【なつぞら】97話の視聴率とあらすじ! 「狼少年ケン」がトレンド入り!

なつぞらアニメーション編子記事

【なつぞら】97話の視聴率とあらすじ!

広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第97話が2019年7月22日(月)に放送。

なつがテレビ漫画へ進出する97話。なぜか「狼少年ケン」がトレンド入り!?

今回は【なつぞら】97話の視聴率・あらすじ・感想について。

朝ドラ【なつぞら(夏空)】のキャスト相関図とあらすじ!広瀬すず×岡田将生! 2019年度前期・NHK朝ドラは広瀬すず主演の【な…
スポンサーリンク

【なつぞら】97話の視聴率

『なつぞら』97話の視聴率は、20.7%!

(視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区)

【なつぞら】のネタバレ最終週最終回まで! NHK「朝ドラ」こと連続テレビ小説の第100作『なつぞら』が2019年4月~9月まで…

【なつぞら】97話のあらすじ

97話のあらすじ(事前情報)

昭和38年夏、なつ(広瀬すず)は東洋動画の原画担当初の女性アニメーターとなった。風車では、週刊誌に載ったなつの話で盛り上がっていた。そんな中、咲太郎(岡田将生)が、劇団の中で雪次郎(山田裕貴)と蘭子(鈴木杏樹)の仲が噂になっていると口にする。雪次郎が気にしていないか、心配になったなつは部屋を訪ねる。一方東洋動画では、大人気テレビ漫画の影響を受け、社内でもテレビ漫画を製作する班をつくる話が出て…。

出典https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2019-07-22&ch=21&eid=18154&f=4681

97話のあらすじから事前レビュー

夕見子の駆け落ち問題に沸いた第16週。

第17週「なつよ、テレビ漫画の幕開けだ」からは、なつがテレビ漫画の道へ進みます。

といっても東洋動画だけの話しではなく、咲太郎の声優プロダクション関係でもストーリーが進むようです。

雪次郎・蘭子の仲が問題になるそうですが、いったいどうなるのでしょうか。

【なつぞら】97話のあらすじネタバレ

97話のあらすじネタバレ

東洋動画にて

ときは1963年(昭和38年)の夏。なつは26歳で、東洋動画初の原画を担当する女性アニメーターになっていた。

なつは雑誌の取材を受ける。夢は何かと質問も受けた。

なつ「それはもちろん。素敵な漫画映画を作ることです。子どもが夢中で、それこそ夢を見ているように、それを見て、それが大人になってもさめない夢になっていればいいな、なんて思います。今の私が北海道を出て7年。そんな風に子どもの頃の夢を見続けているようにです。」


おでん屋「風車」にて

亜矢美は、なつが取材された雑誌を大量に買い込んでいた。

(※柴田家と信哉(工藤阿須加)にも送る話しの中で、信哉がまだ札幌の放送局にいると判明。)

なつは千遥に伝わっていることを願った。

そんな中、咲太郎とレミ子がやってきた。声優プロダクションは順調で四谷に事務所をかまえていた。

しかし、2人によると、雪次郎と蘭子の恋仲のウワサが劇団内であるという。


雪次郎の部屋

なつは雪次郎の自宅を訪ねた。雑誌の報告に続き、恋の問題について触れた。

雪次郎は「何でもねえんだ。」という。

雪次郎「俺はな。あの人に早く追いつきたい。俺の中に強くある思いは、魂は やっぱりそこなんだわ。なっちゃん…好きだ何だとそったらこと言ってる場合でねえんだ。芝居が好きなように 俺は蘭子さんが好きだ。」

なつは安心した。雪次郎が昔の雪次郎のままだったからだ。


〈東洋動画にて〉

なつが作画課に行くと、みんながなつの(雑誌に掲載された)顔写真をお面のようにして迎えてきた。

その後、作画課課長の仲(井浦新)から、なつ・茜(渡辺麻友)・坂場(中川大志)が会議室に呼ばれた。

1963年1月から、手塚治虫のプロダクションが製作してる「鉄腕アトム」がテレビでヒットしている。

それを受けて、東洋動画でもテレビ用アニメーション=テレビ漫画を製作する「テレビ班」を作ることになった。

なつが原画、茜は動画担当、坂場は演出担当となる。

放送は今年の12月から。企画はコマーシャル班の猿渡(新名基浩)から出たものだ。

題名は「百獣の王子サム」。

猿渡「舞台は架空のジャングルです。そこにライオンに育てられた人間の少年が一人いるんだ。姿形は人間だから、動物たちからは差別を受けるわけね。その少年サムが さまざまなトラブルを解決していって やがては百獣の王の子として 動物たちから認められるようになる。そういう話ね。」

なつと茜は面白そうだと思ったが、坂場は疑問をはさむ。

坂場「仲さんはあれ(=鉄腕アトム)をアニメーションだと認めていますか。僕は少なくとも、東洋動画らしい アニメーションの作り方だとは思えません。仲さんはどう思っていますか」

仲「もちろん、あれはアニメーションではないと思っているよ。」

坂場「それでも作る価値があると思いますか」

なつは「イッキュウさん…」とつぶやく。

ナレーション:なつよ 新しい時代の波が押し寄せてきた。君はその波に翻弄されるのか。それとも乗るのか。

【なつぞら】97話の感想

なつがアニメーターとなった第97話。

「鉄腕アトム」のヒットにともない、東洋動画(モデル:東映動画)もテレビ漫画に進出します。

企画された「百獣の王子サム」は、狼少年ケンとジャングル大帝レオを足して2で割ったような印象ですが、ネットでは元ネタは「狼少年ケン」だと話題に!

Twitterトレンド入りもする「狼少年ケン」は、第1話がYouTubeで視聴できるようです。気になる方は視聴してみては?

・次回98話のあらすじと感想はコチラ

【なつぞら】98話の視聴率とあらすじ! 広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第98話が2019年7月23日(火)に放送。 …

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク