【ちむどんどん】67話|手塚真生の朝ドラ初出演だが、展開は雑!

ちむどんどん67話

【ちむどんどん】67話(67回)

朝ドラ【ちむどんどん】第67話(第67回)が2022年7月12日に放送されました。

女優・さんの娘、さんが朝ドラ初出演!だが、展開は雑すぎて…。

今回は【ちむどんどん】67話のあらすじネタバレと感想について。

*本ページの情報は2022年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

【ちむどんどん】67話のあらすじネタバレ

【ちむどんどん】67話のあらすじネタバレです。

和歌子の事情

水国和歌子(みずくに わかこ)(駒井蓮)は青森から出てきて、川崎のおもちゃ工場で働いていた。だが、不景気で工場が潰れてしまって寮を追い出され、同郷の友人の家に居候していた。その友人と喧嘩してしまって、帰郷したかったが汽車賃がなく途方に暮れていたところ、不良たちにナンパされたのだという。

そんなとき賢秀()に助けられた和歌子。三郎()は家に泊める代わりに、県人会の角力(すもう)大会のアルバイトスタッフをするよう頼んだ。バイト代で青森に帰れるため、和歌子は大いに喜ぶ。

沖縄にて

早苗()は新婚旅行で北海道へ。村の老人たちから、優子()と善一()も行けばいいと勧める。笑い飛ばす優子。

一方、博夫()は祖父や叔父から離婚してお見合いするよう強く勧められる。断り切れない博夫だが、良子()の顔が浮かぶ。博夫は「離婚はできません。お願いします」と頭を下げる。

読者からの手紙

東洋新聞にて。愛()のもとに感謝の投書がたくさん届いていた。愛の書いた特集記事は読者にちゃんと届いていたのだ。

田良島が愛に「頑張ったかいあったな」と声をかける。

愛は嬉しくて涙ぐむ。

再婚相手との食事会

フォンターナにて。今日は西郷家の予約が入っている。再婚相手も来るようだ。暢子()は亡き妻との思い出のメニューをどうするか迷うが、房子()は「フォンターナにお任せということだから、これが最大限のおもてなし」と変更しないことを決断。

西郷久雄(高木渉)が再婚相手の高石真知子()と娘・めぐみ()を連れてやってきた。

暢子は「ポルチーニのリゾット」を提供。久雄の亡き妻の好きだった料理だ。真知子は病室で奥様から聞いたことがある料理だという。

めぐみは、母との思い出を忘れられないと真知子に伝える。

真知子は「忘れないで下さい。お母さまのこと」と答える。そして自分の気持ちを伝える。

「とっても素敵な方でした。私はもちろん、他のどんな女性にもお母さまの代わりは務まりません。だけど、あなたが認めてくれるなら少しずつでもお友達になりたい。もちろん、あなたが嫌ならきっぱり諦めます。」

めぐみは、来年もこの店に3人で来たいと伝える。それが娘の答えだった。

67話の結末

営業終了後。暢子は房子と乾杯する。西郷家の新しい家族の出発を目撃した暢子は、この店の良さを改めて実感。こういう店をやりたいと思う。房子は「やればいい」と背中を押す。房子は17歳のときに自分の店を持った。屋台の飲み屋から始めて、日本料理、洋食屋。戦後は様々な業態に挑戦してきた。結婚と仕事の両方を得ることはできなかったが、房子は後悔していない。

房子:「考えなさい。どんな店をやりたいか。これは命令」

沖縄やんばるの比嘉家では、優子()のもとを賢吉()が訪れ、善一との見合いを勧める?!

(つづく)

【ちむどんどん】67話の感想

手塚真生の朝ドラ初出演だが、展開は雑!

手塚 真生(てづか まい)さんの所属事務所が、朝ドラデビューを告知していました。

喜んでいる様子が文面から伝わりますね。けれど役柄と展開は雑すぎて…

ドラマ内の月日がどれくら経過したか不明ですが、昨日の今日の放送で、あっさりと再婚相手を受け止める娘。ちょっとリアリティーがないような…。雑とも言いますが…。

母親の代わりにはなれない。それは分かりますが、「友達になりたい」のセリフがちょっと唐突すぎますね。

一人の人間同士として付き合いたいってことなんだろうけど。「友達から受け入れてほしい」とかのセリフの方がまだマシなのに…。友達ってなんだよって、保護者になるんでしょって思ってしまいます。

TBSのドラマ「持続可能な恋ですか?」(じぞ恋)では、主人公・の父が再婚するとき、再婚相手は「さんの新しい家族に加えてもらえませんか?」と素直にお願いしたんですよね。義理の母になるというのは違和感あるから、家族に入れてほしいって。は「私は夫の娘っていうことで」家族にしてほしいと受け入れました。

私(筆者)は、じぞ恋の方がいいなあと思ったのですが、みなさんはどうでしょうか?

66話<< >>68話

画像出典:NHK

コメント