【カムカムエヴリバディ】52話│試着室キスに視聴者キュンキュン!

【カムカムエヴリバディ】52話

朝ドラ【カムカムエヴリバディ】第11週 第52話が2022年1月14日に放送されました。

第52話では、るいと錠一郎の「試着室キス」に視聴者キュンキュン!?

今回は【カムカムエヴリバディ】52話のあらすじネタバレと感想について。


ADVERTISEMENT

【カムカムエヴリバディ】52話のあらすじネタバレ

【カムカムエヴリバディ】52話のあらすじネタバレです。

るい()は錠一郎()から告白される。

るい(深津絵里)のためらい

錠一郎:「もし僕が優勝したら、ぼくと一緒に東京行ってくれる?優勝したら東京に住むことになると思う。僕は、この先もずっとサッチモちゃんと一緒にいたい。一緒に生きていたい。僕は、サッチモちゃんが好きなんや。」

るい:「あの。私、私…」

和子(濱田マリ)の「るいちゃん?帰ったんか?」という声が店の奥から聞こえてくる。

錠一郎:「そしたら、また。おじさんとおばさんによろしく。」

るいは店に入って、そのまま部屋へ。るいも同じ気持ちだった。けれどるいを額の傷がためらわせていた。

返事ができない日々

るいが錠一郎に返事をできないまま、コンテストの日が近づいていた。

「ナイト&デイ」にて。小暮(近藤芳正)が錠一郎に話しかける。

小暮:「ジョー、衣装買うたか?コンテスト用の衣装や。新調した方がええぞ。」

錠一郎:「明日行く。」

そこにベリー(市川実日子)が久しぶりに店にやってきた。大学生らしい服装だが、卒業できるよう勉強に励んでるようだ。

ベリー:「ジョー、調子悪そうやなあ。何かあったん?

小暮:「さあ」

次に、るいが配達でやってくる。

小暮:「ご苦労さん。あ、サッチモちゃん、ジョーの衣装を選んであげてや。ジョー、明日、ダグラスで買うんやろ。」

るいは「私はそんなセンスないですから」と集荷を忘れて慌てて帰って行く。

ベリー:「ジョー、サッチモと何があったん。それぐらい聞く権利あると思うけど。」

ベリー(市川実日子)の手助け

夕方。竹村クリーニング店にて。るいが竹村夫婦とテレビを見ていると、大阪から東京まで3時間で走る「夢の超特急」のニュースが流れた。

そこへ、ベリーがるいを訪ねてやってきた。通りへ出てベンチに座る2人。

ベリー:「あんた何様?ちんくしゃの洗濯屋が私の邪魔して、ジョーのかき乱しといて、いざプロポーズされたら返事もしいひんってどういうこと?なんで私が諦めた思うてんの?ジョーに幸せになってほしいからに決まってるやんか。」

るいは、ベリーの横顔をまっすぐ見つめる。

ベリー:「あんた、ジョーのこと好きなん?…嫌いなん?」

るいはうつむいて、前髪を触るだけで答えられない。

ベリー:「なんとか言うたらどうやの。」

るいは鼻をすすり、下を向いて縮(ちぢ)こまり、ベリーの顔を見れない。

ベリー「なんや。やっぱり好きなんやんか。ごめん」

ベリーは立ち上がり、「ちゃんと返事したげて。このままやったらジョー、コンテストで負けてしまう。」と言って去る。

るいは涙を目に浮かべ、ベリーの後ろ姿を見送る。

結末

翌日、雨が降る中、るいは洋服店「ダグラス」の前で傘をさし、錠一郎を待っていた。

やがて錠一郎がやってきた。

店内にて。るいは服を選びながら、しゃべりまくる。

るい:「何を吹くんですか?」

錠一郎:「サニーサイド」

るい:「じゃあどうします?サニーサイドに合わせて衣装、選びますか?でもそれより、大月さんに似合う方がいいですもんね。これなんてどうですか」

錠一郎は何度も「サッチモちゃん」と呼びかけるが、るいはかまわず語りまくる。

るい:「私、初めのころ、この人なんなんやろと思てました。ほら、お店に袋いっぱいに洗濯物持って来て。やけにシックなのやら、派手なのやら、いろんな服が入ってて。どういう生活してる人なんやろって。まさかトランぺッターやなんて想像もつきませんでした。けどいろいろ思い起こしてみたら、なるほどって。」

錠一郎は「サッチモちゃん」と話しかけるが…

るい:「あっこれもええな。こんな派手な衣装着てステージで演奏するなんて、そんな職業があるんやなあって。これ着てみてください。」

錠一郎は試着室へ。るいは試着室に背を向けて、語りかける。

るい:「楽しかったです。大月さんと出会って。ジャズに出会って。きっと優勝できます。大月さんやったら、きっと銀座のステージでも成功します。レコードだって売れます。大月さんの演奏は海を越えて、そうや、ルイアームストロングだって、大月さんのトランペット聞いてびっくりするわ。そしたら私自慢します。私、大月錠一郎の演奏、生で聴いてたことあんねんでって。大月さんの衣装、洗濯してたんやでって。

錠一郎がカーテンを開け、赤色な衣装を試着して出てきた。

るい:「ちょっと派手すぎですね。もっとシックな方がイイですね。探してきます」

錠一郎:「サッチモちゃん。なんでアカンのん?」

るい:「だから派手すぎますって」

錠一郎:「なんで、僕じゃアカンのん? 」

るい:「私、東京なんか行きたくないんです」

錠一郎:「なんで?」

るい:「遠いから。」

錠一郎:「もうすぐ、夢の超特急できるやんか。」

るい:「おじさんとおばさんとも離れたくない。」

錠一郎:「僕とは離れてもええの?」

るい:「クリーニング屋の仕事も辞めたくない。」

錠一郎:「僕のシャツ洗って欲しい。」

るい:「嫌やわ。毎日毎日ケチャップついたシャツ」

錠一郎:「もう、ホットドック食べるのやめるよ。」

るい:「ウソばっかり。」

錠一郎:「ウソばっかりは、サッチモちゃんやん。僕のこと…」

るいは試着室に逃げこみ、カーテンを閉めた。目の前には姿見がある。るいは自分の姿を見つめる。

「サッチモちゃん?開けるよ」

錠一郎がカーテンを開けると、るいは額の傷を鏡を通して錠一郎に見せた。

錠一郎はるいのすぐ後ろに立ち、るいを振り向かせて、前髪を触っておろさせた。

そして、るいを抱きしめる。

錠一郎からキスしようとしたが、店員(弓川信男/ボルトボルズ)がこちらを気にしているのが鏡ごしに見える。

錠一郎はカーテンを閉めた。

(TO BE CONTINUED)

【カムカムエヴリバディ】52話の感想

試着室キスに視聴者キュンキュン!

試着室キスに朝ドラ受けの鈴木アナも、視聴者もキュンキュンでした。

試着室内での、カーテンを閉めての、視聴者も店員さんも見ることができない「秘密のキスシーン」でしたが…。

またそれが想像をかきたてて朝ドラらしい爽やかな演出でした。

るい(深津絵里)の不安の演出が上手い

るいは、ずっと不安だったことでしょう。

錠一郎が額の傷を見たら気持ちが離れていってしまうのでは?

自分の額の傷を見ても好きでいてくれるだろうか…と。

だから、まくしたてるように一人語りをする構成、演出にしたのでしょう。

洋服店が舞台のように使ってクルクルまわり、2人芝居を、会話劇を楽しまてくれました。

鏡を使って「店員さん」がのぞいてるのを見せる演出も上手い!

ここ試着室でしょ。洋服屋さんでしょ。って視聴しながら、ひやひやしてツッコミを入れてたら・・・

店員さんが視聴者の代わりをしてくれました。

こういうツッコミポイントを本編で回収してくれるの好みです。

今日は、演出が最高でした。

ベリー(市川実日子)は心が読める?

るいはベリーと話したときも、その額の傷を見せようとしたのでしょうか。

しかしベリーはるいの心が読めるのか?って思ってしまいました。

なんで「好きなんやん」ってわかったのか?

額の傷をベリーに見せたのかと思ったので、何度も戻して繰り返し見たのですが、ハッキリはしませんね。

るいが鼻をすする音、涙目、うつむく感じから…好きだけど決心がつかないんだなって、ベリーは悟ったんですね。

さすが文学を読むベリー。行間がわかるんですね(笑)

すみません。ベリーがるいの心を読んだなんて些細なことですね。細かいことが気になるのは筆者の悪い癖です。

鏡のアイデアは深津絵里とオダギリジョーのアイデア!

鏡のアイデアは深津絵里とオダギリジョーのアイデアだったそうです。

52話の演出を担当した泉並敬眞氏が「鏡を使うことは考えていなかったが、深津さんとオダギリさんから、鏡を通してお互いの視線を合わせたらどうだろう?という話があって、そのアイデアをお借りした 」コメントで明かしています。

泉並敬眞氏のコメント

「第38回のあの場面との対比を考えた。今回は、台本では雨のシーンはなかったが、第38回が雨のシーンだったので、雨のシーンを入れようと考えた。るいは、雨に良い思い出がない。同じような状況に置かれた時、どうなるのか?どう転換していくのか?」

「鏡が良いアイテムになっている。あの場面で鏡を使うことは考えていなかったが、深津さんとオダギリさんから、鏡を通してお互いの視線を合わせたらどうだろう?という話があって、そのアイデアをお借りした。るいのかっとうを表現することに貢献したと思う」

最後に試着室のカーテンが閉じられ、今回の幕が閉じられた。泉並氏は「あれは台本に書かれていた。自分自身では、見せないことを面白がったと思っている。なんとなく皆さんの想像にお任せしながら、るいとジョーが抱く希望を感じていただきたい」と話す。  

「第38回までは心がざらつく世界だった。るい編は青春物語、映画「アメリカン・グラフィティ」のような世界で、ゆっくり癒やしている。皆さんには『るいちゃん、頑張って!』と思っていただきたい」

スポニチより

38話と52話の対比

38話と52話は対比されていたのですね。

その後、るいが「I hate you.」と安子との扉を閉めたときも、雨が降っていました。

雨が降って、暗かった日の38話。比較して52話は雨の日でも洋服店での回。カラフルな服がたくさんあり、錠一郎に着せたのも派手な赤色。思えば、るいが大阪に来て初日も洋服店で買い物をしてミュージカル調でした。

あれだけ辛かった安子編の終盤から、こんなに幸せな展開へ。ただ、このまま上手くいくのか、安子やロバート・算太が今どうしてるのかなど、安子編との繋がりもまだまだ気になることばかり。

ともかく今回は、るいと錠一郎が両想いになったことを祝福して、幸せをかみしめたいですね。

51話< >53話

画像出典:NHK

コメント