スポンサーリンク

【ハコヅメ】3話のあらすじと視聴率|山田(山田裕貴)「何のための警察だよ」が胸に刺さる!

ハコヅメ3話
https://www.ntv.co.jp/hakozume/

【ハコヅメ】3話のあらすじと視聴率

ダブル主演ドラマ『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』第3話が7月21日に放送されました。

放送後、性犯罪に向き合う覚悟を説く山田()のセリフ「被害者も犯人もこのまま放っておくなら何のための警察だよ」が胸に刺さると話題に!

今回は【ハコヅメ】3話のあらすじ・視聴率・感想について。

【ハコヅメ】は Huluで配信中です。
hulu

<ハコヅメ 関連記事>
【ハコヅメ】のキャスト・登場人物・相関図

【ハコヅメ】の視聴率と最終回ネタバレ

【ハコヅメ】の原作ネタバレ結末


ADVERTISEMENT

【ハコヅメ】3話の視聴率

【ハコヅメ】3話の視聴率は10・8%!!!

3話連続で二桁視聴率キープです。

1話は11・3%、2話は11・7%でした。

(視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区・リアルタイム・世帯)

【ハコヅメ】3話のあらすじネタバレ

【ハコヅメ】3話のあらすじネタバレを紹介します!

藤(戸田恵梨香)の期待に応えたい

ハコヅメ3話
https://www.oricon.co.jp/news/2200739/photo/1/

川合の声: <拝啓 お父ちゃん 警察官の大切な仕事の一つに警察術科訓練というものがあります。市民や自分の身を守るため、柔道 剣道や逮捕術の訓練を週に1度 行っています>

藤(戸田恵梨香)は川合()には手加減し、山田()にはしっかり肩固めを決めた。業務で支障がでないようにさじ加減をしているのを、吉田副署長()に見抜かれて、藤は川合・牧高()と戦うことに…。

訓練後、藤に手加減してもらえなかった川合は軽く負傷し、藤に手当てしてもらっていたが…

川合の声: <お父ちゃん 私はこの痛みが嫌じゃありませんでした。むしろ、藤さんに特別扱いされた気がしてうれしかったんです。だからこそ 思っていたんです。何とかして藤さんの期待に応えたいって…>

源(三浦翔平)の特殊能力

ハコヅメ3話
https://www.oricon.co.jp/news/2200739/photo/6/

川合は、所長の 伊賀崎 ()の似顔絵を描く。そして、振り込め詐欺の注意喚起のチラシに使用した。

そんな中、近所のスーパーで、女が「源刑事()が来てくれないと万引きする」と言っているという通報が入る。

駆けつけた藤と川合にふてぶてしく接する万引き犯の高齢女性・山崎だが、源が到着した途端、態度を急変させた。源は、山崎の娘や孫も連れてきていた。娘や孫にも会ったことで、「もう… 二度としません。」と山崎は謝った。

川合の知らなかった源の“特殊能力”が明らかになった。それは<ひとを観察して相手の心をつかむ>能力。アイスを孫と一緒に食べた源は心をつかんで連れてきたのだ。…源の取り調べのスキルは藤より上だという。

藤は有給をとって“同期との女子会”に行くと話していた藤だが、実は一人、何やら車を調べている様子で……。(藤が何か調べているのは視聴者にだけわかるシーン。川合は女子会、あるいはデートと疑っている)

川合(永野芽郁) が聴取

藤が休みの時、川合は、所長()の似顔絵を描く。そして、振り込め詐欺の注意喚起のチラシを配った。受け取ってくれた人は所長の似顔絵にクスクス笑った。

交番にて。コインランドリーの乾燥機から盗まれたと訴える女性(浜口京子)がやってきた。被害品を恥ずかしがる女性に対して、川合は所長に席を外させて、聞いた。下着だったため、被害女性は女性警官がいてくれてよかったと安心したもよう。

その後、川合は刑事課から呼び出しを受け、町山警察署へ。そして源(三浦翔平)と山田に頼まれ、『知らない男にへんなことをされた』と痴漢被害を訴える女子高生・彩菜(畑芽育)に対して聴取することになる。

川合が一人で聴取は初で緊張しながら挑む。しかし彩菜は、意外にも落ち着いた様子で被害状況についての質問に答える。が、川合が胸をどう触られて、どっちの胸か、どんな場所・人か、と突っ込んでいくと…「何か もう大丈夫かも」と態度を変えた。話して頭来たのが収まったというので、彩菜は帰ることになった。

川合(永野芽郁)が 肩固めを決めた

ハコヅメ3話
https://www.oricon.co.jp/news/2200739/photo/11/

そして、翌出勤日。町山交番に一人の女性・珠代(茅島成美)が駆け込んでくる。珠代は伊賀崎(ムロツヨシ)の顔を見るやいなや、刑事を名乗る不審な人物から電話が来たと話し出す。

珠代の協力のもと、刑事を名乗る振り込め詐欺犯を待ち伏せした藤・川合・伊賀崎たち。

川合の方に犯人が逃げたが・・・川合が肩固めで、鮮やかに犯人を逮捕する!

性犯罪の聴取で大事なのは…

そんな矢先、川合は再び刑事課から呼び出される。彩菜の痴漢事件に目撃者が出てきたという。目撃者の男子高校生・早見(池田優斗)の証言のもと、再現人形を使った再現見分に立ち会う藤と川合。

早見の証言は彩菜の話しとは食い違った。胸を触られたのではなく、男は彩菜のうしろから右手で口を塞(ふさ)ぎ、左手はスカートのお尻の方…ではなく前の方を触っていたという。

意外な証言に、川合は驚いた。彩菜は実際の被害を打ち明けることができずにいたのだ。

ペア長として責任を感じる藤は、川合に厳しい言葉をかける。「川合。性犯罪の聴取は私たち女性警察官にしかできないことのほうが多いの。あなたは もっと【覚悟】を持って臨むべきだった。聴取する時 何を第一に考えてた?」

「彩菜さんが何をされてどんな犯人だったのかちゃんと聞こうと思って…」と質問に集中していたと明かす川合。

「違う。大事なのは彩菜さんの気持ちでしょ。ちゃんと彼女の様子を確認しながら 話をした?」と藤は指摘した。

(見かねたのか)山田が再現人形のブラのホックの修繕のため、川合を借りた。

山田(山田裕貴)「何のための警察だよ」

山田(山田裕貴)は人形を、 再現人形センパイと呼んで大事に扱っていた。修繕が終わったあと、山田は川合に、俺から今襲われたらどう証明する?と尋ねる。

「相手に合意があったかどうかで 同じ行為でも 犯罪か そうじゃないかが 変わって来る。 川合なら自分が受けた暴行 どうやって証明する?」という山田。

傷ひとつでも、人それぞれだから、川合自身の経験とか体質とか確認が必要になってきて・・・

山田:「犯人の性犯罪の手口を特定するために警察は どういうふうに乱暴されたか 覚えている限り詳細に説明を聞かなきゃならない。被害者にとっちゃ言いたくも思い出したくもないことだ。じゃあ 何で警察官が被害者にさらに つらい思いをさせなきゃいけないのか。
 それは 俺らが被害者に聴取した内容が真実なのか 裁判で審議にかけられることになるからだ。
 実際、彼氏に浮気がバレた女の人が浮気を強姦だって申告した事案もあった。
 だから 裁判でそういう虚偽の事件じゃないって証明するためにも一つ一つ 捜査を積み上げて行かなきゃならない。隙だらけの捜査じゃ被害者も被疑者の人権も守れない。藤先輩が言ってた「覚悟」っていうのはそういうことだと思う。

山田は【覚悟】について説明した。そして山田がみてきた藤も、いつも性犯罪の捜査のたびに悩んでいたと明かす。それでも・・・と山田は思いを明かす。

山田:「でも この町で事件があれば俺たちで何とかするしかねえだろ。 傷ついた被害者も傷つけた犯人もこのまま放っておくなら、何のための警察だよ!

川合(永野芽郁)似顔絵捜査官になる

ハコヅメ3話
https://www.oricon.co.jp/news/2200739/photo/18/

牧高()は証言から似顔絵を作成。

そして藤は牧高と共に彩菜の家を訪ねるが、彩菜は事件以来部屋に引きこもっていて会えなかった。

交番にて。川合は、机に頭をぶつけ、激しく後悔する。伊賀崎は責任を必要以上に感じることないとなだめ、甘いものをあげる。

一方、似顔絵をもとにした捜査は難航。藤と源は、牧高の絵が上手すぎると思っていた…。

そんな中、町山交番に、珠代がお礼を言いに訪れる。川合が作成したチラシのおかげで助かったと話す。伊賀崎の似顔絵を見て、わざわざ伊賀崎に相談に来たのだという。

それを聞いた藤は、川合を連れ刑事課へ。似顔絵を川合に描かせることにする。

皆から励まされ、初めての似顔絵作りに挑戦する川合。

独特なタッチの絵を刑事課の人々に見せる中・・・

川合は、目撃者は犯人の目が実物以上に大きく見えたのではないか?と気づく。

藤がペンで似顔絵の目の半分を隠した時、強制わいせつの罪で執行猶予中の男・安田大二郎(北澤ひとし)が浮かび上がってきた。

藤は川合に、「似顔絵捜査官に必要なのは絵の技術だけじゃ ない。供述を引き出すセンスとその本質を見抜く洞察力。あんたにはその素質があるのかもしれない。」と褒めた。

3話の結末

隣の署の管轄で女子中高生を狙ったわいせつ事件が頻発していることが発覚する。

数日後、町山署には合同特別捜査本部が置かれて、藤と川合も参加する。

川合の声:<拝啓 お父ちゃん
あの時 私は彼女のために何もできていませんでした。そんな私が なぜか合同特別捜査本部、通称「特捜」に入れられることになり…
そこは強面(こわもて)選抜大会だったのです>

【ハコヅメ】3話の感想まとめ

山田(山田裕貴)「何のための警察だよ」が刺さる!

『ハコヅメ』3話は、下着泥棒のことを話せる女性の警官がいて良かった…という話しから、川合が性犯罪の被害者女性の聴取、という流れへ。

<取り調べの特殊能力>がある源刑事も、こればかりは同性の方が話しやすい…

と、原作ではバラバラ(というか基本、1話完結)なエピソードを上手くつなげていました。

女性警官の役割を考えさせられますね。そして、性犯罪に切り込む山田の言葉が良かったです。

あの藤聖子も性犯罪に向き合うとき苦しんだり悩んだりしていて、

そして「覚悟」が必要だと山田はいいます。

なぜ嫌なことを被害者に尋ねなくてはならないのか。冤罪を生むこともあるから…。

だから覚悟を持って、 捜査を積み上げていくことが必要だ、と。

警察官がこんな思いで捜査しているなんて、胸を打たれますね。

コメディーと思わせておいて、警察官のあるべき姿を問いかける点はすごく好印象、高評価。

3話・最後は川合の似顔絵が捜査に役立ちました。犯人逮捕なるか、続きが気になります!

2話< >4話

オリンピック期間ですが、【ハコヅメ】4話は7月28日(水)22時から放送!お見逃しなく!

コメント

タイトルとURLをコピーしました