【ブギウギ】第18週のネタバレ│82話・83話・84話・85話・86話!週タイトル「あんたと一緒に生きるで」の意味とは?

当サイトのリンクには広告が含まれます
ブギウギ/第18週

NHK朝ドラ【ブギウギ第18週「あんたと一緒に生きるで」(1月29日~2月2日)は、妊婦のスズ子が舞台に立ち、その後、出産へ。しかし大阪にいる愛助の病状は悪化して…。

今回は【ブギウギ】第18週のネタバレ(82話から86話)と予告について。

あわせて読みたい
朝ドラ【ブギウギ】ネタバレ・あらすじ・感想を最終回結末まで! 2023年度後期の朝ドラは『ブギウギ』。 ヒロインは趣里。相手役は水上恒司!ブギの女王と呼ばれら笠置シヅ子さんをモデルにした創作ドラマです。 今回は【ブ...
目次

【ブギウギ】第18週のあらすじ│ネタバレなし

第18週のあらすじ

妊娠6か月のスズ子(趣里)は、医師の許可を得て、羽鳥善一()と「ジャズカルメン」の稽古を開始する。看護師の東(友近)にも支えられながら、順調に稽古を進め、いよいよ本番の日を迎えた。

しかし、スズ子は大阪の病院に入院している愛助(水上恒司)とは、しばらく会えないままでいた。手紙でしかお互いのことを知ることができない日々が続いていた。だが、愛助の結核の病状は刻々と悪化していた。

そんな中、スズ子は出産を迎えて…。

【ブギウギ】82話のネタバレあらすじ

ブギウギ/82話

【ブギウギ】82話(1月29日放送)のネタバレあらすじと感想はコチラ↓

82話のあらすじ

1947年(昭和22)1月。愛助(水上恒司)が大阪の療養所にいるまま、スズ子(趣里)は静かな正月を迎える。二人は、手紙のやり取りをしてお互いを支え合っていた。妊娠しているスズ子だったが、看護師の東(友近)の付き添いで、ジャズカルメンの稽古を開始する。

一方、愛助はトミ()に、スズ子と結婚して生まれてくる子供の父親になりたいと話をするが…。そして、二人は離れ離れのまま、ジャズカルメンの幕が切って落とされる。

82話のネタバレ

ジャズカルメンの稽古を開始したスズ子。羽鳥善一はスズ子を絶賛し、日帝劇場のプロデューサー・小島(田村裕)は「ニューカルメンの誕生だ」と話す。

稽古終わり、スズ子は写真を撮られる。小島によると男は三流雑誌のゴシップ記者、鮫島鳥夫(みのすけ)だという。

後日。「、「カルメン妊娠6カ月!舞台は中止か!? 父親は一体誰!?」と妊婦姿のスズ子の写真付きで記事が掲載される。

一方、愛助はスズ子の写真を見て「元気そうで何よりや」とほほ笑む。

矢崎(三浦誠己)は毎日、診療所を訪れて見舞う。せきこむ愛助は、母を呼んでほしいと頼む。

愛助は母トミと話す。トミは歌手をやめて家族になってくれたら認めていたと言い、夫婦が「そっぽ向いてたら壊れてしまう」という。しかし愛助は「そっぽなんか向いてない」と反論。「家族でも違う人間」だから認めてほしいと頼む。

愛助は手紙で公演中に必ず上京すること、必ずスズ子と入籍すること、絶対に父なし子にはしないことを書いて送った。

そしてジャズカルメンの日、当日。客席は満席だった。スズ子は妖艶なダンスを交えながら楽曲「ジャズカルメン」を熱唱。

善一は大興奮。客席からも拍手と歓声が沸きあがる。客席にいたゴシップ記者・鮫島も「やるねえ」とうなった。

82話の感想

82話は愛助の必死な訴えが印象的でした。親と子でも違う人間。たしかに違った夫婦の形があってもいいと思います。

また、トミもスズ子と家族になりたかったと言うのも本音なのでしょう。ほんの少しのボタンの掛け違いな気もするので、認めてほしいですが…。

しかし史実通りなら結婚できないまま、死別となることになるはずですが…。どうなるのでしょうか。

【出演】趣里,草彅剛,小雪,,水上恒司,みのすけ,友近,三浦誠己,田村裕,中川浩三,【語り】高瀬耕造

【ブギウギ】83話のネタバレあらすじ

ブギウギ/83話

【ブギウギ】83話(1月30日放送)のネタバレあらすじと感想はコチラ↓

83話のあらすじ

妊娠したまま舞台に立ったスズ子(趣里)のジャズカルメンは好評を博しながら順調に公演を重ねていた。公演中は看護師・東(友近)が付き添い、ケアしていた。

しかし、愛助(水上恒司)の病状は悪いままで、「1日だけ」と懇願しても、主治医から東京行きの許可が出ないでいた。

愛助「そんなに悪いんでっか?」

主治医「辛抱のしどころです」

愛助は手紙でスズ子に、早く見たくて興奮して風邪を引いてしまったため、ジャズカルメンの舞台を見に上京するのは断念すると知らせた。

スズ子は「わても残念です」「会いたかった。会いたかった」と書いた。我に返ったスズ子はペンを止めた。お腹の赤ちゃんが動いた。赤ちゃんも怒ってるのだと思うスズ子は、「この子怒ってますで。ワテも怒ってますで」と言い、すすり泣く。

そうして愛助と会うことができないまま迎えた千秋楽、スズ子の楽屋に茨田りつ子(菊地凛子)が突然訪ねてくる。

83話のネタバレ

りつ子は「相変わらず、下品な化粧ね」という。「出た!」とスズ子。

りつ子は妊婦なスズ子の踊りを見に来たという。

りつ子はスズ子のお腹に「あなたのお母さん、無茶苦茶よね」と言ったあと、大変なのは今後だという。

スズ子が「経験者みたいに」というと、りつ子は出産したことがあるという。

もう10歳になる子が田舎の母のもとで暮らしているらしい。

相手の男は産まれる前に消えたという。

「歌いたいから」という理由で母に預けているというりつ子。だから歌に命をかけているという。

スズ子は子と離れることを考えられない。りつ子は「それでいいんじゃない?」と認めた。

「人に歴史ありだねえ」と善一がやってきた。話を聞いてしまったらしい。

「腑に落ちた。だから茨田君の歌ってのは…」と善一。言いかけて、本番のためやめた。

千秋楽も大成功。スズ子は拍手喝采を浴びた。カーテンコールにて、スズ子は「お腹の大きなカルメンを応援してくださって、ありがとうございました」と頭を下げた。

舞台袖にて。スズ子はお腹の子にも「おおきにな」と感謝。

その後。スズ子の自宅に山下がやってきて、スケジュールを確認し、しばらく出産まで休むことを伝える。

スズ子はジャズカルメンが終わったことを手紙で話したが、愛助からハガキで返事がきたことを心配した。

愛助は公演を見られないことを残念がりながら「動くお腹にも触りたい」と記していた。

手紙に書けないほど悪くなっているのではないか、とスズ子は心配していた。

山下は様子を聞いておくと答える。

スズ子「ワテ、不安ですねん」

診療所のベッドに横たわる愛助のシーンで83話は幕を閉じた。

83話の感想

なんと、りつ子が出産していた、子持ちだったとは!驚きでした。

人には歴史ありですね。

茨田りつ子のモデル・淡谷のり子さんには一人娘・重村奈々子(1938年生まれ)がいます。ただし娘はピアニスト・和田肇(1931年に結婚、1935年に離婚)との間の子供ではなく、奈々子の父親が誰かは終生公表しなかったそうです。

83話劇中の年代は1947年。重村奈々子(1938年生まれ)は9歳のころなので、劇中で10歳の子がいると明かしているのはほぼ史実通りなのですね。

りつ子は命をかけて歌っているのですが、とはいえ、それをスズ子に押し付けないのは好感が持てました。

しかしラスト、不穏な空気が…。今後の展開が不安です。

【出演】趣里,草彅剛,菊地凛子,近藤芳正,水上恒司,みのすけ,友近,田村裕,中川浩三,松木賢三,【語り】高瀬耕造

【ブギウギ】84話のネタバレあらすじ

ブギウギ/84話

【ブギウギ】84話(1月31日放送)のネタバレあらすじと感想はコチラ↓

84話のあらすじ

昭和22年(1947年)5月。スズ子(趣里)のジャズカルメンの舞台が終わって3ヶ月が経過したが、愛助(水上恒司)はまだ東京に戻ることはできずにいた。

スズ子は主治医に大阪の愛助のもとを訪ねたいと要望する。だが、出産予定日まであと10日のためいつ陣痛が始まってもおかしくない。そのため医師から認めることはできないと言われてしまう。

スズ子のもとには、愛助から良くなりつつあるとの内容のハガキが届くばかりで、スズ子は「もう、いやや」とハガキを放り投げる。

愛助は今の自分の姿を見たらスズ子を心配させてしまうからと絶対に内緒にしてほしい

愛助「僕は絶対に病気を治してスズ子さんと子供に会うんや」

愛助はそう言って、母トミ(小雪)の手を握る。

スズ子は愛助に何かあったのではないかと心配し、山下(近藤芳正)と坂口(黒田有)を問い詰める。

84話のネタバレ

山下たちが隠すので、スズ子はどうしても大阪に行くと言い出す。

そこで山下は「あんまり良くない」と明かす。

気絶しかけるスズ子。

山下は愛助が弱った姿をみせたくないこと、風邪をこじらせただけなことを伝え、スズ子を落ち着かせる。

いてもたってもいられず、スズ子は羽鳥善一(草彅剛)の家を訪ねる。善一は留守だった。そこで麻里(市川実和子)に話を聞いてもらった。

麻里はカツオを産むとき不安だったと明かす。そんな時に心の支えになってくれたのがお腹の中の子だった。スズ子は自分が不安だと「この子まで不安になってしまう」と気づく。麻里は出産に集中するよう助言した。

そのころ、愛助は「予定日には戻りたい」とハガキを書いていたが・・・また喀血してしまう。

スズ子は愛助の背広を抱きしめて、神様に愛助を守ってくれるよう祈った。そしてお腹の子に話しかける。

スズ子は「絶対ようならんとあかんで」と涙ぐみながら愛助を想って服に語り掛ける。

84話の感想

切ない。切なすぎる展開の84話。愛助は自分は元気、治るとハガキで知らせて、安心して出産してもらおうと必死。スズ子もそんな愛助の嘘を見抜いて、山下たちに問い詰めます。お互いを想って…。

現代はネット環境があって、ビデオ通話ができます。しかし当時はそんなものなくて…。

そんな中、麻里さんが救いでした。おでん屋主人が退場して以来、スズ子の心のオアシスになっていると思います。自分ひとりで悩みすぎるのはよくないので、人生の先輩に頼ることも時には必要ですね。

【出演】趣里,小雪,近藤芳正,水上恒司,黒田有,友近,三浦誠己,中川浩三,中谷悠希,髙田幸由,河野咲良,【語り】高瀬耕造

【ブギウギ】85話のネタバレあらすじ

ブギウギ/85話

【ブギウギ】85話(2月1日放送)のネタバレあらすじと感想はコチラ↓

85話のあらすじ

スズ子(趣里)のもとに愛助(水上恒司)から、病状は快方に向かっており、出産予定日までには東京に帰ることができるだろうという葉書が届く。スズ子は愛助が無理していると気づいているが、自分を奮い立たせて返事を書こうとする。

愛助の病状は非常に悪いままであった。愛助はトミ(小雪)に、自分はもう助からないのだろうと聞く。

トミ「何いうてんのや。あんたは絶対治る。治すんや。お母ちゃん、大阪中の医者を集めてでも治したる」

愛助「僕な。お母ちゃんの子で、ホンマ、よかったわ。何より僕をようけ笑かしてくれて、ありがとう。せやけどな…僕は…スズ子さんと結婚するで。僕は…あの人の明るさに救われたんや。あの人は僕の人生を明るうしてくれた、唯一の女の人や。あ、お母ちゃん以外やな。せやから、絶対一緒になるんや」

トミ「そやったら、病気、治し。治したら、何でも言うこと聞いたるわ。そやから、治して」

トミは愛助の顔をさすりながら「治して」と懇願した。

愛助は「絶対治して結婚するで」と弱々しい声で母に告げた。

その数日後のことだった。夜。スズ子に陣痛が来る。

ちょうど同じ時、山下(近藤芳正)と坂口(黒田有)のもとに、大阪の矢崎(三浦誠己)から緊急の電話が入る。

85話のネタバレ

坂口「助かるんやろな!!」

矢崎「ボンは頑張ってます。必死で生きようとしてます」

愛助は危篤だった。しかし愛助の頼みでもあり、スズ子に知らせることをためらう2人。

坂口と山下は、スズ子の自宅へと向かった。すると玄関先で最後までどうするか迷っている2人。

すると中から、うめき声が聞こえる。

坂口と山下は、スズ子をかかりつけの産婦人科に連れていく…。

一方、愛助は「手紙、スズ子さんに、手紙、書きたい」と言う。

トミが筆記具を持ち、代筆しようとするが・・・

愛助は自分で書こうとする。

愛助は「ス」と書いて、一文字ずつ、必死に、力を振り絞って、書く。

画面は愛助の鋭い眼光をとらえている…。

そのころ、スズ子は分娩室で「痛い、痛い」と言っている…。

スズ子は女の子を出産する。

坂口は「生まれたわ。ボンにそっくりなはずや。ハハハ」と喜びながら矢崎に電話。

しかし矢崎はすすり泣くばかりで返答できない。ついには、電話の前でしゃがみ込む。

トミは暗がりの部屋で、悲しげな様子。

スズ子は「可愛らしいな」と赤ちゃんを触っている。

坂口は受話器に耳をあてながら涙目になり、山下の方を向く。

山下「まさか」

ラストカットは、スズ子と赤ちゃんの楽しげな様子。

85話の感想

生と死が描かれた85話。定番のあるある展開ではありますが、歓喜と悲しみが交差して、感情ぐちゃぐちゃになりますね。

愛助、最後の力を振り絞っての手紙は、今後明かされるのでしょうか。おそらく約束していた赤ちゃんの名前が記されているかな?

後番組「あさイチ」では、朝ドラの受けの前に沈黙が…。3人とも言葉を失っていて「切り替えられない」と言っていましたね…。

スズ子が知ることになる号泣必至の次回、週終わりの金曜日になりそうです。

【出演】趣里,小雪,近藤芳正,水上恒司,黒田有,友近,三浦誠己,中川浩三,松木賢三,【語り】高瀬耕造

【ブギウギ】86話のネタバレあらすじ

ブギウギ/86話

【ブギウギ】86話(2月2日放送)のネタバレあらすじと感想はコチラ↓

86話のあらすじ

スズ子(趣里)が出産してから2日。羽鳥善一(草彅剛)と麻里(市川実和子)の家族が見舞いにかけつけ、スズ子は幸せな時間を過ごす。しかし、スズ子はまだ、愛助(水上恒司)が亡くなったことを知らされずにいた。

そんな中、スズ子は、山下(近藤芳正)と坂口(黒田有)の様子がおかしいことに気がつき、二人に何かあったのかと聞く。山下は「ぼんは、亡くなりました」とスズ子に告げる。

86話のネタバレ

スズ子は、あまりのショックに言葉を失う。食事もとれない様子。

医師はスズ子の様子が落ち着くまで赤ちゃんを別室で世話する措置をとる。

その後、大阪から矢崎(三浦誠己)がやって来て、愛助がスズ子名義で残していた預金通帳と手紙を渡す。

山下は辛いのはスズ子だけではない、愛助の分まで生きてほしいと涙ながらに訴えた。

スズ子は山下と坂口が病室を出た後・・・手紙を読む。

手紙には伊豆で撮った幸せそうな二人の写真が入っていた。

「スズ子さんに出会えて本当に幸せやった」と感謝の言葉や生まれてくる子どもが男の子なら“かぶと”、女の子であれば“愛子”と名付けてほしい等と記されていた。

そして自分がいなくなった後のスズ子を心配し「辛いことがあったら歌ってください」と呼び掛けていた。

手紙を読み終えたスズ子。すると娘の泣き叫ぶ声がする。

スズ子は「愛子!愛子!」と名前を叫ぶ。

看護師が愛子を連れてやってくる。

スズ子は愛子を抱っこし「お母ちゃんなぁ! あんたと一緒に、生きるで!」と告げる。

スズ子は生きる希望を取り戻していた。

ラストはスズ子の夢のシーン?

家の庭で、愛子を抱っこする愛助の隣りで、スズ子が「ラッパと娘」を優しく歌う。

そんなシャボン玉であふれる幻想的なシーンで幕を閉じる。

86話の感想

言葉を失い、呆然としていたスズ子が生きる希望を見出すまでの圧巻の15分。

手紙も愛にあふれていて素敵でした。

ラストもスズ子の夢が叶った幻想的な場面で…。たとえ夢の中だとしても、愛助さんが愛子を抱けたのは良い展開でした。

視聴者としても言葉を失う展開でしたが、次週はついにヒット曲「東京ブギウギ」が週タイトルに!

来週も見届けたいと思います。

【出演】趣里,草彅剛,市川実和子,近藤芳正,水上恒司,黒田有,友近,三浦誠己,中川浩三,中谷悠希,髙田幸由,河野咲良,【語り】高瀬耕造

【ブギウギ】第18週の予告

【ブギウギ】第18週の予告です。

【ブギウギ】18週タイトル「あんたと一緒に生きるで」の意味とは?

【ブギウギ】18週のタイトルは「あんたと一緒に生きるで」。

週タイトルの意味とは?…予想してみましょう。

予想(1)愛助が亡くなったのち、スズ子が愛助との間に生まれた子供に向かって「あんたと一緒に生きるで」。

予想(2)愛助が亡くなったのち、スズ子が亡き愛助に向かって「あんたと一緒に生きるで」。あんたと一緒にこの子を育てて生きるで。

事前のあらすじで、愛助が亡くなることは確定します。スズ子は死に目に会えず、おそらくナレ死でしょう。そばに母・トミ(小雪)がいて看取るかもしれないですが…。

18週ラストは、スズ子がどうやって決意していくのかが見どころになりそうです。


あわせて読みたい
朝ドラ【ブギウギ】キャストと相関図|趣里ヒロイン、水上恒司:相手役、草彅剛、菊地凛子ら豪華出演! 朝ドラ【ブギウギ】キャストと相関図 NHK連続テレビ小説(朝ドラ)第109作『ブギウギ』ののキャスト(出演者)・登場人物・相関図を紹介します。 主人公のモデルは戦後の...

画像出典「ブギウギ」公式HP

ブギウギ/第18週

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSシェアはここから
  • URLをコピーしました!
目次