【刑事7人シーズン5】1話のネタバレと視聴率!山下巧(片岡愛之助)がレクター化!?

#1 スペシャルチーム再始動!-”7日連続殺人鬼”からの挑戦状!

テレビ朝日2019年夏のテレビ朝日刑事ドラマ「刑事7人シーズン5」がいよいよスタートしました。

より凶悪な事件に挑む「専従捜査班」が発足され、1話では曜日に見立てた連続殺人に挑み、さらにかつての仲間であった山下巧(片岡愛之助)の参戦します。

今回の記事では「刑事7人シーズン5」の視聴率とネタバレなどをお伝えします。

2019年夏のテレビ朝日「水9枠」の刑事ドラマが「刑事7人」シーズン5に決まりました。 シーズン5というロングランとな…
2019年夏、テレビ朝日水9の刑事ドラマに「刑事7人」が帰ってきます。 新たに発足された「専従捜査班」に加わった主人公・天樹悠…
スポンサーリンク

【刑事7人シーズン5】1話のネタバレと視聴率

【刑事7人シーズン5】1話の視聴率は13・2%でした。

初回視聴率の最高記録更新という非常にいいスタートを切りました。

【刑事7人シーズン5】1話のあらすじ

2019年夏、複雑化・高度化する超凶悪犯罪と難解な未解決事件に特化し、早期解決を目指す、警視庁独自の部署として「専従捜査班」が正式に発足した。
その「専従捜査班」が結成されて間もない金曜日――。ある貸し倉庫で、所轄署の刑事・大貫敦(金橋良樹)の遺体が発見された。臨場した天樹悠(東山紀之)らが目にした大貫の遺体は、口いっぱいに金ぱくを詰め込まれていた。さらに、現場の窓には、同じ金ぱくで書いた『オマエタチハ ムリョク』という、警察に挑戦するかのようなメッセージが残されていた。
「専従捜査班」の一員でもある法医学教授・堂本俊太郎(北大路欣也)が解剖した結果、死因は、生きたまま口に金ぱくを詰め込まれたことによる窒息死ということがわかる。極めて残忍な手口であることから、天樹らは、まず怨恨の線で捜査を進めることに…。
水田環(倉科カナ)の捜査で、被害者の大貫は、強引な取り調べや女癖の悪さ、暴力団とのズブズブの関係で監察にも目を付けられていたことが判明。天樹は、大貫が担当した過去の事件を調べ始める。
翌日の土曜日――。大貫の愛人だったと思われるクラブの経営者・間宮静香(平塚千瑛)のマンションへ聞き込みに行った海老沢芳樹(田辺誠一)青山新(塚本高史)は、ベランダで頭部に巨大な植木鉢をかぶせられた静香の遺体を発見する。青山が植木鉢をどけると、土が遺体になだれ落ち、植木鉢の裏側には『ハヤクキヅケ』と書かれたメモが貼られていた…。
「専従捜査班」の新人・野々村拓海(白洲迅)は、“金曜日に金ぱく”、“土曜日には土”と、曜日になぞらえた殺人なのではないかと言うが、班長の片桐正敏(吉田鋼太郎)は一蹴する。
しかし、拓海の発言が引っかかった天樹は、ひとり調査を行い、警視庁の管轄外で、水曜日に女性の水死体、木曜日に樹木に体を貫かれたタクシー運転手の遺体が発見されていたことをつき止める。
水・木・金・土――、これが本当に曜日になぞらえた連続殺人事件だとすれば、さらに事件は続くのか…!? これ以上被害者を増やすわけにはいかないと、天樹ら「専従捜査班」の面々は、タイムリミットが迫る“日曜日の殺人”を未然に防ぐため、奔走する!

引用:テレビ朝日「刑事7人」公式サイト

【刑事7人シーズン5】1話のネタバレ

捜査開始

堂本の検死によると間宮静香の死因は後頭部を殴られたことによるもの、被せられていた腐葉土はホームセンターなどで簡単に手に入るものだという。

  • 水曜日海岸で発見されたのはセレブ妻・河北
  • 木曜日山中で発見されたのはタクシー運転手・三島

という人物だった。

死亡した大貫の妻に話を聞きにきた水田たち。だが、別居状態で最後に会ったのは一ヶ月も前だったと言う。また、彼女にはアリバイがあった。

その夜、居酒屋で飲みながら事件を整理する天樹たち。もし曜日に見立てた殺人なら明日の日曜日にも事件が起こるかもしれないが手がかりは無く誰が狙われるのかも分からなかった。

日曜日・昼

水・木曜日の被害者との共通点を見つけるために「専従捜査班」メンバーは現場に向かう。

天樹・野々村は千葉県の河北の旦那を訪ねていた。妻とは3年前に結婚したのだがその前の友人関係は一切分からないのだと言う。

一方、水田・青山・海老沢は神奈川の三島の妻を尋ねる。3年前に東京から刑事が「若い女性を乗せなかったか?」と尋ねてきた、そして、夫は「東京には言っていない」としたが様子はおかしかったと言う。

専従捜査班に戻った天樹たちは情報を持ち寄るが3年前ということ以外の手がかりは無かった。行き詰まる中、天樹に東京拘留所から連絡が入る-

「この山下にお任せを」-

再会

「お元気そうですね。」と天樹はかつての仲間であった山下と再会する。暇潰して読んでいた新聞から一連の事件の情報を得ていた山下は3年前のある事件について気になっていたのだった。

3年前の事件

3年前あるホテルでホステスが首を絞められて殺害された。同僚であった加賀皐月(田中美晴)が逮捕され、証拠もあり裁判員裁判で有罪判決を受けた。

加賀は無実を訴えるも適わず、獄中で自殺をしてしまったのだった。

「事件を担当していたのは金箔で窒息死した大貫、さらに警視庁に送られた資料は3人の関係者の名前が改竄されていた。」という山下。

山下「あれさえあれば」

天樹「これですね」

とノートパソコンと山下が事件捜査に使っていたシステム「リトルヤマシタ」を渡す。

改竄される前の資料には

  • 加賀が会っていた友人は海で溺れた河北
  • 加賀が乗ったタクシーの運転手は樹木に貫かれた三島
  • 加賀と被害者が会っていたと証言した目撃者は腐葉土が被せられていた間宮

と今回殺された被害者の名前があったのだった。

日曜日・夜

一連の事件は加賀の冤罪の復讐の可能性が出てきた。

青山達は大貫とともに捜査していた若い刑事を締め上げ、「今は議員をしている本郷健一という人物が弁護をし、証拠は十分だったのでお手上げん状態だった」と情報を得る。

一方、天樹と野々村は当時事件を担当していた検事・渡辺郁夫(小松和重)を尋ね「狙われるかもしれない」と警護を申し出る。

承諾した渡辺だったが、彼に電話が掛かってくる。

思い出の写真

そして、天樹は「人殺し」などと落書きされ廃墟と化していた加賀の家を訪ねる。

そこで見つけたのは一枚の幸せそうな写真

ー回想ー

加賀は婚約者を家に招き、両親と公園で写真を撮っていた。

が、その場で刑事に殺人の容疑で逮捕されてしまう。無実を訴えるも

DNAが付いていたと言う凶器のスカーフ

「友人と会っていた」-「彼女には会っていません」と河北

「タクシーに乗った」-「知らないっすね」と三島

「間違いありません。殺された被害者と会っているのを見ました」と加賀を見ながら証言する間宮

「お前がやったんだろ!吐けよ!!」と大貫からの強引な取調べ

そして、追い詰められた加賀は自ら命を絶ってしまう。

日曜日・夜10時

水田たちはフィットネスクラブで本郷議員を発見し保護することに成功する。

が、渡辺検事が裏口からこっそり出て行ってしまい見失ってしまった。

渡辺はある倉庫に来ていた….突如スタンガンで襲われ鎖で吊るし上げられてしまう。周囲はビニールで覆われ大量のストーブがあった。

「熱い!助けてくれー!!」

と苦しむ渡辺だったが、犯人はカレンダーの「日曜日14」に×を付け去っていく…

月曜日

天樹たちの奮闘も虚しく、渡辺が変わり果てた姿で発見され傍らには「オマエタチニハムリ」というメッセージが残されていた。

死因は熱中症による心臓疾患、犯人は渡辺の持病も知った上でこの方法を取ったのだった。そして、ストーブの電力は屋上の太陽光パネルでまかなわれていた。

「日中に太陽の光を集めて、夜の内に(ストーブで)蒸し殺す」日曜日の見立ては完成してしまった。

犯人への怒りに燃える天樹たちはこれ以上の殺人を止めるべく再度動き出すのだった。

【刑事7人シーズン5】1話の感想とまとめ

山下の再登場!!

1話目からかつての仲間であった山下が再登場しました。

立場は間逆になり簡単には元に戻れませんが、天樹と山下の息はピッタリで信頼関係はまだあるようですね。

獄中に収監された人物から助言を得るという展開は「羊達の沈黙」などのハンニバル・レクター博士が有名ですが、山下はこの先も出番があるのでしょうか?楽しみです。

次回第2話は曜日連続殺人完結編です。

追記

第2話の前に曜日殺人事件を整理し、謎や推理をまとめました。

2019年テレビ朝日水9の刑事ドラマは第5シーズンに突入した「刑事7人」です。 初回から前・後編に渡る大掛かりな「曜日見立て殺…

犯人は?

最後のターゲットは?

3年前の事件の真実とは?

7/17(水)21:00からの放送をお見逃し無く!!

この記事で使用している画像の引用元:テレビ朝日「刑事7人」公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク