【カムカムエヴリバディ】95話│るい(深津絵里)母が大阪に行った理由を知る

カムカム95

【カムカムエヴリバディ】95話

朝ドラ【カムカムエヴリバディ】第20週 第95話が2022年3月16日に放送されました。

とうとう、母が大阪に行った理由をるい()が知って…。

今回は【カムカムエヴリバディ】95話のあらすじネタバレと感想について。

U-NEXTで見る

*本ページの情報は2022年3月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。


ADVERTISEMENT

【カムカムエヴリバディ】95話のあらすじネタバレ

【カムカムエヴリバディ】95話のあらすじネタバレです。

算太は、あかね通り商店街でダンスを披露した後に倒れた。

算太は病気で、いつ亡くなってもおかしくない状態だった。

大月家で床にふせっている算太が、るい()に声をかけて…

算太:「るい。すまなんだなあ。わしが悪いんじゃ。すべてわしが。安子は何も悪くねえ。」

ひなた()は安子という名を初めて聞く。

そこに、清子()と吉右衛門()がやってくる。

清子:「やっぱり、算太ちゃんやね?」

算太:「清子さんじゃ…。ケチ兵衛の奥さんの…。吉右衛門か?」

吉右衛門:「そうじゃ。あんたがラジオを盗んだ朝に生まれた吉右衛門じゃ」

算太は「雪か」とつぶやく。外では雪が降り始めていた。

そして算太が「るい、メリークリスマス。」と紙袋をるいに渡した。

2つの通帳

算太の弔いは、モモケンこと桃山剣之助が静かに執り行ってくれた。

大月家にて。喪服姿のるいと錠一郎が話している。

錠一郎:「何やった?算太伯父さんのクリスマスプレゼント」

るい:「通帳。古いものと新しいの。」

古い通帳は昭和24年開設のもの。算太が戦争から帰還した年で、少しずつ貯めて、昭和26年にはだいぶたまっていた。その年は算太が失踪した年で、安子が家を出た年。

新しい通帳は昭和59年に開設。ひなたが大月家に算太を連れて来ようとした年。それから10年、頻繁に入金されていた。

るい:「私、叔父さんに聞いたんや。なんであの時、伯父さんは姿消したん?何でお母さんは、あないに慌てて大阪へ行ったんて。けど、何にも教えてくれへんかった。」

・・・錠一郎()が提案する。

錠一郎:「るい。来年、岡山に行こうか。ひなたも桃太郎も、それから算太伯父さんも連れて。里帰り。」

るいの里帰り

翌年の夏。るいは家族で雉真家に行った。

雉真家の前で。ひなたは大きいお屋敷でビックリ。

桃太郎も「雉真?実業団野球で有名な雉真繊維の?はよ言うてや」と驚く。

話し声が聞こえたのか、勇(目黒祐樹)が出て来て、「るいか?」と歓迎する。

挨拶もそこそこに勇は高校野球が良いところだから、と居間へ通す。

桃太郎もテレビに向かい「ここはスクイズや」と夢中。

勇は「わかっとるな。さすがるいの子や」と褒める。

「るいは野球の塁からとった名前じゃからのう」という勇。

「と、叔父さんは信じてはんの」と、るいが錠一郎に小声で説明。※ルイアームストロングのルイから命名されたと、錠一郎には伝えてある。

廊下で。雪衣(多岐川裕美)が「るいちゃん」と声をかけてくる…。

るい(深津絵里)母が大阪に行った理由を知る

雪衣がるい一人を部屋に通した。勇の子・昇は野球に関心がなくて、孫(昇の子)は女の子ばかりで…野球好きな桃太郎が来て夫は嬉しいのだろうという雪衣。

るいは、算太の遺骨を置いて声をかける。

るい:「算太伯父さん、岡山帰っってきたよ。久しぶりでしょ。ゆっくりくつろいで。」

るいは、橘家のお墓を勇・雪衣がずっと世話してくれていることを感謝し、「明日、算太伯父さんのお骨も納めさせてもらいます。」と告げた。

清子は算太の遺骨に手を合わせた後、泣き崩れる。

清子:「わたしのせいなんじゃ。あの時、算太さんがおらんようになってしもうたんは、私のせいなんじゃじゃ。」

るい:「どういうことですか?」

清子:「算太さんは、優しい人じゃった。私ゃあ、女中の立場もわきまえんと、ずっと勇さんを想いよった。一度は諦めたんじゃ。そねえなとき、算太さんが」

(回想)算太が踊りながら、笑顔で雪衣に花を渡して、元気づけた。

るい:「算太伯父さんらしい」

清子:「算太さんは安子さんと一緒に【たちばな】を建て直すつもりで、お金を貯めよったんじゃ。」

(回想)算太が「店を始める家が手に入ったら、そこでわしと暮らしてくれんか?」と雪衣に告げた。

るい:「伯父さんがそんなことを」

清子:「私、そねんしてもええかもしれん、思いよった。じゃけど。私、結局算太さんを傷つけてしまった。算太さんが黙って家を出て行ったんは私のせいじゃ思う。【たちばな】再建のための通帳持ったまま…。」

るい:「お母さんは…?お母さんはホンマに伯父さんを探すために?それだけのために大阪に行ったんですか?」

(回想)るいが大阪で見たシーン:安子がロバートから「アイラブユー」と言われ、安子も「サンキュー。アイムグラッド(嬉しい)」と返答。

るい:「ロバートさん。ロバートさんに会うため、いうことは?」

清子:「ロバートさんとのことは、よう知らんじゃ。私も勇さんも。じゃけど、算太さんと一緒に【たちばな】を建て直す。あの頃の安子さんは、その一心じゃった。」

(TO BE CONTINUED)

【カムカムエヴリバディ】95話の感想

95話では、算太が亡くなりました。

94話の幻シーンが、金太も最期にみたような幻想シーンだったので、予想されましたが…。

寂しいですね。登場人物との別れは…。

最後まで、算太の失踪理由、安子が大阪へ行った理由を教えてくれなかった算太。

ただ、「全部わしが悪い」と謝れたのは…なんだか、やっと言えて良かったなあと思います。。

で、算太の失踪と安子の大阪行きの真相…どうなるのかと思ったら、2つの通帳でミステリー的に、るいが推理。

そして雪衣が種明かし的に、実は…と明かす展開に。

かつての雪衣は印象悪かったんですよね。

小さいるいに、邪魔になったから雉真家に来た、みたいなこと言ったり。

銀行との取引きの日、雪衣が勇と一晩一緒にいたり…。(勇も悪いですけど)

そんな雪衣が謝るシーンが今回ありましたが、役者が交代してるんですよね。

勇ちゃんはともかく、この懺悔(ざんげ)シーンはさんが同じ役を続けた方が感情移入しやすかったかもなあ、と個人的には思いました。(ふけるメイクが難しそうですけど)

・・・ともあれ、るいがやっと、母が大阪に行った理由を知りましたね。早く安子に会って、誤解を解いてほしい。

でも安子が出るとしても・・・21歳のさんが役者交代なら、3歳差で24才のさんも役者交代かもしれませんね。どうなるのでしょうか。

関連記事:安子(上白石萌音)の晩年は宮崎美子と予想される3つの理由

94話< >96話

画像出典:NHK

コメント