2020年夏ドラマ一覧2020年秋ドラマ一覧

【半沢直樹2】8話の視聴率とネタバレ!マモのマモが謎のトレンド入り!

半沢直樹2-08
©TBS

【半沢直樹2】8話の視聴率とネタバレ!

堺雅人主演のTBS日曜劇場『半沢直樹』シーズン2・第8話が2020年9月13日に放送されました。

放送後、「マモのマモ」が謎のツイッタートレンド入り!宮野真守さんより話題!?

今回はドラマ【半沢直樹2】8話の視聴率とネタバレなどについて。

スポンサーリンク

【半沢直樹2】8話の視聴率

『半沢直樹』シーズン2/第8話の視聴率は、25.6%!

番組最高を更新しました。

(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区、リアルタイム、世帯)

【半沢直樹2】8話のあらすじネタバレ

前回、半沢(堺雅人)は、「タスクフォース合同報告会」で、開発投資銀行と共に債権放棄の拒否を宣言した。

半沢は花(上戸彩)から智美(井川遥)が元銀行員で、かつて中野渡頭取(北大路欣也)の部下だった過去を聞く。

大和田(香川照之)VS 紀本常務(段田安則)

政界のドン・箕部幹事長(柄本明)は中野渡頭取と会い、「頭取。政府と銀行、共存共栄。持ちつ持たれつでやっていこうじゃありませんか」と迫った。

その後。東京中央銀行・役員会にて。大和田(香川照之)紀本常務(段田安則)を常務の座から落とすべく追い詰める。彼が<銀行員生命>をかけて債権放棄の受け入れを提案し、このたび失敗したからだ。

しかし紀本は「私は私の役職を最後まで、まっとうする覚悟です。債権放棄はいまだ決着がついておりません」と言い放つ。

しかも「頭取のためです」と理由を言う。

先の合同報告会が原因で、中野渡頭取に国会での参考人招致の噂がある…
「その責任を取れるのか」と大和田に突きつける紀本。

頭取は情報のネタ元を気にしたが、紀本は明かさなかった。

参考人招致になったら銀行の信用に関わる。

幹部たちは次々と紀本に賛同し、紀本常務の続投が決まった。

カギは箕部幹事長(柄本明)

そんな中、半沢は帝国航空の山久(石黒賢)からタスクフォースの再建草案を見せられた。

すると草案から赤字路線の「羽田・伊勢志摩路線」が撤退リストから外されていた!

伊勢志摩は、ほかならぬ箕部の選挙地盤。建設に尽力した彼の功績を讃え、地元では「箕部空港」とも呼ばれていた。いわゆる忖度で撤退から外された。

カギを握っているのは箕部幹事長だ」と確信した半沢は、あらゆる手段で手がかりを探す。

元番記者などに話しを聞いてもわからない中、金融庁の古谷(宮野真守)に呼ばれた半沢は、黒崎(片岡愛之助)と会う。

黒崎もまた箕部を追っていた。金融庁の管轄に国交省の白井大臣が乗り込んできた屈辱は計り知れない。

黒崎もまた倍返しを狙っていた。半沢は手を引くよう言われるが拒否。

黒崎は「おたくの銀行とも昔から色々と関わってきたみたいね」とヒントをもらした。

田島(入江甚儀)の調べでは過去10年で東京中央銀行から箕部への融資はなかった。

あるならば合併前。半沢や大和田は旧産業中央銀行(旧S)の出身で、中野渡頭取や紀本常務は旧T… 旧東京第一銀行出身。合併以降、頭取は常に旧Tの人間が受け継いでる。

田島が調べると、30年前、箕部がまだ若手議員だった頃に旧Tとの取引があった。運転資金の名目で数千万程度の資金が何度か融資されていた。

しかし明細は機密扱いになっていて役員の承認が必要だった。

半沢・大和田コンビ再び!

半沢は大和田に承認をもらいに行く。大和田は「手を組まないか」と持ち掛けるが半沢は拒否。

大和田は半沢が大嫌いだがバンカーの実力を認め、「私が差し出すこの手は決してお前のためなんかじゃない。頭取のためだ。 どうなんだ半沢。組むのか組まないのか! どっちなんだ!?」と迫った。

半沢「人にものを頼む時に言う大事な7文字をもうお忘れですか あなたは小学生以下ですか? あなたは小学生以下ですか?」
大和田「おね… しゃす」
半沢「おねしゃす? 2文字足りない」
大和田「お願いします! これでいいだろ!」

半沢は東京中央銀行の未来のために手を差し出し、握手をかわす。

箕部議員への融資の明細をみると、融資額は20億! 名目はマンションの建設資金だが、担保が設定され5年後。つまり5年間も無担保のままだった!

しかし箕部のクレジットファイルはどこにも見当たらなかった。

クレジットファイルとは……貸出をしている会社の決算内容や経営者の情報・過去の貸出時の資料など、その会社に貸出を行うにあたり必要な情報を記載した書類をまとめて綴ってあるファイルのこと。

当時の担当は灰谷(みのすけ)だが、 現在は法人部 部長代理だった。早速、灰谷に問い詰めても「旧Tには旧Tのやり方ってもんがある」とかわされてしまう。

旧Tの闇

半沢は東京中央銀行の生き字引・富岡(浅野和之)に会いに検査部へ。

【検査部】は……融資など様々な銀行業務の検査を行う部署。一方で「島流し待機所」と呼ばれ、出世コースを外れた銀行員の出向待ちのポストでもある。

富岡は、半沢が新人で八重洲通り支店に赴任した時バンカーの基礎を叩き込んでくれた人物だった。

合併前の旧Tには表に出せない融資が存在していたという。クレジットファイルを隠すとすれば、不要になった書類の墓場といわれる「書庫センター」だが、全国に7カ所あり各所に数百万の書類があるため、探すのは困難を極める。

そんな中、紀本常務が検査部に来るとの情報が入る。承認後に閲覧している明細の書類を見られてはまずい!

半沢・田島はピンチに陥ってしまう。そこへ福山(山田純大)がやってきて「もうすぐ会議だというのに伊勢島ホテルの書類がなきゃ困るんですよ!」と割り込む。

そして箕部の明細の書類を半沢から受け取って立ち去る福山。

助けられた半沢。福山は「前にあなたに関わったせいで私の出世は遅れてしまいましたが、ある方に救っていただきましてね。その ある方から指令を受けたんですよ」と理由を述べた。

ある方とは大和田だった。大和田がやってきて、福山を使って調べていたことを半沢たちに伝える。

リストには紀本、灰谷、頭取が掲載。さらに荒木、武田。この二人は前の役員会議で 紀本常務の債権放棄案に最初から同意していた人物だ。全員、旧T=旧東京第一銀行の出身者だ。

さらに福山の調べによると、全員、旧東京第一銀行の副頭取だった牧野の部下だった。

牧野治(山本 亨)は、合併後も副頭取に就任。当時ニューヨーク支店長だった中野渡頭取とも親交が深く、ともに新銀行である東京中央銀行のため尽力した。しかし、今から10年前に旧Tの不正融資の全てに関わってたのが牧野副頭取で、責任を背負って自殺した。

牧野の死を悼んで今でも毎年命日の9月6日に集まっている。集まりの名は…「棺(ひつぎ)の会」!メンバーには、牧野の元秘書・新山智美(井川遥)がいた。

大和田の裏切り!?

9月6日。半沢と渡真利(及川光博)は牧野の墓参りに来ていた新山に会う。

休みにしていた新山のお店で、牧野の過去を聞く。ホテルで自害していたのを発見したのは新山だった。

「牧野さんは無実です」と新山。牧野が亡くなったあと、当時の審査部長・紀本の口座に多額のお金が振り込まれてると聞いた、と新山。

半沢は新山に聞いたことを大和田に話すと、箕部議員のクレジットファイルが先だという。半沢はそれなら新山がヒントをくれたと明かし・・・。

福山が食堂(?)で牧野治のデータをタブレットで見ていると、紀本が通りかかり何を調べているのかと問い詰めてきた。

紀本は、大和田の指示だとつかみ、大和田の元へ。上から目線で「いいなさい!」と言われた大和田は頼む態度じゃない! と一括。

施されたら施し返す…というと、常務のポストへの推薦を条件に話を聞き出す紀本。

大和田は半沢を裏切り、半沢が過去の箕部への融資について、小料理屋の女将が持っている牧野の遺書をヒントに、クレジットファイルのありかを突き止めた…と打ち明ける。

紀本は灰谷に連絡し、ファイルが無事か確認するよう伝えた。…あわてて確認に走る灰谷。

遺書を確認するために小料理屋で新山と会っていた紀本。灰谷からファイルは無事だと連絡がきたので安堵した。

しかし半沢が店にやってきた。ファイルの行方は紀本自身が教えてくれた、と種明かしをする。

始まりは福山だ。紀本が毎週火曜は必ず決まった食堂の決まった席でカレーを食べているという福山の(細かい)情報をもとに、福山がわざと牧野のデータをちらつかせてエサをまいた。

エサにひっかかった紀本は大和田のところへ向かい、そして灰谷に隠し場所へ行かせた。

尾行していたのは田島、富岡。灰谷は荻窪西支店という架空の支店にうまく隠していた。

ついにクレジットファイルを入手したチーム半沢。

しかし紀本は棺を開けてどうする!と反論。

半沢「隠蔽は隠蔽を生む。その原因は組織の体質にある。銀行の信用というのはそれを乗り越えたところになければならない! 牧野さんはそう願われていた。あとを継ぐ者として見過ごすわけにはいきません。過去を正してこそ 未来は正しく開かれる。 私は徹底的にやらせてもらいます!」

しかし半沢・大和田に箕部から呼び出しがかかる。

結末

箕部の部屋にて。「やましい金ではない」という箕部。

半沢は牧野の死後に多額のお金がある方に振り込まれた件を追及。箕部の融資に都合をつけたのは牧野副頭取ではなくその方だ、と。

しかし牧野は潔白でないから自殺した、という箕部。秘書の笠松(児嶋一哉)が持ってきたのは牧野の口座!

その口座には何度も高額な金が入金されていた。かつて旧Tが 不正に融資を行っていたと噂のあった会社からの入金だった。

箕部は、牧野副頭取のためを思って伏せていたんだと言う。

このことが表沙汰になれば中野渡頭取へ批判は集中する。東京中央銀行へ業務停止命令が下る。

箕部は金融庁長官に電話で連絡する。公にするつもりだ。

大和田は先に頭を下げたが、半沢は迷った。

箕部の電話「もしもし 宮坂君…実は東京中央銀行のことなんだけど10年前…」

半沢「 幹事長! 大変… 大変失礼いたしました。 申し訳ない 私の勘違いでした」

箕部は電話を途中できった。箕部は「これからも いい お付き合いを」と態度を変えた。

退室後。

半沢はあきらめきれないが、大和田は負けを認めた。そして金融庁の黒崎検査官が異動になることを半沢に伝えた。

・・・金融庁から出てきた黒崎を半沢がまちぶせ。

黒崎は「伊勢志摩ステートを調べなさい」と半沢に伝えた。

そして「私もヤキが回ったかしら。でも、(金融庁が手を引くから)もうあなたしかいないのよ。あなたのことなんて大っ嫌い! だから 最後まで私が大っ嫌いな、あなたでいてちょうだい! 半沢次長!」

黒崎は半沢にあとを託した。(つづく)

【半沢直樹2】8話の感想まとめ

SNSの反響は…

 

 

 

 

「マモのマモ」が謎のツイッタートレンド入り!

マモこと、声優・宮野真守さんの股間が握りつぶされた! という意味なのですが、いったい何のことか一見わからない言葉ですね。笑

大人気キャラ・黒崎の異動もあった第8話。

紀本を見事に騙してしてやったりだった半沢ですが、ラストは箕部に敗北されたやきもきする回でした。

ドラマ【半沢直樹】も残り2回。倍返しを期待しちゃいますね。

【半沢直樹】最終回前の第9話は2020年9月20日(日)よる9時から!15分拡大放送です!お楽しみに!

※当記事の画像はTBS公式サイトより

半沢直樹
この記事が気に入ったら
いいねしよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
【dorama9】