スポンサーリンク

【ハコヅメ】4話のネタバレと視聴率|永野芽郁に視聴者から復帰を祈る声が!

ハコヅメ4話
https://www.ntv.co.jp/hakozume/

【ハコヅメ】4話のネタバレと視聴率

・永野芽郁 ダブル主演ドラマ『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』第4話が7月28日に放送されました。

放送後、川合が大活躍する回を見た視聴者から、演じる永野芽郁さんに復帰を祈る声が多く集まって…

今回は【ハコヅメ】4話のあらすじネタバレ・視聴率・感想について。

【ハコヅメ】は Huluで配信中です。
hulu

【ハコヅメ】のキャストへ

【ハコヅメ】の視聴率と最終回ネタバレへ

【ハコヅメ】の原作ネタバレへ


ADVERTISEMENT

【ハコヅメ】4話の視聴率

【ハコヅメ】4話の視聴率は、8・9%!

オリンピック生中継(サッカー・体操など)の裏となった影響か、前回から1・9ポイントダウンとなりました。

1話は11・3%、2話は11・7%、3話は10・8%でした。

(視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区・リアルタイム・世帯)

【ハコヅメ】4話のネタバレ

ハコヅメ4話
https://www.ntv.co.jp/hakozume/

【ハコヅメ】4話のあらすじネタバレを紹介します!

川合(永野芽郁)の描いた似顔絵が手がかりとなり、女子中高生を狙った連続傷害事件の被疑者として安田(北澤ひとし)が浮上。 “特捜”こと特別捜査本部に呼ばれた藤(戸田恵梨香)と川合は、会議に参加する。

<拝啓 お父ちゃん 生まれて初めて 特別捜査本部、通称「特捜」に呼ばれました。そこは強面選抜大会でした>

しかし被害者・彩菜(畑芽育)の力になりたいという川合の思いもむなしく、交番勤務の二人は会議後、通常公務に戻される。

<そうなんです お父ちゃん。どれだけ大きな事件が起きていても日々 別の事件が起きます。それを防ぐのも、私たち警察官の仕事です。ただ 私は頭のどこかで…彼女のために 何かできないか、ずっと考えていました>

交番にて。道案内を間違えた川合に、藤が管内の地理を頭に入れるように指示。川合は炎天下の中、管内を歩き回る。

一方、刑事課の源()と山田()は、安田のアパートを張り込む。牧高()と鈴木()は防犯カメラの映像集めに奔走。

1週間後

川合は、藤と共に刑事課を訪れる。しかし、そこには先の見えない捜査でボロ雑巾状態となる源たちの姿があった。

さらに、肝心の彩菜は事件以来部屋に引きこもったまま。北条()の指示を受けた藤と川合は、改めて彩菜の家を訪れる。川合は彩菜に謝ったが…

≪もう来ないで…全部 忘れたいの!だから 来ないで…≫と彩菜に言われてしまう。

署に戻ってダメだったと報告する藤・川合。そこで、源が刑事課の応援として藤・川合を加わることを提案。北条は署員が限界なのを察し受けれ入れる。

山田・川合ペアは防犯カメラの確認。藤・源が車で張り込み。牧高(西野七瀬)と鈴木(渕野右登)は犯行車両と同型の黒いワゴンを調べる。

しかし、安田が犯人である証拠は掴めず、地道で過酷な捜査はゴールが見えないまま、夜に……。

夜:仮眠室の2段ベットの1段目で、川合は牧高・藤にはさまれて眠った。2段目は壊れているらしい。一方、源・山田はオッサン臭さで一睡もできずに、朝になる。

特捜は、行き詰まりを打破するため、捜査方針を転換。安田大二郎のマークはいったん縮小。いちから
被疑者の洗い出しを行う決定がなされる。

交番にて。自分の絵のせいだと落ち込む川合に、伊賀崎()が絵は参考程度だからとなぐさめて、藤が置いて行った捜査資料を刑事課に返すように、と渡す。

川合は資料を読んだ…

「歩いている私の横に黒色のワゴン車がゆっくり止まり、下校中 ワゴンの中に引きずり込まれた」

「受験生なのに勉強する気分にもなれず学校も休んでます」

「今も 外を一人で歩けない」

「事件以来、男の人と話すのが怖いです。家族である父親とも話せません」

「男の声が耳に残っていてテレビや好きな音楽など何かを聞いていないと不安になります。」

「夜になっても事件を思い出すと眠れないです」

川合は奮起して、もう一度、彩菜への聞き取りを志願。伊賀崎のフォローもあって実現する。

川合は彩菜の怖かった思いに寄り添ってから伝える…

「完全に事件のことを忘れることは できないかもしれないけど
でも 彩菜さんの不安な気持ちを 少しでも減らしたいんです。
彩菜さんのことは 私たちが守ります。
彩菜さんが こんなに苦しんで 部屋から出られないでいるのに
あいつは堂々と 太陽の下を歩いてるなんて 絶対おかしいです!
犯人は 私たちが絶対に捕まえます。
だから もう一度だけ お話を聞かせてください。」

彩菜は川合に、協力する。そして犯人のひとりは安田大二郎である可能性が高いとわかる。

特捜は安田を張り込むことに。安田が黒いワゴンと接触する。川合は自分は加われないと思ったが、山田・藤とともに勝手な行動をする。

時刻は21時35分。6件の犯行は下校時間なのに今回は遅いが…川合は管内をまわったばかりのため気づいた。かき氷屋さんの向かいに塾があり、唯一遅くまでやってる、と。

そこへ向かうと、ひとりで帰る(犯人が狙ってきた)小柄なタイプの女子高生を発見。3人で別々の道から尾行すると、黒いワゴンが止まり、安田が出てきた。凶器を持っている。

まず藤が女子高生を保護。山田が運転手を公務執行妨害で逮捕。しかし安田が逃げた。

川合が必死に安田を追いかける。でも丸腰だから不安になりつつ、勇気を振り絞って、追いかける。

が、転ぶ川合。うしろから「立て!川合!走れ!」と藤の声がした。

源がすごい勢いで駆け付けて、安田を捕まえた。

警察車両で連行される2人を見ていた川合は、「こんなヤツらのせいで」と憤った。

その後。町山署にて、彩菜の聞き取りも終了して、玄関の外まで見送った。

そこで川合のパトロールカード(パトロールしたという報告)をみせる彩菜は、川合の見守りに感謝する。そして、犯人逮捕で初めて寝れたこと。久しぶりに外出できたことを告げた。

彩菜:「まぶしくって クラクラしちゃいます。」
川合:「 今日 もっと暑くなるって。 だから気を付けてね。」

特捜を管理していた米山は「コマとしては まあまあの働きだ。ご苦労だった。」と藤・川合に告げる。犯人は自供していて、特捜は解散となった。

川合は、副署長から「正式に似顔絵捜査官の研修を受けろ。」といわれるほどの活躍だった。

夜。寮にて。川合は藤のマッサージを受けながら「私が描いた似顔絵最後まで信じてくれてありがとうございます。」と感謝した。

<拝啓 お父ちゃん。これが私の似顔絵が初めて捜査に役に立った時のお話です。この技術がまさか あんな大きな事件に関係するなんて、もちろんこの時は知りませんでした。>

交番にて。藤は写真を落とした。そこには藤と一緒に3人の女性警官()が並んで映っていた。

写真を拾った伊賀崎は藤に忠告する:「藤君 そろそろ…川合君に君から話したほうがいいんじゃないか?彼女、君のこと 完全に信頼してるよ。」

(つづく)

【ハコヅメ】4話の感想まとめ

『ハコヅメ』4話は、川合が(食べ物屋さんからですが)塾に気づいたり、犯人を追いかけたり、彩菜ちゃんに気持ちをぶつけたり、成長した回でした。

犯人逮捕後の久しぶりに外に出てくらくらする、という会話のシーンも良くて、現実の心の問題は根深くて、解決したわけではないと思います。心の傷が完全に癒えたり、忘れることはないかもしれないけれど・・・外に出れた、眠ることができた。その1歩が大きいことが伝わるシーンでした。

成長や感動だけでなく笑ってしまうシーン(声を変えて刑事課に入るシーンなど)や、ほっこりするシーン(美女3人がひとつの布団や、マッサージなど)が4話も満載。

そして、新型コロナ感染が発表された永野芽郁さんには早く元気になって、また笑顔を見せてほしいと願うばかりです。(焦ってほしくはないのですが)第5話も待ってますよ!

3話< >5話

オリンピック期間ですが、【ハコヅメ】5話は8月4日(水)22時から放送予定です。※撮影の都合で変更の可能性あり。
第5話は8月18日の放送になりました。

<関連記事>

コメント

タイトルとURLをコピーしました