【ケイジとケンジ】8話の視聴率とネタバレ!大事件へと発展の予感も解決は次回に持ち越し!

【ケイジとケンジ】8話の視聴率とネタバレ!

3月5日に放送された桐谷健太&東出昌大W主演の【ケイジとケンジ】の第8話!

児童虐待と決闘罪。二つの事件が結びついて大事件へと発展する前篇!

ここでは【ケイジとケンジ】第8話の視聴率とネタバレ、感想などを紹介します。

ドラマ【ケイジとケンジ】のキャストあらすじ!キントリ並の超豪華出演者たち!
ドラマ【ケイジとケンジ 所轄と地検の24時】のキャストとあらすじ! 2020年1月スタートの木曜ドラマは桐谷健太・東出昌大W主演の【ケイジとケンジ】。中途採用の異色刑事とエリート検事が横浜を舞台に大暴れするバディ物です。ヒロイ...
【ケイジとケンジ】視聴率と最終回ネタバレ!人気の枠に桐谷&東出の正義が挑む!
【ケイジとケンジ】視聴率と最終回ネタバレ! 2020年1月16日スタートのドラマ【ケイジとケンジ】! 『ドクターX』や『緊急取調室』など、高い視聴率を稼ぐドラマの枠でどこまで迫れるか! ここでは、【ケイジとケンジ】...

【ケイジとケンジ】の動画【ケイジとケンジ】は、AbemaTVで全話配信!abemaプレミアムでは見逃した番組や人気ドラマが見放題!

U-NEXTで全話配信予定。31日間無料体験するなら、まずは登録+ログイン!※本ページの情報は1月15日時点のものです。

スポンサーリンク

【ケイジとケンジ】第8話の視聴率

第8話の視聴率は9.4%!

前回より0.3ポイントのダウンです。

【ケイジとケンジ】第8話のあらすじネタバレ

第8話のあらすじ

6歳の少女・三崎笑美(渋谷南那)が保護された。夜間に裸足で街を歩いていたのだ。虐待を受けている可能性があったため、横浜桜木署の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)は笑美と二人で暮らしている母親・三崎真由子(桜井ユキ)に任意同行を求め、事情を聴くが、真由子は虐待を否定!限りなくクロに近いものの、逮捕の決め手となる証拠もなく釈放される。だが、真由子による虐待を確信し、怒りに震える豪太は引き続き、同僚刑事・毛利ひかる(今田美桜)と共に虐待の証拠を探すことに。児童虐待の事案は最初から検察と共同で捜査に当たるため、担当検事となった真島修平(東出昌大)も加わり、まずは笑美に話を聞く。だが、笑美は何を聞かれても無反応だった。

同じ頃、無職の男・加瀬沢太一(三村和敬)がフリーターの段田拳四郎(松永拓野)に暴行を加え、逮捕される。しかも取り調べると、加瀬沢がキャバクラ店員・澤登大介(木村龍)を立会人にして、段田と殴り合っていたことが判明。この供述が事実ならば、全員が共犯の「決闘罪」にあたると考えた刑事課の係長・多胡永吉(矢柴俊博)は、部下の目黒元気(磯村勇斗)桂二郎(菅原大吉)にほかの二人も調べるよう指示する。

ところが…やがて二つの捜査は思わぬ焦点で交わることに。なんと、一見無関係の両事件から“警察と検察を揺るがす大事件”へとつながる“震撼の真相”が浮上する。

第8話のネタバレ

児童相談所に預けられた笑美から虐待の証拠を聞き出そうと何度も足を運ぶ豪太とひかる。しかし、どう接しても笑美は心を開こうとしない。

一方、母親の真由子も虐待を否定し続ける。豪太、修平、みなみは捜索令状を持って真由子の自宅を調べるが虐待の証拠は出なかった。

再び任意の取り調べで、笑美が外に立たされていたという近所の目撃証言や学校側の話を突きつける豪太。真由子はすべてを苦しい言い訳でかわす。それを見ていた修平は検察へ送致させ、自ら取り調べることに。

恒例の送検祝いの席で喜ぶ決闘罪を扱った桂や目黒。しかし、豪太は送検だけでは喜べなかった。

送検された決闘罪側の男たちを担当した日下と持丸はLINEでの果たし状などの物的証拠で追いつめる。

一方、自相へ出向いた豪太とひかる。豪太の大きなリアクションに怯える素振りを見せた笑美に気づく。ひかるが同じ動作をしても怯えなかったことから虐待していたのは男では?と考える豪太。大貫署長に報告すると、情報は樫村部長検事へ。

真由子のスマホデータから削除された写真を見せ、家に出入りする男性・久我山勝也(桐山漣)のことを真由子に突きつけた途端、虐待は自分がしたと認める真由子。

久我山は行方をくらまし、所在がつかめなくなっていた。真由子が久我山をかばっているのは明白だった。進展しない捜査に苛立ち、言い合う豪太と修平。

豪太は笑美に久我山のことを聞き出そうとするが、依然何もしゃべろうとしない。

一方、検事たちは、決闘罪の加瀬沢と段田が妙に澤登をかばうことや、澤登がふと漏らした”グループ”という言葉から警察もまだ把握していない半グレ集団の一味ではないかと考え、署に捜査するよう依頼する。

豪太は久我山と真由子がいっしょに来たという店の証言を得る。真由子が久我山に気を使っていたように見えたという。豪太は真由子が久我山を怖がっていたのではないかと修平に言う。

豪太とひかるは笑美に動物パペットを使って打ち解けることに成功。虐待していたのは久我山で真由子はかばってくれたと証言を取る。早速修平に連絡しあとを託す。

真由子に久我山を好きなお母さんのために我慢していたと言う笑美の証言の動画を見せる修平。「私たちはあなたも被害者だと思っています」とみなみ。笑美をひとりぼっちにしないためにと説得する修平。「久我山は警察が捕まえます。笑美ちゃんは我々が守ります」という力強い言葉に涙を流しながらすべてを話す真由子。真由子は久我山の暴力で支配されていた。

事情を鑑みた修平は笑美のことも考え、起訴猶予処分にした。

半グレ集団を調べていた目黒が「ベイシャークス」という組織の存在をつかむ。強盗事件や行方不明者の事件にも関わっている凶悪なグループらしい。しかもその集団のリーダーはなんと久我山だった!

真由子と笑美はようやく再会し、見送る修平は「あとは久我山をみつけだすことですよ、仲井戸さん」と手を差し出す。がっちりと手を組むふたりだった。

【ケイジとケンジ】第8話の感想とまとめ

東出さんをいじるツイートも見かけなくなりました。中にはこんなツイートも。

実際の事件との類似も感じましたね。

ともあれ、楽しんでいる方もたくさんいました。

いよいよ来週は最終回です。最後を盛り上げる大きな事件が待っているもよう。

記事内画像出典:公式サイト

タイトルとURLをコピーしました