【復讐の未亡人】1話のネタバレと感想!松本若菜圧巻、裏と表の演じ分けが凄い!

復讐の未亡人

【復讐の未亡人】1話のネタバレと感想!圧巻、裏と表の演じ分けが凄い!

漫画の実写ドラマ化【復讐の未亡人】1話が7月7日深夜、地上波放送されました。

深夜ドラマとあり激しめベッドシーンもあり!

密()の復讐の始まり!!

テレビ東京【復讐の未亡人】1話のネタバレと感想を紹介します。

【復讐の未亡人】1話のネタバレ

【復讐の未亡人】1話のネタバレを紹介します。

冒頭

結婚式

お祝いの席で新婦のベッドシーン画像が流れる。

**

美月()の髪をやさしく撫でる夫がいる。
それは夢。

目覚めると隣に夫はいない。

密は橋本の愛人?

CODテクノサービス。

斉藤()がひとり仕事に追われている。

板橋ともみ(小西桜子)は打ち合わせだと出ていき、古武()は我関せずで斉藤の声を無視。

密()は、困っている斉藤に、手伝うと申しでる。

**

橋本()は、無理難題をサカイ(遠藤健慎)に押し付け嫌味たっぷり。
常にターゲットを決め、部下をいじっているのだ。

斉藤がそれはパワハラだと注意をすると、橋本は
「鈴木君なら黙ってやってくれた」と言い出した。

鈴木は今はいない。死んでいるのだ。

**

ともみは屋上で猫の動画を見てびりしている。
そこに、密が。

ともみは体調を崩していてと言い訳じみたことをいう。
そこで、鈴木の話をするともみ。

鈴木優吾(平岡祐太)は、橋本のターゲットになりメンタルをやられてしまい、屋上から飛び降りたのだ。

**

社内別室。
誰もこない部屋だ。
そこは、密と橋本のあいびきの場所になっている。

橋本は咳き込みながらお茶を飲む。
斉藤のことをブツブツとなじり、死んだ鈴木のこともなじってくる。

密は橋本に寄り添う。
橋本は密を抱く。

**

密は派遣社員。
美人で仕事もできて人柄もいい、と評判がいい。

斉藤は、社員が密を頼りすぎることに注意を促す。

斉藤は、鈴木の後輩。
密に鈴木のことを話す。

鈴木は仕事ができ、優しいからひとりで全部を抱えていた。そのせいで「亡くなった」と話す。
斉藤は、自分が何も出来なかった、と後悔を口にする。
だから、自分がいる間は「マシな会社にしたい」という。

美月の復讐

橋本と密のふたりだけ。
いつものあいびきの部屋。

橋本がまたしてもサカイをなじる。
「死ぬなら会社を辞めてからにしてよ」とまで言う。

咳き込む橋本。

密はお茶の仕入れ業者からお茶を受け取り、橋本に渡す。
そして、橋本の口に錠剤をを入れる。

すると、橋本が苦しみだす。
お茶の仕入れ業者のふりをしていた陽史(淵上泰史)がそこにやってきた。

密は名前をかえて会社に潜入していた。
陽史はプロの探偵で、優吾の双子の弟。

密は美月。
復讐のためにの関係持ち、2種類の毒でじわじわと橋本の体をむしばませていた。

「死ぬよりももっと辛い目に。私の夫を殺した人にはね」
と苦しむ橋本に告げる。

優吾の死

過去。

その日。
優吾は、美月の手作りのお弁当を持って家をでた。

美月が洗濯物を干していると電話があった。
警察から、自殺の知らせだった。

優吾は、ボイスレコーダーに録音をしていた。

「これ以上、スタッフを働かせたらみんな倒れる」
という優吾に
「だったら、お前ひとりでやれよ」と橋本の声。

それを陽史に聞かせる美月は、優吾は殺された、と告げる。

**

場面は現代に。
倒れた橋本を見下ろす密と陽史。
そして、仕事場に向かう。

**

若月社長(前川泰之)が密を見て「美人だ」と足を止める。
秘書の麻穂()が「行きましょう」と若月を促し歩き出す。

**


「復讐って気持ちいい」
とつぶやく。

<続く>

【復讐の未亡人】1話の感想

【復讐の未亡人】1話の感想を紹介します。

【復讐の未亡人】1話のまとめ

【復讐の未亡人】1話は、密こと美月が弟の陽史と組み復讐をスタート。やんごとなき一族でブレイク中のさん。今回はかなり怪しい女を演じています。密として男を色気で操る美月と夫が生きていた頃の美月は別人のようです。美月の表と裏の顔、そのギャップに引きこまれます。とても美しい女優さんです。
色気たっぷりの場面もあり。夫のためにと体をはる美月の復讐心はまだまだ収まることはないでしょう。
見どころ満載の1話。次回にも期待!!

次回予告

・復讐のターゲットは板橋と古武!

次回もお楽しみに♪♪

記事内画像:【復讐の未亡人】公式サイト

コメント