【ちむどんどん】36話|暢子の料理知識のなさに視聴者総ツッコミ!

ちむどんどん36話

【ちむどんどん】36話(36回)

朝ドラ【ちむどんどん】第36話(第36回)が2022年5月30日に放送されました。

放送後、暢子の料理知識のなさに視聴者総ツッコミで…。

今回は【ちむどんどん】36話のあらすじネタバレと感想について。

*本ページの情報は2022年6月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。


ADVERTISEMENT

【ちむどんどん】36話のネタバレ

【ちむどんどん】36話のあらすじネタバレです。

1年半後

1973年(昭和48年)10月。暢子()が仕事をはじめてから1年半が経過。前菜の一部を任されるまでになった。智()は食材の卸売業者で修行中。暢子の勤めるレストランにも食材を配達に来る。

オーナーの房子()は小学校しか出ていないが、幅広い知識を持っていて、大学教授(大塚芳忠)とも話が弾んでいる。暢子は料理に教養が必要ないと思うが、二ツ橋(高嶋政宏)はオーナーが料理人は料理だけしてはダメだと常に言っていると紹介。

房子:「誰か、裏に置いていた新聞しらない?」

房子は暢子が野菜をくるんでいた新聞を見て、「今日のよ。使う前に日付くらい確認しなさい」と叱る。そして「あなた新聞読まないの?」というので、「読んだ方がいいですか?」と質問する暢子。

房子は新聞をたたきつけて厨房を去る。

良子は出産のため里帰り

その頃、沖縄では…。歌子()が「アマキレコード新人発掘オーデイション」(アマキ・安室プロモーション共催)のチラシを見ていた。

そこへ優子()が迎えに行っていた良子()と石川博夫()が比嘉家にやってきた。良子は妊娠しており、おなかが大きい。バス停から歩いただけでもうへとへとだという。

良子:「出産したら仕事やめることにしたから」

歌子:「はっさ、しんけん?」

良子:「考えて考えて、博夫さんとも話合って、最後は自分で決めた。教師は代わりはいるけど、この子には私しかいないから」

優子:「夫婦でよく話し合って決めたなら、何も言うことないさ。」

博夫は福岡での研修に向かった。予定日には帰ってくるという。

賢秀の現在・歌子の用件

猪野養豚場にて。賢秀()は豚の世話をしていた。子供のころから慣れていて得意だった。長居する気はない。ビックばビジネスをしたいのだ。

歌子は運送会社の事務への内定が決まっていた。善一が紹介してくれた。体調も今は大丈夫だ。それとは違う件で、暢子に相談しようと電話したが、要件を伝える前にお金がなくなり電話が切れる。歌子の手には新人歌手のオーデイションのチラシが…。「受けてみようかな」とつぶやく歌子。

36話の結末

「アッラ・フォンターナ」にて。

暢子はホールでの接客業が苦手だった。

演劇評論家の淀川(本田博太郎)と東洋新聞の田良島()・竹園(吉田悟郎)のいる席へ料理を持って行ったときのこと。

淀川が「ヘーゼルナッツのオイルはピエモンテかね?」と質問。

暢子は「そういうことは~。美味しいですよお」とごまかす。(知らなかった?)

竹園が「この店、ピザ置いてないんですか?」と質問。

暢子は「うちも置いてほしいのですが」というと…淀川は「この店に置くわけない」という。

淀川は暢子になぜここで働いているか問う。暢子は一流のイタリアンのコックになりたいから、と答えるが…

淀川はイタリアの地図を指さして「パルマはどこか」「ピッツァ発祥の地といわれる場所はどこか」「店名アッラ・フォンターナの意味と由来は?」などを質問。

暢子は「まったく知りません。」と言ってしまう。

オーナーの房子()がやってきて、淀川にフォローする。

その後。房子は「今日限り、クビ。」と宣告。

暢子:「どうしてですか?イタリアの地図はこれからちゃんと覚えます。それとも、沖縄の言葉が抜けないからですか。」

房子:「沖縄の言葉を使うのは、個性として尊重する。だけど時と場合をわきまえた会話、言葉づかいができなければ、客商売はやっていけない。あなたこの店来て、何年?

暢子:「もうすぐ2年です。」

房子:「今からいう条件をのめば、クビは撤回してあげる。東洋新聞でボーヤさんしてきなさい。」

二ツ橋:「雑用のアルバイトのことです。」

そこで、ある程度の評価が得られれば、この店に戻してもらえることになった。房子の命令は絶対なので受け入れるしかない暢子。

そして、暢子は東洋新聞で働き始める。大忙しで「なんでうちが」と思わず愚痴をこぼす。

(つづく)

【ちむどんどん】36話の感想

暢子の料理知識のなさに視聴者総ツッコミ!

36話は、暢子の料理知識のなさに視聴者総ツッコミでした。

そういえば初めて友人とこの店に来たとき「このサラダにかかってるのなんですか」って聞いてオリーブオイルについて教えてもらってメモしていた暢子。

小学生時代に食べて以来、8年ごしの疑問が解決されて喜んでいたあのヒロインはどこに?!初めて提供する新作じゃないだろうし…。忙しくてオイルへの関心が失われた?

そもそも提供している料理について聞かれて答えられない…のは百歩譲ってあるかもしれません。そのとき、「少々お待ちください。」と言って先輩に聞いてから答えるのが接客

笑顔で「美味しいですよ」とごまかすのは、ないです。と私(筆者)は思いました。

オーナーの房子は暢子の料理の腕前は認めていて雇っているのでしょう。けれど、それ以外は関心がない暢子の様子を、この2年観察してきたんでしょう。房子に質問は禁止ですが、先輩たちには質問OKなのに、してないのですから。

教えるのが普通じゃないか?という疑問はありますが…学ばない方も問題。

ただし、ちゃんと修業できる場を設けてくれるオーナー。どれだけ懐が深いのでしょう。

暢子よ。新聞社で雑用だけでなく、ちゃんと知識を吸収してほしい!と願わざるを得ない第36話でした。

35話<< >>37話

画像出典:NHK

コメント