーズプロデューサー 加藤正俊
音楽 菅野祐悟 得田真裕
制作協力 AX-ON
制作著作 日本テレビ

【花咲舞が黙ってない2024】相関図

花咲舞が黙ってない2

【花咲舞が黙ってない2024】9話あらすじ 6月8日放送

花咲舞が黙ってない2

<あらすじ>

花咲舞(今田美桜)は職場近くの公園で、上司の芝崎太一(飯尾和樹)が若い女性と親しげに話をしている姿を目撃。舞は相馬健(山本耕史)に、芝崎が不倫をしているかも!?と訴えるが相馬は、東京第一銀行の大口取引先である東東デンキの粉飾決算のニュースの方が一大事だと気にも留めない。そんな中、2人は虎ノ門支店の臨店に。そこで東東デンキの元経理課長市村(俵木藤汰)から「東東デンキの粉飾の件は、2か月ほど前に銀行さんが気づいて指摘していた」と言われてしまう。東京第一銀行が新聞の報道よりも先に粉飾の事実を把握していながら隠蔽をしていた!?翌日、舞と相馬は虎ノ門支店で得た情報をまとめた報告書を芝崎に提出。すると芝崎は明らかに動揺するようなそぶりを見せた。

その後、舞たちの報告書は経営企画部長紀本平八(要潤)の元へ。報告書を見た紀本は昇仙峡玲子(菊地凛子)に、「なかったことに」と報告書の隠蔽を指示。昇仙峡が理由を尋ねると紀本は、東京第一銀行内には選ばれた人間しか触れることのできない『エリア51』と呼ばれる極秘事項があるのだ。と答えた。
一人になった昇仙峡は、恋人だった川野直秀(平原テツ)の遺品の手帳を開く。そこには乱れた文字で51と書かれた形跡が。どうやら川野は亡くなる直前までこの秘密を追っていたらしい……。

その頃、臨店班では芝崎が舞と相馬に報告書を差し戻しながら頭を下げていた。またですか?と憤る舞。
そんな中、東東デンキの第三者委員会が、東京第一銀行から粉飾を隠蔽するよう指示があったと公表。東京第一銀行が行った隠蔽工作は、世間に広まることとなり──!?

【花咲舞が黙ってない2024】9話ネタバレ!

東東デンキの業績水増し

花咲舞(今田美桜)は、上司である芝崎次長(飯尾和樹)が、女性と子供と会っているのを見つけ、不倫ではないかと疑う。

そんな中、東京第一銀行の取引先である東東デンキが過去2年業績水増しをしていたことが判明する。

担当の営業第三部は通常の財務分析では、見抜けなかったという。

そんな状況でも、産業中央銀行との合併において、東京第一銀行は優位な状況を握っていた。何か強いカードでもあるのか。

花咲舞が黙ってない9話

 

銀行が隠蔽指示?

虎ノ門支店の担当である東東デンキの応援に向かうよう指示を受ける舞と相馬(山本耕史)。

相馬は、元同僚と再会し、舞も含め飲みに行くが、偶然、東東デンキの経理担当だった市村に会い、同席することに。

そこで、市村は、今回の事態は2カ月ほど前に銀行が気づいて、指摘をされたと聞いていたと明かす。

つまり、東京第一銀行は、知っていて何もしなかった。

報告書出す舞たちに、芝崎は困惑する。

その後、舞は、これまでも舞たちの踏み込んだ仕事に、上層部に頭を下げてフォローしてきたのは芝崎だったことを知る。

花咲舞が黙ってない9話

銀行内のエリア51

昇仙峡(菊池凛子)は、隠蔽指示をしたことについて

紀本部長(要潤)から、無かったことにするよう指示される。

その理由について、紀本は、

エリア51というアメリカ政府極秘の場所で今も機密扱いのあることを例に、当行にもエリア51があると昇仙峡に話す。

報告書は差し戻しとなるが、東東デンキの第三者委員会が、銀行からの隠蔽指示を公表されてしまう。

すぐに記者会見を開き、隠蔽指示は、事実誤認と発表。

こんな状況でも、合併で有利に展開できているのは、エリア51が関係しているのかと、昇仙峡は聞く。

紀本は「ここから先は片道切符だ。引き返せないぞ。知らない方が幸せということもある」。

しかし、元恋人、川野の死の真相を知りたい昇仙峡は「知らなければ、ここまででは。私は頭取を目指しています」。

花咲舞が黙ってない9話

芝崎の不倫相手は

東東デンキの融資担当は先月交代。

その前任者、早瀬(朝倉あき)は東東デンキへ出向していた。

実は芝崎の元部下。

それは、舞が不倫相手と勘違いした人物だった。舞は、芝崎に「真実にフタをするのは、本当に早瀬を守ることになるんでしょうか」と訴える。

芝崎は早瀬を呼び出し、舞たちに会わせる。

数字を調べていたら、上司に待つように言われた。

無かったことにするよう、指示を受けた。

その後出向。

吉原の指示で記者に会い、2カ月後、リークするよう言われたに。

「自作自演のようで、モヤモヤしていた。よくないことに加担したのは事実なのかと。こんな秘密を抱えたまま娘の手を取れない。誇れる母でいたい」と話す早瀬。

花咲舞が黙ってない9話

相馬が異動に

昇仙峡は、紀本に呼ばれ、石垣大臣(大和田伸也)に会う。

相馬は富士見ノ丘支店へ異動が決まる。

事実上の左遷で、臨店班は廃止の可能性もある。

早瀬は銀行を辞めることに。

舞は「私は正しさを押し付けてたんです。独りよがりでした」と落ち込む。

そんな舞に、相馬は「こんなことで、花咲舞が黙るのか。

カッとなったら一度深呼吸をしろ。

すぐに飛び出すのは悪い癖。

急に大きな声も、作り笑顔も大事にな。

でも黙らなくていい。

俺なんか事情があると思うと言えなくなる。

でも、どんな相手にもぶつかっていくだろ。

花咲がいなかったら、俺もあの銀行と腐ってたかもな。

ありがとうな。

間違ったことを、間違ってると言えるのは大事。

お前は正しいと思うことをためらわずにやれ」

「お言葉を返すようですが清々するのは、私も同じ。

黙りません」

昇仙峡が花咲舞に会いに来る。

「私、銀行を変えたい。だから力を貸して」

花咲舞が黙ってない9話

【花咲舞が黙ってない2024】9話考察&感想!

 

いよいよ、昇仙峡が舞とタッグを組むことに。

川野の残したメモの謎である、石垣、51の言葉の意味もわかってきました。

そして、最終回。再び半沢直樹が出てくるのか。

怒涛のラストを見届けましょう!

記事内の画像出典:日本テレビ「花咲舞が黙ってない」公式サイト