【24 JAPAN/日本版24】最終回のネタバレと感想!日本オリジナルの結末にモヤモヤする!

【24 JAPAN/日本版24】最終回のネタバレと感想!日本オリジナルの結末にモヤモヤする!

獅堂()暗殺に失敗したと知った水石()の次の手は!?

家族との対面を目前にした六花()に最大の危機が迫る!

日本版オリジナルの結末に「モヤモヤする!」と批判の声が…。

この記事のポイント
  • 【24 JAPAN/日本版24】最終回のあらすじネタバレ
  • 視聴率
  • 感想

ADVERTISEMENT

【24 JAPAN/日本版】最終回のあらすじ

【24 JAPAN/日本版】最終回/24話のあらすじです。午後11時から12時までの出来事が描かれています。

美有(桜田ひより)が脱走成功、保護される!

美有(桜田ひより)救出に港に向かう獅堂(唐沢寿明)。美有は果敢に逃げ回り何とか生き延びていた。美有を発見できずに焦るアンドレ。ビクターは、獅堂は娘がいると信じて絶対やってくると確信している。道路に出た美有は通りすがりの車を止めて助けを求める。

朝倉家では、朝倉遥平(筒井道隆)が死んだという誤報はまずい、隠し通せないと麗()に迫る。いつまで国民を騙すのかという遥平に、大事なひとりの国民の命がかかっている。命にはかえられないときっぱり。遥平は長田(綾田俊樹)に援護射撃を頼むが長田は巻き込むなと拒む。

CTUでは水石チーフ(栗山千明)がマイロ(時任勇気)に指示を出す。これまでの情報をまとめて公安と情報共有するとマイロ。鬼束()が様子を見にくる。臨海水上警察の松岡巡査部長から電話が入る。美有を保護したという。美有と話す鬼束。美有は、獅堂が美有を探しに来て殺される。自分が助かっていると連絡してくれと頼む。美有を保護した警官からアジトの場所を湾岸北11A地区と特定し、応援部隊を送る。

美有の無事を知らない獅堂は、港のドックに行き、アンドレに美有の身柄を要求。美有の声を聞くまでは応じないとするが、アンドレは麗が無事でいることを知っていた。アンドレは獅堂は来ないというが、ビクターは獅堂は必ず来ると揺るがない。

獅堂は水石に電話してCTUにはもう1人スパイがいる。アンドレが麗の無事を知っていたからだ。CTUで麗の生存を知っているのはほかに中曽根本部長、鬼束支部長、南条、マイロの4人だ。獅堂は内通者の招待をつかむように指示する。自分を犠牲にして美有を守ろうとする獅堂に、水石は美有の無事を知らせなかった。

長田は麗と話す。誠実な気持ちで率直に話すのが麗の得意技だろと長田。自分自身の本来の姿が今日1日ではっきり見えたはず、政治家としても人間としても。すぐにテレビを確認してとスタッフから連絡が入る。テレビでは麗の死は誤報だったと報じている。なぜリークしたのかと遥平に抗議する麗。今すぐ会見すべきという長田。君のことを考えて…という遥平を黙らせると麗は出て行く。ニュースを見て心配する夕太と日奈。

獅堂(唐沢寿明)、水石(栗山千明)の嘘に復讐の鬼と化す

CTUではマイロと南条が、携帯に仕掛けられた爆弾について調べている。その様子をうかがう鬼束。六花(木村多江)に、美有がもうすぐ到着すると報告する南条。ほっとする六花。

水石はアンドレに美有の保護と援護部隊2チームがアジトに向かっていることを報告。アンドレは獅堂暗殺は諦めて急いで国外へ逃げようというが、ビクターは水石に「獅堂に美有は死んだ。水死体が上がった」と伝えろと命令。水石は確実に獅堂を殺して、そうじゃないと自分の正体がバレると言う。ビクターは獅堂は必ず来る!と断言する。

南条は六花に美有の無事を知らせたと告げる。マイロが内通者の存在を南条にほのめかす。

水石チーフから美有の死を告げられた獅堂はしのび泣き、怒りと復讐心に燃える。娘を殺された気持ちは俺がいちばんわかっている、必ず獅堂は来ると断言していたビクターのもとに、獅堂は車で突っ込んでいく。激しい銃撃戦の末、アンドレを射殺。獅堂は車で逃げようとするビクターとその手下も皆殺しにする。

【24 JAPAN/日本版24】最終回のネタバレ

【24 JAPAN/日本版24】最終回のネタバレです。閲覧ご注意を。

六花(木村多江)のよけいな勘ぐり

朝倉麗(仲間由紀恵)は誤報撤回の記者会見を開催する。「説教でもしにきたのか」と長田にからむ遥平。今回のことで言えば、遥平は結果的に正しかった。会見の後、麗は遥平と話したいと言っているという。今ならまだ修復が可能かもしれない。今回は遥平から折れろと忠告する。

CTUでは鬼束(佐野史郎)がビクター一味を壊滅させたと報告。駆け寄る六花(木村多江)に獅堂の無事と美有がもうすぐ到着すると報告する。水石に礼を言おうと探す六花。

水石は獅堂の暗殺失敗を知り、証拠隠滅と逃亡を企てていた。不審に思い声をかけてきたスタッフを容赦無く射殺する。どこか外国に電話かけ、正体がバレそうだからすぐに脱出したいという水石。

そこに鬼束の説明に納得がいかない六花が水石に確認しにやってくる。水石は英語で誰かと話していた。六花には獅堂も美有も無事だと伝え、仕事があるとテリーに伝えるが、六花は水石がまだ獅堂に未練があるのでは?と勘ぐる。水石はテロ事件が解決したら別のオフィスに移るつもりだと言って安心させる。しかし水石の電話中、水石が殺した警備員の血に気づいた六花は逃げようとするが、水石に感づかれて拘束されてしまう。

その頃、獅堂は臨海水上警察が発見した美有の遺体を引き取りたいと申し出るが、そんな事実はない。ようやく水石にハメられたと気づく。必死に証拠を消す水石。獅堂は鬼束に電話して美有の無事を確認すると水石が内通者だ、拘束しろ、水石は美有が殺されたとして自分をハメようとしたと報告する。

その頃、六花は水石によって拘束され、証拠隠滅のために部屋に爆弾を仕掛けられていた。

獅堂は水石がスパイである証拠として、菫(朝倉あき)が殺されたときの監視映像を手に入れる。その映像は今朝一度水石によって削除されていたが、獅堂は秘密のコードで復活させる。

朝倉麗は遥平を呼び出して三行半を突きつける。話し合うべきだと思っているが少し休みたい。明日にしようと遥平。後から振り返ればすべて君のためだとわかるはず。そんな遥平をただ哀れだと言う麗。あなたは総理大臣の夫としてふさわしくない。今日で終わりにしようと言う。そんな言葉で引き下がれない、僕なしでこれからどうする?と迫る遥平だが、出て行く麗をSPが守る。

内通者・水石(栗山千明)が逃亡をはかる

獅堂は水石が菫(朝倉あき)の手首を切り殺害した映像を入手。鬼束に送り、水石を拘束しろと叫ぶ。他国との関わりの証拠を急いで消していく水石は、爆弾を作動させる。どこかの国のボスから「ここに繋がる証拠はすべて消せと命じられる。

まだ未練があるんじゃない!? いい家族みたいなふりして笑っちゃう。別れよう、幸せな奥様…と嫌らしい言葉を六花に投げかける水石。

鬼束は水石が内通者だった、お前も騙されていた、目を覚ませ!と南条につかみかかる。

水石を探すCTUのスタッフたちだが、水石を見つけると容赦なく射殺される。マイロはデータ上で水石を探すが、監視カメラのデータも水石が書き換えている可能性が否めない。恋人の正体に信じられない思いの南条もうろたえながら協力する。

水石は駐車場から脱出を試みるが、戻ってきた獅堂に阻まれる。水石は、自分が死んだら真実は闇の中。私のボスはビクターではない、ただ仕事をしただけだという。

お前のせいで何人死んだと思っているんだ!と叫ぶ獅堂。獅堂のためにもたくさんの人が死んだと水石。

駆けつけた鬼束と南条に諭され、獅堂は水石を殺すことは諦める。水石を逮捕したのは恋人・南条だった。

美有と再会して抱き合う獅堂。ママと一緒に3人で帰ろう、と六花を探す。しかし六花は水石がデータを消去していた部屋にいて、そこには爆弾が仕掛けられていた。

スマホの特殊機能を使い、爆弾のタイマーを止める獅堂。爆発直前で止められた、と安心して六花を抱きしめようとするが、六花は水石に胸を撃たれ、すでに死亡していた。

みんな俺のせいだ…。すまない…。後悔の涙を流す獅堂

しかし止めたはずの爆弾タイマーがなぜか再起動する。六花を抱いて避難する獅堂だが…。

獅堂の六花への愛

爆発後、しばらくして獅堂が目を醒ます。隣りには六花の遺体。獅堂は六花に手を伸ばし、「一緒に帰ろう」と声をかけると意識を失った…。

【24 JAPAN/日本版24】最終回の視聴率

【24 JAPAN/日本版24】最終回/24話の視聴率はわかり次第お知らせします。

【24 JAPAN/日本版24】最終回/24話の感想

【24 JAPAN/日本版24】最終回/24話の感想です。

栗山千明の「悪い顔」「豹変ぶり」が最高!

一瞬で悪女へと豹変する水石チーフ=栗山千明の“悪い顔”に最高!の声が上がりました。豹変ぶりがすごい迫力でしたね。

六花(木村多江)と獅堂(唐沢寿明)は死んだのか!?

日本版オリジナルの終わり方となりましたが、「モヤモヤする!」という感想が目立ちました。

「日本版はオリジナルの結末と違う。これもアリ」という唐沢寿明のコメントを読んで、日本版ではハッピーエンドにしてくれるのかと思いきや、まさかのモヤりエンド!

六花は原作同様亡くなったと思われますが、獅堂も死んだのか!? 余韻を残した終わり方なのかもしれませんが、曖昧表現にイライラしたりモヤモヤしたり…。

原作ファンでもありますが、半年間ずっと「オリジナルと違うハッピーエンド」を勝手に期待して観続けただけに、この中途半端な終わり方には不満とモヤモヤが残りました。

アメリカ版の原作シリーズを観ていても思ったのですが、テリー/六花の死は、機密組織なのに六花を野放しにウロウロさせていたCTUの責任です。

たくさんの機密情報を持っている組織なのに、班長の奥さんだからって一般人が自由にウロウロしすぎ(苦笑)。

水石が内通者、つまりテロリストの一味なのに、丸腰で探しに行かせるとか無防備すぎる。

せっかくの日本版オリジナルの結末だったので、この辺は改善した上で納得できる結末にしてほしかったですね。

【24 JAPAN/日本版24】の動画配信は?

【24 JAPAN/日本版24】の動画は、配信スペシャル版としてTELASA(テラサ)で配信中!

コメント

タイトルとURLをコピーしました