2021年冬ドラマ
番組情報まとめ
2021年冬ドラマ
視聴率ランキング

【特別広域追跡班】後編のネタバレと感想!本編終了後の後日談も!

【特別広域追跡班】後編のネタバレと感想!本編終了後の後日談も

後編では逃亡者を追う中で多くのことを学んだ鴨井航(三浦翔平)が大勝負に出ます。

そして、【逃亡者】本編では描かれなかった事件の後日談も語れます。逃亡者のその後はどうなったのでしょうか。

今回の記事では【特別広域追跡班】後編のネタバレと感想をお伝えします。

※本編の結末など重要なネタバレも含みます。

【特別広域追跡班】後編のネタバレ

鴨井の焦り

妻殺害容疑が掛かり逃走している加倉井一樹(渡辺謙)と捕らえるために特別広域追跡班チームが投入された。

その一人でFBIの研修を受けた鴨井航(三浦翔平)は科学捜査をしようとするも上手くいかず、叩き上げの班長・保坂正巳(豊川悦司)に認められることはなかった。

捜査前、警視庁にあるカフェで焦り、イライラしならがスルメを噛んでいる鴨井の下に近藤俊也(藤本隆宏)、高田栄太(岩男海史)、新人の永峰(黒木ひかり)、小倉(駒木根葵汰)らメンバー達がやってくる。

スルメを弄られてしまうが鴨井は「噛むことで脳に血液がまわり、集中力アップとストレスも軽減される」と意地になる。

そんな中、一樹の新たな足取りが判明する。友人の宮島(杉本哲太)を頼った後、変装して病院に潜入して義手をもつ人物のデータを集めていた。

保坂は前科がある人物に絞り該当する人物と接触、一樹よりも先回りするように命じる。

そんな保坂を見て柏木弥生(原沙知絵)は「2人は似ているのかもしれない」と呟く。

今いる場所で

保坂は該当者の男で今は製紙工場で働いている吉崎(津田寛治)から話を聞く。事件発生時は大阪にいて無関係であったが缶コーヒー片手に込み入った話をする。

  • 吉崎には昔、惚れた女がいた
  • その女に力を見せたく、なんでもできる気がした
  • 女の悪い仲間に唆されて強盗をしてしまった
  • 警官に銃で撃たれて技手となってしまった
  • 出所後、女は現れることはなかった

「勝手に思い込んで人生変えちゃって、情けないっすね」と吉崎。鴨井にもなんとなく分る気がした。

ーーー5年前ーーー

鴨井は研修時代から将来を期待されていたエリートだった。共感の柏木が問い掛ける。

柏木「警察官の本分は何だと考える?」

鴨井「真実を追うことです。」

柏木「その為には出来る努力は何でもして強くなりなさい。」

鴨井「はい!!」

ーーーーーーーーー

それから鴨井は強く真っ直ぐな柏木を目標にして追いかけていたが空回ってばかりと感じていた。

同僚が吉崎に手伝って欲しいと仕事を頼む。吉崎は腕を失って力仕事は出来ないでいたが、代わりに手先の器用さを頼りにされていた。

昔には戻れないが今いる場所で懸命に生きている吉崎を鴨井は見送るのだった。

チームとして

その後、鴨井はチームのメンバーに新しいAIを用いた認証システムを提案する。これがあれば防犯カメラの小さな映像からも一樹のことを瞬時に見極められる。

だが、その為には一樹に関する膨大なデータが必要で鴨井は「集めるのを協力して欲しい」とメンバーに頭を下げる。近藤、高田らも承諾してシステムの構築を急ぐ。

柏木は保坂から呼び出され宮島とただならぬ関係である松崎(稲盛いずみ)を当たることになり、一樹の追跡は鴨井に任せる。

最後の大勝負

その後、ついに顔認証システムが完成し監視カメラから一樹の場所を特定することが出来た。後は移動先を予測して先回りするだけだ。

予測先はあまりに多く、単純な確率だけで決めるのは危険だ。「一樹が真実を見つけるつもりならば友人の宮島を頼る可能性もある。」と鴨井はAIの予測だけではなく、一樹の感情も考慮する。

宮島は大磯(宇梶剛士)も関係しているオリエンタル製薬のビルでスピーチをしている。そこに大磯が持っていた小切手から宮島の指紋が検出されたと連絡が入る。

鴨井「逃亡するためじゃない、宮島を追っているんだ。」

メンバー達は真実に気づきすぐさま保坂に連絡を入れる。現場に急行、保坂の活躍で宮島と一樹は無事に確保され、特別広域追跡班チームの戦いも決着がついた。

これからのこと

2週間後、警視庁のカフェで一服する鴨井の元に柏木がやってきて逃亡劇のその後を話す。一樹の冤罪が認められる運びとなったとのこと。

そこに他のメンバーもやってくる。鴨井は活躍が認められてICUへの出向が打診されており、メンバーが囃し立てる。

だが、鴨井は断るつもりで日本で優秀な刑事たちの経験と勘を学び、より科学捜査を進化させることを目論んでいた。

そんな中、特別広域追跡班チームに新たな任務が下り、鴨井は向かうのだった。

【特別広域追跡班】後編の感想とまとめ

後編では鴨井と特別広域追跡班のチームワークが描かれました。

鴨井は人と接する中で大切なことを学び、チーム一丸となって戦うのはやはり熱いです。(本編を見ていることが前提なので終盤が強引でしたが。)

事件の後日談

そして、スピンオフの方で事件のその後が語られました。一樹の無罪が認められ、彼の命がけの戦いも報われました。

本編の余韻を残した終わり方もいいですが、大元を解決してくれるのはスッキリとします。

【特別広域追跡班】後編の関連記事

逃亡者(テレビ朝日)」配信情報
【逃亡者(テレビ朝日)】は TELASA(テラサ) で配信中です。

さらに第2夜の放送後、主演・ 三浦翔平のスピンオフ【特別広域追跡班~ヒトリヨガリの科学捜査官~】も配信予定です。

全て2020年12月4日(金)の情報です。最新の配信状況、価格については公式サイトをが確認ください。

前編<<

スペシャルドラマ ネット配信
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】