【チート】7話のネタバレと視聴率!ブラック風間俊介に「最高!」「似合わない」と賛否の声


【チート】7話のネタバレと視聴率!ブラック風間俊介に「最高!」「似合わない」と賛否の声

沙希(本田翼)とチートメンバーがやっつけるのは占い詐欺師。

かもちゃんの秘密は何?

安斎役・風間俊介は最高?ミスキャスト?

今回はドラマ【チート】7話の視聴率、あらすじ、ネタバレ、感想、動画配信について!

ドラマ【チート】の動画配信情報
【チート】はHuluで配信中!風間俊介出演作「後妻業の女(映画)」も見放題です!※2019年11月現在の情報です。
ドラマ【チート】のキャストとあらすじ! 2019年秋の木曜深夜プラチナイトFは本田翼主演の【チート】! 本田翼が、アイドルなのに…
【チート】の視聴率と最終回ネタバレ、考察!黒幕は安斎(風間俊介)か蓮見(桐山漣)か!? 本田翼主演の深夜ドラマ【チート】は面白い? …
スポンサーリンク

【チート】7話の視聴率

【チート】7話の視聴率はわかり次第お知らせします。

【チート】7話のあらすじ

今回は占い詐欺のお話です。
マネージャー(清原翔)に「本当のことを言え」と迫られる沙希(本田翼)。

チートの仕事がバレたかと思いきや、加茂(金子大地)を彼氏と勘違いしていただけ。

沙希は、加茂は兄だとしらばっくれる。

チートのオフィスに占いサイトで詐欺に遭ったという野呂昌枝(木崎ゆりあ)がやってきた。

昌枝の被害額は300万円!

“無料占い”というバナー広告から、興味本位で占いサイトにアクセスした。個人情報や自分の悩みを入力して送ると、すぐにメールで鑑定結果が返ってくる。

ポイント購入からポイントでメール占い代金を払うというシステム。

“さらに具体的なアドバイスをと”有料の占いにハマってしまう。

辞めようとすると「今ここで止めたら、あなたに不幸が訪れる」という脅迫まがいのメールがきて、身近に悪いことが起きるようになった。

実は、昌枝と同じように占いで詐欺に遭ったという被害届が多数寄せられていた。

占いを詐欺と特定するのは非常に難しく警察も動けない。

しかし自分も占いを頼りにしていた加茂(金子大地)は「必ず捕まえてみせます!」と意気込む。

ジュエル・トリコと安斎の秘密

警察では蓮見(桐山漣)がラミシステムについて調べていたが、手がかりが掴めない。

加茂(金子大地)は昌枝(木崎ゆりあ)と調査を進めるが、チートのメンバーのことを迂闊に話してしまう。

沙希(本田翼)が所属するジュエル☆トリコは、人気アイドルグループSHACHIのライブに特別出演することが決まった。

沙希とマイ(富田望生)は喜ぶが、ユナ(横田真悠)は音信不通のまま。

蓮見(桐山漣)は、ラミシステムと父親、ナミオカの関係について沙希を問い詰めるが「こっちが聞きたい」と突っぱねられる。

ナミオカの息がかかった会社・ラミシステムの瀬野は行方不明。

安斎(風間俊介)も独自に調べていて情報を蓮見に行かないようにしていた。

蓮見は安斎のデスクを調べるが何もない。

安斎は蓮見がデスクを調べたことに気づく。興味があるのはナミオカだけだという。

ナミオカは実在するのか?と蓮見。

星野を捕まえたとしても騙されるお客がいる限り詐欺はなくならない。

沙希を恨むのはわかるが、仲良くしてやってくれと言う。

占いサイトの会社を追跡!

加茂(金子大地)は昌枝が騙された占いサイトに登録。自腹で10万円をつぎ込む。

加茂が振り込んだ口座を手がかりに美月(福原遥)が占いサイトと関係する会社を突き止める。

それは架空の会社だったが“令和陰陽師占いの館”という占い店舗との関わりが浮上し、客のふりして潜入する加茂。

自称“令和陰陽師”芹沢は、加茂に「とんでもない悪霊がついている」と占う。

祈祷料50万円で悪霊を祓えると言われた加茂は、祈祷の申込書にサインしようとするが、美月と根岸(上杉柊平)が危機一髪止める。

芹沢は、自分は詐欺とは関係ない、店舗も自分で借りたものだと契約書などを見せて否定する。

一方、沙希は安斎にラミシステムにあったというブレスレットを渡していた。

ユナ(横田真悠)を見つけたマイ (富田望生)はユナを引き戻そうとするが…。

【チート】7話のネタバレ

【チート】7話のネタバレです。未視聴の方は閲覧ご注意を。

占いサイトの会社を追跡!

加茂(金子大地)がチートの事務所にいると、ずぶ濡れの昌枝(木崎ゆりあ)がやってくる。

財布を落としてしまい、携帯の充電も切れてしまった…という昌枝に加茂は応対。

詐欺犯は必ず自分が捕まえるという加茂に、昌枝は別の占いサイトにも騙されていた、と告白。

美月たちが調べてみると、前回の会社とは違うようだが、やはり占い店を運営しているようだった。

早速乗り込む加茂。

しかし住所をたどっていくと、それは沙希の父親(池内万作)が占いをしていた場所だった。

チートに戻った加茂がその話をすると食いつこうとした沙希は、電源コードにつけられたコンセント型の盗聴器を発見する。

盗聴器を仕掛けたのは野呂昌枝と判明。

美月たちは、犯人の口座がわかってそれを凍結したと嘘の情報を流す。

昌枝(木崎ゆりあ)の正体は?

昌枝の家に沙希(本田翼)がやってくる。

はい、そこまで!

焦った犯人が銀行の残高を確認したことからIPアドレス、住所を突き止めたのだった。

しかし「私の勝ちね」と不敵に笑う昌枝。

「今から自首したい」と安斎(風間俊介)に電話する。

昌枝はもともと安斎が連れてきた詐欺被害者だったことに疑問を持つ根岸たち。

昌枝をオフィスに入れたときに充電器を貸したことを加茂から聞くと、昌枝が充電器にみせかけた機械で美月や根岸のデータを抜き取ったことがわかる。

美月の「高校生」、根岸の「元探偵」という経歴がウソだとバレる。

その頃、昌枝は安斎のオフィスにいた。

昌枝は安斎の指示で動いたようだ。

「もうひとりにしてもらおうかな」と昌枝を突き放す安斎。

後日、横断歩道で信号が変わるのを待っていた加茂(金子大地)のポケットに占い師・星野稔(池内万作)が紙片を入れた。

横断歩道の向こう側から合図を送る星野。

チートに戻り、その話をする加茂。

星野が入れた紙片には鴨の絵が描いてあったが、それはよく見るとネズミにも見える。

それはネズミ=スパイがいるという星野の忠告だった。

星野が警察に出頭した頃、加茂が「みなさんに隠していたことがあります。僕は…本当は…」と言い出す。

その頃安斎(風間俊介)は昌枝が美月たちの携帯から抜き取ったデータを見ながら「さぁ始めようか…」と不敵な笑みを浮かべていた。

【チート】7話の感想

風間俊介のブラックな安斎役に賛否の声

金八先生の兼末健次郎を彷彿とさせる風間俊介のダークな演技。

「エロい」「最高」という意見と「似合わない」「朝顔からのギャップが・・」と戸惑いの声が上がりました。

【チート】7話のまとめ

かもちゃん(金子大地)は安斎の手下で“ネズミ”なのか?

沙希の父親(池内万作)とナミオカ、ラミシステムと安斎・蓮見の関係は?

毎回かもちゃんが騙されるだけじゃないよ、ということで、全編通しの謎=沙希(本田翼)の父親とナミオカのことがだんだん紐解かれて行きそうです。

そしてかもちゃんが「みんなに告白したいこと」と正体は何なのか?

後半戦からの展開に期待です。

次回「チート」第8話は11月21日(木)23時59分から放送です! お見逃しなく!

アイキャッチ画像出典:【チート CHEAT】公式サイトより

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク