【卒業タイムリミット】1話|井上祐貴の全力疾走が話題!

卒業タイムリミット1話

【卒業タイムリミット】1話

夜ドラ【卒業タイムリミット】第1話が2022年4月4日(月)に放送されました。

放送後、黒川役のの全力疾走が話題で…。

今回は【卒業タイムリミット】第1話のあらすじネタバレと感想について!

今回は【卒業タイムリミット】のネタバレ・あらすじについて。

*本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

【卒業タイムリミット】1話のあらすじネタバレ

【卒業タイムリミット】1話のあらすじネタバレです。

3月7日(月)14:00

椅子が一脚だけある部屋。眠っている水口(滝沢カレン)が引きずられてきた。

3月7日(月)8:00

黒川良樹()は家のポストからたまった郵便をとり、学校へ向かう

水口先生が生徒たちに囲まれていた。数えたところ7人。

体育教師の野上(池内万作)が13人もの生徒を説教。

黒川は一瞬で数えられる。特技だ。

数学教師で担任の伊藤先生()と美術の補習授業に付き合ってもらっていた。

あと3日で卒業なのに、まだ単位のために必要だった。

黒川は大学を受験したが合否はまだ。ちゃんと卒業しないと受かっても進学できない。

伊藤先生が職員室へ行って、ひとりになった黒川は郵便物を開けてみる。

すると…差出人不明の挑戦状があった。

「3月7日月曜日14時 この手紙を受け取った4名の生徒はアカシア公園に集合のこと。 水口里紗子誘拐の謎を解け 真相は君たちにしかわからない」という言葉とQRコードがあった。

公園に集まった4名は高畑あやね()、荻生田隼平(西山潤)、小松澪(紺野彩夏)。

黒川とあやねは家が近所の幼なじみだった。

14時になり、QRコードを読み取ると英語教師・水口(滝沢カレン)が監禁されている映像が流れる!

黒川は今朝、水口が登校しているのを見た。

犯人が今朝自分たちに手紙を届けてから水口を計画的に誘拐したのだろう。

黒川は「この手紙は自分たちへの挑戦状だ」と推理する。

そんな時、近くに水口の乗っていた水色の車を見つける。

4人は車内に携帯や財布、車の鍵、別の鍵を発見。ドアのカギは開いていたて車内を捜索。

黒川は「犯人はこの状況を伝えるために俺たちをここに呼んだ」と推理。

財布に入っていた免許証から住所(東京都欅野市桜町4丁目23番地サクラハイツ304)を見る。

この住所はすぐ目の前だった。

タイムリミットは72時間。4人は水口救出に向けて走り出す。

水口のマンションへ向かった4人。オートロックだったので304を呼び出すが誰も出ない。

黒川が、先ほどの鍵を使うと開いた。

しかし同じ鍵で304号室を開けようとしたが、開かなかった。

困った黒川は3階から水口の車を見ていると、車が動き出した?!

黒川たちは急いで車を追いかけるが・・・

途中で自転車にぶつかりそうになってしまった黒川。水口の車は先に行かれてしまった。

に残されていた鍵は水口の部屋のものではなかった。

澪が水口の車が停車していた場所でメモを拾った。

そこには「わかっただろう?誘拐はリアルだ。72時間後には水口里紗子を始末する」と書かれていた。

4人はこれが本当に挑戦状なんだと気づく。(つづく)

【卒業タイムリミット】1話の感想

ついに始まった「夜ドラ」。全24話の初回が終わりました。

黒川()の車を追いかけての全力疾走シーンが話題に!

カーブや一時停止があったから追いついたかもしれませんね。

けれど、自転車との事故にならなくって良かった(笑)

誘拐・監禁がリアルだと分かって、ここからどうしていくか注目です。

>>2話

画像出典:NHK

コメント