【相棒20元日スペシャル】ネタバレと視聴率!太田愛の心えぐる脚本に大絶賛!

相棒20元日SP ネタバレ
画像引用:テレ朝POST

【相棒20元日スペシャル】ネタバレと視聴率!太田愛の心えぐる脚本に大絶賛!

【相棒20元日スペシャル】が2022/1/1(土)に放送されました。

亘の姉が記憶喪失の男を保護したところから始まる事件。やがて、権力者の陰謀と闇に繋がっていきます。

担当した脚本家は太田愛さん。彼女らしい現代社会の問題に切り込み、心をえぐる珠玉の物語です。

今回の記事では【相棒20元日スペシャル】「二人」のネタバレと感想、視聴率をお伝えします。

【相棒20】配信情報

【相棒20】はAbemaTVで見逃し配信中です。

さらにAbemaTVでは一部の過去シリーズがレンタル可能です。

※ 全て2021年10月14日(水)の情報です。 最新の配信状況、価格については公式サイトをご確認ください。


ADVERTISEMENT

【相棒20元日スペシャル】のネタバレ

事件の前触れ

年の瀬、特命係の右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は峯秋の誘いで高級レストランへ。

そこで右京は与党政調会長の袴田(片岡孝太郎)と経済界の重鎮・藤田(春園幸宏)が会食しているのを発見。個室テーブル席は1つ空いており、もう1人来るようだ。

同じ頃、2人の少年・早瀬新(西山蓮都)と峰岸聡(川口和空)が公園で新が落としたスマホを探していた。そこで大人2人が言い争っているのを目撃。

聡は自分のスマホでその様子を録画する。その内の1人の男に気づかれ、逃げる2人。男に新のスマホを持ち去られてしまった。

その後、新は知り合いのシステムエンジニアの遠藤佑人(尾上寛之/あだ名はマメさん)に動画データを持ち込む。遠藤は動画を解析し、男が「確かにここにあったんです」と言っているのを突き止める。

亘の姉・由梨からの依頼

翌日、特命係の2人は年末年始の当番勤務。すると亘に女性から電話。親しげに話している様子で、青木(浅利陽介)は「ついにフィアンセ登場か?」と囃し立てる。

その後、亘は右京を「紹介したい人がいます」と教会に呼び出す。そこにいたのは亘の姉・由梨(飯島直子)。

由梨はピアノ講師をする傍ら教会でボランティア活動をしていた。ある男性(イッセー尾形)を保護し、身元を調べて欲しいとのこと。

記憶喪失の男・湊と少年・新

男性は頭に怪我をしており、脳震盪の衝撃で記憶喪失。湊健雄と名乗っている事以外手がかりはなし。教会に出入りしている福田浩介(千葉哲也)という男と一緒に近くの交番で調べて貰ったが行方不明者の届け出は出ていなかった。

湊は昼食として蕎麦を食べる。福田が湊に今一度尋ねてみると、「デイリーハピネス」という言葉を思い出す。大手鉄道会社の駅売店の名前だ。

右京と亘は湊を見つけた新と聡から話を聞く。夜の公園で彼を発見し、由梨と遠藤(同じく教会でボランティアをしている)を連れてきたとのこと。

その後、右京は角田(山西惇)課長と話をする。角田は湊の名前を昔、暴力団絡みで聞いた気がするとのこと。

新は湊を住んでいる団地へと連れて行く。新は両親が離婚した後、母親が死亡。祖母・君枝(高林由紀子)と二人暮らしの貧しい生活を送っていた。

さらにその祖母も足に怪我をして入院。今は一人で暮らしていた。

その後、右京と亘は売店を運営する大手鉄道会社へ向かうも湊に関する手がかりは得られなかった。

その帰り道、2人はデモ隊に巻き込まれる。彼らは不当な労働環境で働いている非正規労働者、会社を裁判で訴えると言う。

同じ頃、スマホを拾った男が新の情報を探っていた。

新は遠藤の自宅へ。留守のようで「帰ったらTELして、新」と書いたメモをポストに入れる。遠藤の部屋は滅茶苦茶に荒らされていた。

その夜、右京と亘は由梨の家(亘の実家)に向かい、新と聡について尋ねる。

2人は仲がいいが、聡の母親・瑛子(町田マリー)が貧しい家の子である新を快く思っていない。新は幼いながら一人で抱え込み、「人に助けを求めることは迷惑をかけること」と感じていたとのこと。

亘は右京と別れ、今日は実家に泊まることに。自室で子供の頃に和也という親友に書いた手紙を発見。

遠藤を殺した犯人と黒幕

翌日、港で男の遺体が発見された。頭を棒状のもので強打されており、身元を特定するものはなし。近くのストーブの中から焦げたICレコーダーが発見されたが、再生は困難。

そこに右京と亘が到着。昨日、新から聞いていた特徴から遺体は遠藤と特定する。

一方、袴田の事務所。新に迫っていたの男の正体は袴田の秘書の結城宏(弓削智久)。

回想

結城はその夜、湊と公園で会い、もみ合っているうちにベンチに叩きつけてしまった。

殺してしまったと思った結城は袴田に連絡。だが、袴田が到着した時に湊はいなくなってしまった。

言い争っている様子を聡が撮影していた。

その後、動画を解析し湊の正体に気づいた遠藤は「遺体は処分した」と嘘をついて結城に接触。

結城は港に呼びだされ、大金を要求された。遠藤がICレコーダーを燃やしたのを確認した後、口封じに殺害。

全ては袴田からの指示だった。

回想終わり。

結城は新の団地へと向かい、湊と一緒にいるのを確認。「(生きているのは)どういうことだ?」と驚愕する。

そこに由梨が登場。湊について聞かれるが結城は「知れません!!」と逃げるように去っていく。

新が置かれている辛い立場

一方、新は嫌な予感がし、聡といっしょに遠藤のアパートへ。そこに右京と亘、捜査一課の伊丹(川原和久)、芹沢(山中崇史)、出雲(篠原ゆき子)が到着する。

右京たちは落ち着くまで事件のことを隠そうとするが、新は遠藤に良くないことが起きたと察する。

そして、新は聡に「動画は俺のスマホで撮ったことにしろ。それともう俺の家には来るな」と突っぱねる。

突然のことに訳が分からない聡。そこに母親が登場し、新と引き離されてしまう。

駆け出した新を追いかける亘。新は世の中への憤りをぶちまける。

新「貧乏人と一緒にいたら不幸になるんだ。世の中、それ(貧しく生まれたこと)すらも自己責任。俺達みたいなのは努力がたらり無いんだよ。」

それを聞いていた右京は心が痛む。

右京は新が遠藤に書いたメッセージを発見。危機が迫ると感じ、出雲に新から目を離さないで貰うことにする。

湊の正体

そこに角田課長から「湊について思い出した」と連絡が入る。右京は角田から送られてきた写真を見て驚愕する。

その後、右京は福田を問い詰める。あの夜、福田は倒れている湊を発見し、履いていた靴を盗んだ。

実は福田は元暴力団員。その時に演歌歌手デビューしようとしていた芸名・湊を記憶喪失の男に吹き込んでいただけだった。

福田は右京に身元がバレないように持って行った彼の名刺を渡す。

湊の正体は若槻という最高裁の判事だった。これを受けて芹沢は伊丹に「先に若槻を保護するべき」と提案。伊丹は出雲に連絡を取り、先に若槻の元に向かわせる。

ところがすでに結城に若槻は攫われてしまっており、入れ違いで新も攫われてしまう。

それを聡が目撃。由梨を経由して、右京たちに全ての情報が伝えられた。

青木によってすでに遠藤が公衆電話から袴田の事務所(結城)に「公園のことで話がある」と連絡を取っていたことも突き止められていた。

事件の全容

右京はレストランで見た情報も合わせて推理を展開。3人目の客は若槻だろう。

ここで内閣情報官となった社美彌子(仲間由紀恵)とオンラインで繋がり、情報を教えて貰う。

袴田が会っていた藤田は売店を運営する大手鉄道会社の新会長になることが決まっていた。

もし労働問題で非正規労働者に有利な判決が出れば自分らに不都合。袴田は担当判事の若槻を味方にしようと企んでいた。

連れてくるのは結城の役目だったが、若槻は拒否。一連の事件に発展したのだ。

だが、結城を捕らえて自白したとしても袴田の関与を立証するのは難しい。結城1人に責任を押し付けられるのは目に見えていた。

社にとっても袴田は内閣府に口を挟んでくる厄介な存在。「後はよろしく」と右京に託す。

右京の賭け

そこで右京は大きな賭けに出ることにし、内村(片桐竜次)刑事部長に「袴田を警視庁に呼び出して欲しい」と直談判。

結城は証拠となる動画を確認する為にスマホに電源を入れるはず。そしたら場所を突き止め、一気に乗り込む。

だが、動画がないと分かれば誘拐した若槻と新に何をするか分からない。そこで袴田に説得の電話を掛けて貰う。

その間に袴田の関与を立証するしか手はない。

内村は「正義の為だ。思う存分やれ!!」と後押しする。

決戦の時

その後、警視庁に袴田が到着。右京は捜査協力のために会話の録音の許可を貰う。

結城がスマホに電源を入れたので場所を特定。亘たちは急いで向かう。

袴田は結城に説得の電話を掛ける。袴田の心変わりに結城は「警察が関与している」と感づく。

右京は結城に「今、認めなければ全てを押し付けられますよ」と説得。結城は袴田の関与を認める。

だが、袴田は「殺人犯の言うことなど世間は信じない」と一蹴。

右京「では若槻判事にも聞いてみますかね。僕が昨日お会いした得には元気にお蕎麦を召し上がっていました。」

袴田「デタラメもそこまでいくと傑作だな。死人に蕎麦は食えないよ。」

ここで右京が畳み掛ける。捜査情報は一切外部に漏れていないはず。なのに袴田は若槻は死んだと認識して(思い込んで)いた。

つまり、袴田は自分の口で関与を認めたのだ。そして、この会話は許可を得た上で録音されており、証拠として十分だ。

一方、亘は若槻と新の監禁場所に到着、無事2人を救出する。

まんまとやられた袴田は「警察官ごとに何が分かる…低賃金労働者はこの国の経済を動かすのに必要な存在だ」とのたまう。

右京は「貴方が仰っているのは自分とお友達のことだけでしょうか?誰にでも大切な人がいて、それぞれの幸せがあるんですよ。子供まで何もかも諦めてこの世は自己責任と口にする、それが豊かな国と言えるでしょうか!!」とバッサリ。

こうして一連の事件は終わりを迎えた。

結末

その後、新は聡の元へ。本音を打ち明けて仲直りする。

そんな様子を見た亘はかつての自分と友達との関係を重ねる。

亘には和也という友達がいたが、疎遠になってしまった。和也が転校することになったが、亘は「ずっと友達」というハガキを出せなかった。

今でも亘はそのことを後悔していた。

右京たちの元に全ての記憶を取り戻した若槻もやって来て「どうもありがとうございました」と礼を言う。

元日の夜、右京と亘、峯秋は「こてまり」で乾杯するのだった。

終わり。

【相棒20元日スペシャル】のポイント

  • 湊の正体は労働問題を担当していた最高裁の判事・若槻
  • 袴田は自分に若槻を丸め込もうと秘書の結城に命令
  • 結城ともみ合っているうちに若槻は頭を強打し、記憶喪失に
  • 結城は動画から脅迫してきた遠藤を殺害
  • 右京は最終的に袴田を追い詰めることが出来た

【相棒20元日スペシャル】の感想

太田愛の脚本に感動

【相棒20元日スペシャル】の脚本は太田愛さん。

シーズン17第18話「漂流少年〜月本幸子の覚悟」、第19話「漂流少年〜月本幸子の決断」、シーズン18第19話「突破口」などを担当しています。

太田愛さんの脚本は格差などの社会問題から発展した事件、弱い立場の人々の丁寧な心情が特徴。今回の事件でも非正規労働者、諦めるしか無い少年など現代社会の歪みを描きました。

そして、最後は一筋の希望を描いてくれます。

「身近な幸せとか人情がテーマみたいなの、昔の相棒思い出して良き」、「子供絡みのストーリーは太田愛さんの独壇場」、「糾弾する流れに収束したな。信じてましたよ」など太田愛さんの脚本を絶賛する声が上がりました。

一方、亘の姉・由梨が登場。亘を「わーくん」と呼び、可愛がっていたようです。これにはさすがの亘もタジタジ。

更に亘の過去が。仲違いしまま別れたと思われる親友のカズヤは最終回の布石となるでしょうか?

【相棒20元日スペシャル】の視聴率

【相棒20元日スペシャル】の視聴率は14.5%でした。

次週予告

次回の【相棒20】は右京が埋蔵金ハンターに転身!?

2週休んでの2022/1/19(水)21:00~の放送をお楽しみに。

<<10話「紅茶の美味しい喫茶店」 12話「お宝探し」>>

2021年秋ドラマ
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】

コメント

  1. HarryHarry より:

    コメントありがとうございます。以下、自分の推測になります。

    結城は撮影された直後にメール等でマメさんに動画(音声)が送られた、元の動画は新のスマホに入っている、と思ったのではないでしょうか?

    また、マメさんに脅迫された時にある程度は出どころの探りを入れた、とも考えられます。

    どの道、描写が甘いとは思いますが。

  2. 太郎 より:

    結城が新のスマホにその動画が入ってるって思っているのがおかしいと思う
    だってもし新のスマホで撮影したのならその撮影直後に結城が拾ったわけだし、マメさんにその動画を渡すことは不可能じゃない。なんで、新のスマホで撮影したって思ったんかな?