【相棒20】10話ネタバレと視聴率!右京のお友達(麻丘めぐみ)誕生にほっこり!

相棒20 ネタバレ10

【相棒20】10話ネタバレと視聴率!右京のお友達(麻丘めぐみ)誕生にほっこり!

【相棒20】10話が2021/12/22(水)に放送されました。

10話は特命係の2人が張り込みの為に喫茶店で働くことに。右京さんの紅茶知識も炸裂します。

年内最後の【相棒20】は紅茶のように少しほっこりする仕上がりです。

今回の記事では【相棒20】10話「紅茶の美味しい喫茶店」のネタバレと感想、視聴率をお伝えします。

【相棒20】配信情報

【相棒20】はAbemaTVで見逃し配信中です。

さらにAbemaTVでは一部の過去シリーズがレンタル可能です。

※ 全て2021年10月14日(水)の情報です。 最新の配信状況、価格については公式サイトをご確認ください。

【相棒20】10話のゲスト

  • 酒井敏也:真鍋
    喫茶店のマスター。
  • 浅丘めぐみ:瑞枝
    喫茶店の常連客。
  • 松田航輝:鷲尾琢磨
    詐欺ブループのメンバー。
  • 水田萌木:赤堀絵里
    同じく詐欺グループのメンバー。
  • 原田文明:大杉隆也
    瑞枝の夫。

【相棒20】10話のネタバレ

詐欺グループを追え

特命係・右京()と亘()は組織犯罪対策第五課の課長・角田(山西惇)から詐欺グループの張り込みを手伝って欲しいと依頼を受ける。

そのグループはマッチングアプリと仮想通貨を巧みに組み合わせたロマンス詐欺を行っているとのこと。

ある被害者の男がマッチングアプリで知り合った女に仮想通貨を持ちかけられ、貯金全額を奪われてしまった。被害者がレストランで女と会おうとすると今度は夫を名乗る男が現れ、不倫を盾に黙らされてしまった。

手がかりはその時に男が使っていたストローに残ったDNAだけ。

さらに角田は元詐欺グループの男から証言を得ていた。詐欺グループはサイト制作担当、ターゲットとの交渉担当と役割が細分化。

男は現金を運搬係で8箇所を回らされていた。その中の倉庫を張り込むのが特命係の仕事だ。

ただ、指示役のリーダーの顔は誰も知らないという。

特命係は喫茶店で張り込み

2人は倉庫に到着。向かいにはガラス張りで倉庫の出入り口がよく見える喫茶店があった。紅茶が売りであり、マスターの真鍋弘明(酒井敏也)が定年退職後に趣味ではじめたもの。

2人は真鍋の許可を得て店員として働きながら倉庫を見張ることにする。

翌日、右京は「こてまり」の女将(森口瑤子)のつてで手に入れた紅茶を喫茶店に持ち込む。さらに右京は真鍋に自分がブレンドした紅茶の味をチェックして欲しいと頼む。

今日は用事があるようで真鍋は紅茶をタンブラーで持ち帰り、後で飲んで貰うことになった。

真鍋に張り込みの同意書を書いて貰って準備万端。2人はエプロンに蝶ネクタイを着けて仕事を開始する。

右京は常連客でいつも窓際の席に座る女性・大杉瑞枝(麻丘めぐみ)と紅茶について雑談。さらに持ち込んだ最高級の紅茶ゴールデンチップスをサービスで淹れる。

「美味しいわ」と瑞枝。だが、彼女は窓の外を見ながら淋しげな表情を浮かべる。

詐欺グループの一味が来店

そんな中、倉庫に車に乗った男女が倉庫に入っていた。亘は急いで角田に連絡。さらにその男女が喫茶店に入ってきた。

注文を受け、右京は本日の紅茶とブレンドコーヒーを2人に持っていく。

亘は店を出た2人を尾行しようとするがクレーマーに捕まり、見失ってしまう。

カップに残っていた指紋から身元が判明。女の名は赤堀絵里(水田萌木)、男は鷲尾琢磨(松田航輝)。そして、鷲尾のDNAがロマンス詐欺のストローに残っていたものと一致した。

だがその夜、鷲尾はビルの非常階段から落ちて転落死してしまう。右京も現場に臨終。鷲尾は頭蓋骨が損傷しており、階段から落ちたのは間違いない。

防犯カメラに赤堀と鷲尾がレストランに出入りする様子が。出てきた時、鷲尾はぐったりしており、赤堀が支えていた。

一方、亘は倉庫を捜索。金はすでに運ばれていた。

瑞枝の目的が判明

右京は鷲尾が関わっていた他の詐欺事件の資料を読む。昔に流行った原野商法特殊詐欺の2次詐欺を行っており、被害者の男性が自殺していた。右京はこの男性の名前が気になる。

その後、瑞枝が川に飛び込もうとするのを右京と亘が止める。自殺したのは瑞枝の旦那さん大杉隆也(原田文明)であり、彼女は同じ場所から後を追おうとしていた。

夫婦は32年前に原野商法特殊詐欺にあった。ようやく忘れかけたころにその土地を買い戻すという2次詐欺にあい、老後の資金全てを失ってしまった。

半年前、瑞枝は偶然にも鷲尾を発見。彼が例の倉庫に入ったのを確認。「いつかここに来るはず」と喫茶店の常連になって見張っていた。

そしてあの日、鷲尾を尾行。夫の仇をとる為に非常階段に背中を向けて座り込んでいた鷲尾を突き落としたのだった。瑞枝は犯行を認め連行される。

連続殺人に発展

だがその後、鷲尾の体内からテトロドトキシン(フグ毒)が検出された。右京は遺体の出血が少な過ぎたことを指摘。

鷲尾は瑞枝に突き落とされた時、すでに亡くなっていたのだ。毒を入れたのはリーダーの指示を受けた赤堀で間違いない。

その後、港から赤堀の遺体も上がった。2人は彼女の死を疑問視。遺書は偽装で彼女の体内からもテトロドトキシンが見つかるだろう。

そもそも一連の出来事が起こったタイミングが良すぎる。全ては真犯人によって仕組まれていたことだった。

事件の真犯人

2人は喫茶店に向かい真鍋を追求する。真鍋こそが一連の事件の真犯人で詐欺グループのリーダーだった。

真鍋は金の隠し場所を見張るために喫茶店を開業。

紅茶を売りにしているのに真鍋は右京が持ち込んだ最高級のゴールデンチップスに無関心なのはおかしかった。

32年前に原野商法特殊詐欺を行ったのも真鍋。その時の契約書と張り込み同意書の筆跡が一致していた。

その被害者の瑞枝が常連になったことと特命係が来たことで犯行を計画。

ロマンス詐欺で足がつきそうだった鷲尾を始末した。

証拠は赤堀の体内から検出された紅茶。右京が味見を頼んだオリジナルブレンドのもので鷲尾はこれに毒を混ぜていた。

鷲尾はこの期に及んでも「私以上に頭が回る人に初めて出会った。金の在り処を教えるから見逃して貰えませんか」とヘラヘラした態度。右京の怒りが爆発。

右京「いい加減になさい!人の心に付け込んでお金を奪うばかりか夢や命まで奪うのがどれほど罪深いことが分かりませんか!」

結末

事件は終わり、2人は執行猶予中の瑞枝をレストランに呼び出し、美味しい紅茶をごちそうする。

右京は「いつまでも復讐にとらわれず、ご主人の分まで生きてください。自分がお茶飲み友達になりますから」と持ちかける。

瑞枝は「生涯愛したのは夫だけですから」と返し上で、受け入れる。3人は美味しい紅茶を頂くのだった。

終わり。

【相棒20】10話のポイント

  • 瑞枝は詐欺被害者の遺族で復讐をしようとした
  • 詐欺グループのリーダーで事件の犯人は喫茶店のマスター真鍋
  • 右京は瑞枝と茶飲み友だちになる

【相棒20】10話の感想

麻丘めぐみが右京のお友達に

張り込みをした右京さんと亘のエプロン姿がよく似合っています。ぜひ紅茶を入れて欲しい。

例の紅茶の淹れ方も何度も登場。おそらく過去最多の登場でしょう。

ゲストは麻丘めぐみさん。若い頃は「わたしの彼は左きき」などで大ヒットしたアイドル歌手の方。晩年は女優として活躍されています。

罪を犯してしまいましたが最後は右京さんとお友達になり、ほっこり。お友達誕生に多くの祝福の声が上がっています。

ぜひとも前向きに生きて欲しいです。

【相棒20】10話の視聴率

【相棒20】10話の視聴率は13.4%でした。

次週予告

次回の【相棒20】は毎年恒例の元日スペシャル。亘のお姉さん役で飯島直子さんがゲスト出演です。

2022/1/1(土)21:00~の放送をお楽しみに。

<<9話「生まれ変わった男」 元日SP(11話)「二人」>>

コメント