【ちむどんどん】47話|歌子の退職の日になぜ●●報告が!?

ちむどんどん47話

【ちむどんどん】47話(47回)

朝ドラ【ちむどんどん】第47話(第47回)が2022年6月14日に放送されました。

放送後、歌子の退職の日になぜ●●報告があるんだとツッコミが殺到して…。

今回は【ちむどんどん】47話のあらすじネタバレと感想について。

*本ページの情報は2022年6月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。


ADVERTISEMENT

【ちむどんどん】47話のあらすじネタバレ

【ちむどんどん】47話のあらすじネタバレです。

惚れてる!?

「あまゆ」にて。暢子()はオーナーに言われた新メニュー作りを考えます。

「間違いない。惚れてる。フォンターナのシェフがフォンターナのオーナーに惚れてるわけさ。」

「まさかや。なんでそう思うわけ?」

「恋する男の気持ちは恋してる男しかわからん」

そこに、和彦()が帰ってきた。

和彦:「暢子、聞いたよ。新メニューを考えたら、ストーブ前の花形ポジションになれるんでしょ。」

暢子「新メニューっていっても、ただ目新しいだけじゃだめ。イタリア料理の基本を大事にしながらフォンターナらしさをださないと。」

主人が寄り合いでいないため、暢子は店を手伝うことに。智が暢子にはメニュー作りがあると奥さんに言うが、和彦は「身体を動かした方が暢子らしいアイデアが浮かぶよ」と背中を押した。

暴れる二ツ橋(高嶋政伸)

その後、酔っぱらった二ツ橋()はあまゆに来店し、沖縄の酒を飲む。

二ツ橋:「母に帰って店を継いでくれと泣きつかれました。父はもう年でガタがきてるから、そろそろ帰って来いと。」

暢子:「ご実家と言うのは?」

二ツ橋:「茨城の小さな洋食屋です。だけど私は店主の器じゃない。二番手が合ってる。特にフォンターナの大城房子の右腕というのポジションが、最も居心地がいい居場所でした。」

暢子:「だったら、なんとか辞めないですむ方法を」

二ツ橋:「いつ辞めてもいいと言われました。お前のかわりはいくらでもいる。辞めたければ、勝手にやめろ。私の前から消えろ~!」

暢子:「そこまでは」

二ツ橋:「目が言ってました。あの人がピカーッって。私は分かっていました。分かっていながら未練がましくしがみついて。醜い。私の人生はあまりにもみじめで醜い

そこに、三郎()がやってきた。そして「知り合いにいい医者がいるので紹介するよ。妹さんの病院探してるんだろ。」と言ってきた。

暢子が「オーナーに大学病院紹介してもらったんです」と言うと、「それならいいんだい。今の話は忘れてくれ。房子さん、いやオーナーさんにも何も言わないでいいから。」と三郎。

房子は「前から気になってたんですが、うちのオーナーとどういう関係ですか。」と尋ねる。

すると二ツ橋が立ち上がって「あんたのせいで。あんたのせいで。全部あんたが悪いんだ。」と、三郎を殴った。

今度は健男が「会長に何するんだ」と二ツ橋を殴って騒動に!

三郎は「健男!離せ」と落ち着かせる。

暢子と智が二ツ橋を外へ連れて出してタクシーに乗せて帰らせた。

房子が関係しているのかも

暢子が店に戻ると、客たちは帰っていた。

和彦:「三郎さんと二ツ橋さん、いったいどんな関係なんだ?」

智:「恨みがあるような感じだったよな」

暢子:「シェフがお店を辞めることと何か関係あるのかな?」

和彦:「フォンターナのオーナーが関係してるんじゃないか?」

智:「和彦の言う通りかも。三郎さんと二ツ橋さんの間にフォンターナのオーナーが・・・やめとく。暢子には言っても分からんのに。感覚が鈍すぎるから。」

そのころ、三郎は家に帰って妻に心配されたが、「けつまづいてな。どうってことない」とごまかしていた。

歌子の退職

比嘉家にて。良子()が優子()に東京行きと歌子()の病院代を渡していた。

優子が「お金はなんとかするって。」と言っても、「使って。お願い。」と頼む良子。

良子は相談もあって帰省していたが「またにする。相談ってほどでもないし。」と言った。

歌子は病欠が多くて困ると言われており、気まずくて居られないと会社を退職することにした。

会社にて。歌子が退職の挨拶をした後、憧れていた男性・花城(細田善彦)が社内結婚をすることが発表された。

歌子はショックを受けながら必死に笑顔になろうとする。

歌子がもらった歌の雑誌は、花城の結婚相手のいらなくなったものだともわかる。

会社を後にした歌子は、海岸へ。そして海を見つめる歌子。

47話の結末

フォンターナのオーナー室にて。二ツ橋は、房子()に退職願を出して「今月いっぱいでお願いします」と伝える。

房子にきた電話のことでオーナー室へ入ってきた暢子は退職願をみて驚いた。

房子が「退職金は、最後の給料と一緒に。」というが「そのような、お心遣いは無用です。」と断る二ツ橋。

優子と歌子は上京してきた。2人にとって初めての東京で、人の多さに驚いた。

(つづく)

【ちむどんどん】47話の感想

歌子の退職の日になぜ●●報告が!?

47話では、歌子が退職。しかし同じ日に、花城の結婚報告もありました

なぜわざわざ同じ日に報告するのでしょうか。

花城がこの日に上司に報告したとしても、歌子が退社してからでもいいんじゃない?

ちょっとしたイジメにも感じました。

まあ、歌子が花城のことを気になっていたと分かっていたのは視聴者(と良子)だけ。

なので、番組スタッフからのイジメだと思います。(笑)

歌子の海を見つめる表情だけで、吹っ切って決意している感じが伝わる演出は良かったです。

47話は他に、二ツ橋・三郎の因縁、歌子の上京なども描かれました。三郎は一体、何を恨まれているのでしょうか。気になりますね。

46話<< >>48話

画像出典:NHK、スポニチ

コメント