【相棒22】2話ネタバレと感想・栗山千明の大どんでん返しに視聴者も仰天!

相棒22
※当サイトのリンクには広告が含まれます
テレビ朝日系ドラマ「相棒」のシーズン22が2023年10月にスタート!
初代相棒・亀山薫(寺脇康文)が帰還し、14年ぶりに再び杉下右京(水谷豊)と特命係を組んでから1年。
濃密で骨太なミステリーを生み出す国民的ドラマが、再び動き出します。
キャッチコピーに掲げられた「新たな挑戦」とは?
相棒ワールドはどんな展開を見せるのか。
この記事で【相棒22】2話ネタバレと感想をお届けます

 

(本ページの情報は2023年10月時点のものです。最新の配信状況はUーNEXTサイトにご確認ください)

相棒22

 

【相棒22】2話「無敵の人」あらすじ

阿佐子 (栗山千明)が捜している失踪中の婚約者は偽名を使っていて、実は鶴見征一(市川知宏)という公安部の捜査員だったことが判明する。鶴見は3年前、自ら志願して『微笑みの楽園』という宗教団体に潜入。しかし、その後、『微笑みの楽園』側に取り込まれ、懲戒免職になったという。公安部長は、保身のため、それを隠蔽していた。美彌子(仲間由紀恵)が銃撃されたのは、その一件を掘り返そうとしたためと思われた。公安と『微笑みの楽園』をめぐる一連の出来事に、ただならぬ闇があると感じた右京(水谷豊)薫(寺脇康文)は、カギを握る鶴見の捜索を続行。すると、潜入捜査員として様々な肩書きを使い分けていたと思われる鶴見に、驚くべき秘密があることが見えてくる。

【相棒22】2話のネタバレ!

ミイラ取りがミイラに?

右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)は、銃撃された内閣情報調査室長の社(仲間由紀恵)を病院へ見舞うが、面会謝絶だった。そこでで警視監の甲斐(石坂浩二)に会う。

甲斐は、右京に、公安部の捜査員だった男は鶴見(市川知宏)だと明かす。新興宗教の教団、微笑みの楽園に志願して3年前に潜入。しかし去年、爆破事件の直前に懲戒免職に。表向きは経費の使い込みだが、ミイラ取りがミイラになった可能性があり、御法川公安部長(田中美央)が保身のために隠蔽した。それを社が掘り返そうとしたため、銃撃された可能性が高い。

甲斐は事情を知らせたのだから、大人しくしていてくれと右京に伝える。それは社の意向でもあった。

社を銃撃した犯人に鶴見の写真を見せると、鶴見の指示で銃撃したことを明かす。一方、偽名の牧村と名乗っていた鶴見が交際していた弁護士の阿佐子(栗山千明)は、偽名で近づき、教団の情報を探ろうとしていた可能性が出てきた。

相棒22

様子が異なる鶴見の部屋

鶴見は、ビデオルームで御法川と秘密裡に連絡を取っていた。

公安部は、教団への強制捜査を行い、拳銃を押収する。

右京は、鶴見が教団用に吉川名義で借りていた部屋調べる。

鶴見の靴は26だが、28の靴があり、ネットショッピングで何を買っていたのかダンボールが積み上げられ、無数にある本はジャンルも巻数もバラバラ。

右京は別人ではないかと疑念を抱く。

逮捕された教団幹部と話をする右京。

テロはしないといい、拳銃は誰かが置いてハメられたと聞き、

右京は「僕としたことが!」。

拳銃を教団に流した暴力団の摘発は善意のタレコミからだった。

全ては捏造されたものだった。

死亡した平井の部屋にあった教団の祭壇は南向きで、本来は北向きであるべきもので、信者として入信したのではなかった。弟の死の真相を調べるためだったが、それに気づいた鶴見が爆弾の薬品を置いてでっち上げたのだった。

相棒22

公安部長が影の存在!

薫に美和子(鈴木砂羽)が電話をかけ、阿佐子が出て行ったことを報告する。内閣府のホームページを見ていたといい、青木(浅利陽介)に会おうとしていることがわかる。

右京は御法川に会う。

昨年のレストランの爆破事件で共犯らしき人物がいるにも関わらず、捜査をしていないと指摘する。

共犯は鶴見だった。

以前、10年前に爆破テロ事件起こした教団が名前を変え、過激な面は形を潜めていた。鶴見は火のないところに煙を立てるため、免職し、教団側に寝返ったのではなく、熱心な信者を焚き付けて微笑みの楽園が恐ろしい教団かを演出するためにレストランの爆破事件を起こしたのだった。

その犯人は自殺。その死の真相を確かめようとした兄を、鶴見が殺害。爆弾の薬品を部屋に置き、教団の危険性をアピールした。

右京の推理に、御法川は、10年前は警察と政治家が狙われたことを挙げる。

しかし、右京は「人を守らず社会が守れますか。それは権力に暴走というものです!」。

「組織の長たる、一部はあなたの意向に沿った上で黙認しているのでしょう。衣笠副総監(杉本哲太)は特にあなたを支持しているのではありませんか。私物化した権力が横行した社会こそ、テロが起きる要因となるものです!」

「一警察官の君に組織の何がわかる!」と言われると、「ならば伺いましょう。あなたに、一市民の何がわかるというのですか!」

相棒22

阿佐子が爆弾を投げつける

右京は爆破されたレストランの主人の元へ。共犯がいると証言したのは主人だった。その共犯は鶴見だった。

その頃、阿佐子は青木を脅して鶴見の居場所を探させていた。

青木が鶴見の居場所を見つけ、阿佐子は出ていく。薫はそこへ向かうが、青木が残されていた。

鶴見はギフトサービスで、御法川とメッセージカードのやり取りをしており、マリーナから船をだし、パスポートを用意しているという。

マリーナへ向かった阿佐子。

鶴見に向かって「やっと会えた」といい、いきなり爆弾を投げつけ、ナイフで切りかかる。

そこへ右京らが追いつく。

阿佐子にとって鶴見は婚約者ではなく、レストランの爆破事件で婚約者を殺害された、復讐の相手だったのだ。

レストランで見た遺影の男性と阿佐子は揃いの腕時計をしていた。亡くなった婚約者の本当の名前と、恋人だと話していた男の名前はローマ字を並べ替えたアナグラムだった。

右京を連れて行った婚約者の部屋は本物。鶴見の住んでいた部屋とは様子が違ういのは当然だった。

婚約者は、レストランでプロポーズするために待っていたが、死亡した。遅れてやってきた阿佐子は、鶴見を現場で見て共犯者と確信していた。

だが、顔を覚えているが、誰かわからない。

レストランの店主とAIで写真を作って合成し、右京に恋人の写真だと見せたのだった。

「計画に気付けず愚かでした」という右京。

鶴見は攻撃対象はなんでもよかったといい、阿佐子の怒りは増幅しつかみ掛かろうとする。だが、右京は、阿佐子に、婚約者に言われた「出会えて良かったという彼の言葉や、彼との思い出までも憎しみや絶望で消してしまうつもりですか」といい、諌める。

相棒22

真相を闇の中に葬るのは

社が退院し、車椅子で衣笠副総監の元へやってくる。

鶴見は舌を噛んで死亡した。

衣笠は御法川を罷免した。

甲斐は公安部長が変われば、組織の勢力図が変わるといい、

このまま辞めるのは心のこり。組織をよくしたいと話す。

その駒に社を選び、弱みを握るために、右京らをを動かしたのだった。

右京は、社に「あなたには失望しました。中途半端な幕引きで」と話す。しかし、社は「組織ってそう簡単じゃないのよ。警察組織を改革するには私自身が中枢に立つ必要がある。内調のトップは通過点。全国30万人の警察にトップに立ってこそこの国を真の意味で守れる」。

それでも右京は「副総監に貸しを作ったというわけですか。

人の命に次はない。爆破事件で亡くなった人のように」

薫も「真相は闇の中はもう飽き飽きです」といい、右京は「あなたがおやりにならないのであれば我々やります」と告げるのだった。

【相棒22】2話の感想とまとめ!

まさか、まさかのラストでしたね。

婚約者を探しているというのは、真っ赤な嘘。

婚約者を殺害された恨みを晴らそうと、犯人を探していたんですね。

栗山千明さんの名演技。

いきなり爆弾を投げつける鬼形相はど迫力でした。

「無敵の人」である右京と薫もびっくりでしたね。

記事内の画像はテレビ朝日「相棒22」の公式サイトより