2021年冬ドラマ
番組情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【ごくせん2期】5話のネタバレと感想!タケの決闘回、 ヤンクミの啖呵に号泣!

【ごくせん2期】5話のネタバレと感想!

【ごくせん2期】5話が12/28(月)に再放送されました。

5話はタケ(小池徹平)の愛する人を守るための決闘回です。ヤンクミ(仲間由紀恵)の啖呵に視聴者号泣!?

今回は【ごくせん2期】5話のネタバレと感想を紹介します。

【ごくせん2期】5話のネタバレ

【ごくせん2期】第5話のあらすじネタバレを紹介します。

サブタイトル:「大事なのは、心の強さだ!!」
初放送日:2005年2月12日(日本テレビ)

タケ(小池徹平)が片思い

バレンタインデーが近づき、黒銀学院3年D組の面々はチョコレートゲットをめざして盛り上がる。バレンタインデーをバカにしていたヤンクミこと山口久美子(仲間由紀恵)も“恋の勝負”に目覚め、九條(谷原章介)に手作りチョコを渡そうと決意。

一方、武田(小池徹平)は桃ケ丘女学園の生徒・真希(若槻千夏)に片思い。可憐な容姿とは裏腹に正義感が強く、物おじしない真希。バスで痴漢に遭っている人を助けた真希を見て好きになったという武田。久美子は武田を見直した。

そんな中、久美子の同僚・白鳥ひとみ(乙葉)が強引なナンパ男にからまれる。そこを大江戸一家舎弟の朝倉てつ(金子賢)が通りかかり、ひとみを助けた。ハートの目になるひとみ。

武田は思いを告げられずにいた。武田のために土屋(速水もこみち)が話しかける。真希は、好きなタイプを聞かれて「好きなのは強い男。嫌いなのは弱い男」と言った。喧嘩が弱い武田は落ち込む。

久美子は出勤途中、真希が桃ヶ丘女学園の生徒で、久美子の片思い相手・九條拓真(谷原章介)のクラスの子だと知る。これはもう運命だと浮かれてピンクの服を着る久美子。

真希(若槻千夏)タケの汚い手に怒る

真希のバイト先のカフェにて。武田は今日も話しかけられない。声をかけても、続きをためらっていると「忙しんで」とあしらわれる。しかも常連客の大学生とデートの約束をかわすのを目撃。

武田は、土屋(速水もこみち)と日向(小出恵介)にある作戦を頼む。それは2人が不良役になり武田が真希を助けるという古典的な騙しだ。

真希のバイト終わり、土屋と日向が真希と大学生に襲い掛かり、武田がやってきたが、すぐに土屋たちは倒された。大学生は大学ボクシング部所属だった。

真希は、翌日、黒銀学院に乗り込む。武田たちの汚いやり方に腹を立ててビンタ。「タケはあんたに惚れてんだよ」と土屋が弁解するが、「あんたみたいな弱虫大嫌い。もう私に近づかないで!」と言い放って去る真希。

大事なのは「心の強さ」

事情を聴いた久美子は、武田を叱った。「人を好きになるってもっとまっすぐなものじゃねえのか。ダチまで巻き込んで最低じゃねえか」

武田:「ずるいことでもしないと彼女に振り向いてもらえねえんだ」

久美子は武田をぶっ飛ばして、「ふざけたこと言ってんじゃねえ!汚いことしていいわけねえだろ!甘ったれんのもいいかげんにしろ!お前が弱いのは力が弱いからなのか、そうじゃねえだろ、大事なのは力の強さじゃない。心の強さだろうが!正々堂々相手に向かって行くこともできねえやつが半端な思いで人のこと好きになってんじゃねえよ」

武田は教室を飛び出す。久美子は土屋と日向も汚いことへ協力したことを叱責した。

久美子は九條にも謝って、真希をあきらめるようにとくぎを刺される。

武田は、道端でぶつかったチンピラにからまれる。久美子が発見したが助けることなく、武田は「すみませんでした」と平謝り。「弱っちいやつだな」と罵倒された。久美子は「明日学校こいよ!!」と声をかけた。

自宅にて。久美子は祖父・龍一郎(宇津井健)に相談。「その生徒に乗り越える力があるからだ」という祖父に、「あいつは優しいやつなんだ」という久美子。龍一郎は「その優しさを強さに変えられるよ」と告げた。

タケ(小池徹平)の戦い

武田は、あの大学生・奥寺(高杉瑞穂)が4をかけていて、真希のことは遊びだと笑って話しているのを聞いてしまう。「ちょっと待ってよ!」武田は勇気を振り絞って言った。「ふざけんな!本気じゃねえなら彼女に手を出すな。彼女を傷つけたら許さねえぞ」

武田は奥寺とタイマンで勝負をつけることになる。久美子たちはその件を真希のカフェで聞いてしまい、決闘場へ走る。真希と九條も駆け付けた。

河原にて。竜と隼人は加勢しようとするが、久美子は止めた。「これはあいつの戦いなんだ!

何度倒れても立ち上がる武田。真希は、竜と隼人たちから奥寺が自分を騙していることを聞く。奥寺から真希の手を引かせるため、真希を守るための決闘だった。

何度も起き上がる武田。久美子が奥寺のパンチを受け止め、「勝負はついてるだろ」と奥寺に告げ、武田に「よくやった。立派だったぞ。昨日は殴ってごめんな」と声をかけた。

久美子は武田の担任だと名乗り、奥寺は「弱い生徒を持つと大変だな」と笑う。「逃げずに最後まで頑張ったこいつのココ(胸)はめちゃくちゃつえーじゃねえかよ。お前なんかよりずっとつえーんだよ!」久美子は言い放つ。

さらに久美子は九條に「こいつの恋を応援したい」という。九條も同意した。

バレンタイン当日。久美子はてつを始め、大江戸一家みんなにチョコを渡した。が、みんなももらったことをてつに黙ったおくことにした。

ひとみは思い人に会えないことを嘆いた。

久美子は3Dのみんなにもチョコを渡す。形はいびつだが味はいけた。

武田は、真希から「深い意味ないよ。ただのお礼」といわれてチョコをもらう。やったあ!!!!武田は喜んだ。

久美子は九條にもチョコを渡した。3Dの生徒たちにからかわれたため、怒った久美子は生徒たちを追いかけまわした。(つづく)

【ごくせん2期】5話の感想

【ごくせん2期】5話のネットの反響・感想は…

第5話は、タケ(小池徹平)がメイン回。そして、ヤンクミが本当に強いとは何かを教えてくれる回でもあります。もう、視聴者号泣です!

しかし卑怯なことをしてまで振り向いてもらうなんて…タケ何やってんだって思ってしまいます。

ヤンクミの言葉で、真っ向勝負をする武田。かっこよかったです。手を出さない竜と隼人たちも。

コミカルで、熱いドラマな【ごくせん】。教師が生徒にビンタって今出来ないのかもしれないですが…

刑事・医療ドラマ全盛の今、とても貴重な青春学園ドラマです。ぜひ中高生にも見てほしいですね。

4話<<5話>>6話

当記事アイキャッチ画像出典:https://mantan-web.jp/article/20201224dog00m200043000c.html

あらすじネタバレ
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】