【仮面ライダーゼロワン】41話のネタバレと感想!人類滅亡がトレンド入りし不安に!

【仮面ライダーゼロワン】41話のネタバレと感想!人類滅亡がトレンド入りし不安に!

【仮面ライダーゼロワン】41話では人類滅亡に向けてアークが加速していきます。

それを目の当たりにした滅はどのような結論を出すのでしょうか?。

今回の記事では【仮面ライダーゼロワン】の41話「ナンジ、隣人と手をとれ!」のネタバレと感想などをお伝えします。

 


スポンサーリンク

【仮面ライダーゼロワン】41話のネタバレ

ネタバレ1 人類滅亡に向けて

或人(高橋文哉)は仮面ライダーゼロツーに変身、アークゼロ(CV:速水奨)を撃破する。

或人とイズ(鶴嶋乃愛)爆発した飛電製作所から全てのヒューマギアのプログライズキー(バックアップ)を回収する。そして、滅亡迅雷.netも含めたヒューマギアと人類の夢を叶える決意を改めて固める。

だが、町で大爆発が頻発する。

衛生がある限りアークは滅んでいなかった。アークは都市機能をハッキング、人類滅亡に向けてインフラを次々と破壊していく。

一方、滅亡迅雷.netアジトでは雷(山口大地)と亡(中山咲月)はアークが自分達に指示することなく動き出したことを不審に思っていた。

雷「俺達は用済みのスクラップってことかよ。」

亡「アーク1人で行うのならば私達は何のために存在するのでしょうか?。」

滅(砂川脩弥)だけはアークの指示を待ち続ける。

滅「今は戦略を考えているだけ。アークはいずれ我々を導くはずだ。」

そこに迅(中川大輔)がやってくる。

迅「僕達を利用しているだけ、アークを信じちゃダメだ。」

「夢を持って自分の意志で生きるんだ。」

「或人飛電ならアークを超えられずはずだ。」

滅「ならば敵だ。」

迅は必死に訴えるが滅は聞き入れず、仮面ライダーに変身する。迅も変身して迎え撃つが敵わず、変身解除に追い込まれてしまう。滅がトドメを刺そうとする。

迅「僕を滅ぼすこと。それがアークの意志なの…?。」

滅「これがアークの…いや…。」

滅はこの問いかけに答えることもトドメを刺すことも出来なかった。

ネタバレ2 ヒューマギアと共に

或人、諫(岡田龍太郎)、唯阿(井桁弘恵)は負傷した人々を手当てする。が、人手が足らず追いつかない。

飛電インテリジェンスの社長、垓(桜木那智)の元に或人から指令を受けたイズがやってきて「ヒューマギア事業を再開して欲しい」と訴える。

垓「それは私には出来ない。」

垓は提案を却下する。

垓「なぜならばもっと相応しい人物がいるからだ。」

垓は社長辞任を宣言し後任として或人を指名する。福添(児嶋一哉)ら取締役員達も承認し或人は社長として復帰する。

或人は街中に声明を出す。

或人「私達は今、かつて無い困難に直面しています。」

「原因はアークという悪意ある人口知能の暴走です。」

「だけどヒューマギアの心を信じてください。」

「いつか人とヒューマギアが手を取り合える日が必ず来ます。」

或人はヒューマギア事業を再開し現場に送る。

  • 大工ヒューマギアの最強匠親方(長江英和)
  • 医者ヒューマギアのDr.オミゴト(高橋光宏)
  • 消防士ヒューマギアの119之助(島丈明)

達が人々の手伝いをし徐々に街は平穏を取り戻しつつあった。

諫の前に亡が、宇宙飛行士ヒューマギアの宇宙野郎昴(桑畑亨成)の前に兄である雷が現れる。

ネタバレ3 滅が選んだ道

街の復興の様子を見ながら思い悩む滅についに新たな結論を出したアークからの通信がはいる。

滅「待っていた。」

と喜ぶ滅。だが、

アーク「もうヒューマギアの必要ない。全てを滅ぼす。」

アークはヒューマギアも切り捨て全てを滅ぼそうとしていた。

アークは滅の体を乗っ取り、迅を倒してしまう。そこに或人が駆けつける。

トドメを刺そうとした時、滅がアークに抵抗し阻止する。アークは今度は迅を乗っ取り、仮面ライダーアークゼロに変身して襲い掛かる。

滅「ヒューマギアこそこの星の主。」

「滅ぶのはお前だ!。アーク!!。」

「迅を助けるぞ。アークを超えてみせる!!。」

迅を助けるため滅は或人を手を組むことにする。仮面ライダー滅、ゼロツーに変身してアークゼロを迎え撃つ。

激しい戦闘が続くがゼロツー達はアークゼロを追い詰める。そして、ゼロツーとライダー滅の必殺のライダーキックが炸裂する。

アークゼロは撃破され、迅の体から離れていった。衛生アークは全てのヒューマギアを初期化しようと動き出すが動かない。

すでに昴と雷が手を打っていた。

「あばよ。アーク。」

雷は兵器を使って直接攻撃、衛星アークを破壊する。

人とヒューマギアが力を合わせた勝利を或人は喜ぶ。滅が或人に語りかける。

滅「お前のおかげで夢を見出すことが出来た…。」

「俺の夢は人類滅亡だ!!。」

滅はアークの意志では無く自らの意思で人類滅亡への道を選んだ。

滅「人類の悪意がある限りアークは再び生まれるかもしれない。」

「人類が存在する限り我々ヒューマギアに安息は無い。」

滅は或人にそういい残し、迅を連れて去っていくのだった。

【仮面ライダーゼロワン】41話の感想とまとめ

滅の意志と結論

【仮面ライダーゼロワン】41話ではついにゼロツーとライダー滅が共闘、アークゼロを打ち砕きました。

しかし、和解とは行かず滅は改めて人類滅亡の結論を固めてしまいます。

アークの意志ではなく滅自身の意志、成長の表れでもあります。

  • 人類の善意を信じる或人
  • 人類は悪意とする滅

2人は交わることは無いのでしょうか?。それともこれを打開するのはまた違った結論を出した迅でしょうか?。

ちなみに人類滅亡がTwitterのトレンド入りしましたが、このご時世【仮面ライダーゼロワン】を見ていない人は驚いたと思います。

次回【仮面ライダーゼロワン】42話はアークが新フォルムで復活、さらにイズが流した涙の意味は?。

2020/8/9(日)9:00~の放送をお楽しみに。

特撮
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】