2021年春ドラマ
番組情報まとめ
2021年冬ドラマ
視聴率ランキング

【澪つくし】124話のネタバレと感想!英一郎の夢と弥太郎の旅立ち

【澪つくし】124話のネタバレと感想!英一郎の夢と弥太郎の旅立ち!

久兵衛(津川雅彦)の心配の種、英一郎(鷲生功)には壮大な夢があった。

弥太郎(明石家さんま)は年季奉公明けの早苗(速川明子)をおいかけて…。

【澪つくし】124話のあらすじネタバレと感想について!


ADVERTISEMENT

【澪つくし】124話のあらすじネタバレ

【澪つくし】124話のあらすじネタバレです。

英一郎の壮大な夢

昭和8年12月23日、天皇家に皇太子殿下が誕生した。日本中がお祝いムードに。

坂東家の帝国憲法第2条に皇位は男子がこれを継承すると定められている、坂東家もそうだ。英一郎が継承すると久兵衛。

英一郎の嫁は自分が選ぶという久兵衛に、好みが違うと英一郎。

英一郎には夢がある。醤油のおいしさを世界に広めたい、満州の大豆を研究したいなどと考えているとかをる。梅木も興味があるというが、輸入物には断固反対する久兵衛。

しかし試験的にやってみるのはいいと思うという。

弥太郎が早苗を追いかける

広敷では竹田や今西に弥太郎が漢字を聞く。どうやらラブレターを書くらしい。

洗濯物を干していたツエは、前掛けに入っていた手紙を発見。その夜、待ち合わせ場所に行くと、弥太郎が来ていた。互いに「何しに来てる」「邪魔だ」とする2人。実は、早苗の前掛けに手紙を入れたはずの弥太郎と、間違えてもらった手紙にときめいたツエだった。

久兵衛に呼ばれた弥太郎。ヨーヨーを教える。性懲りもなくまた女中に手を出したとして今日限りクビだと宣告する久兵衛。

弥太郎は餞別の代わりに早苗をくれと言い出す。久兵衛は、早苗は年季奉公を終えてさっき旅立ったという。弥太郎に餞別=退職金を渡し、そのためにクビにしてやった、早苗を幸せにしろと言う。

入兆を後にする弥太郎を見送るかをると神山たち。

銚子駅に早苗を追いかける弥太郎。「酒もけんかも松岸もやめる」と叫びながら早苗を探す。

早苗の声に窓から列車に乗り込む弥太郎だった。

【澪つくし】124話の感想とまとめ

やさしいだけが取り柄で、なかなかビジネス的な成果をあげられない英一郎。

かをるはいつでも英一郎の味方です。英一郎がかをるのよき理解者であるとともに、かをるも英一郎のいちばんの理解者なのです。

何かとトラブルメーカーだった弥太郎は、結局女中の早苗について行きました。

次に弥太郎が出てくるのはどんなとき!?

123話◀︎ ▶︎125話

澪つくし
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】