【パーフェクトワールド】9話の視聴率とネタバレ!ふたりを繋ぐ脇役の好感度が急上昇!

ドラマ【パーフェクトワールド】9話の視聴率とネタバレ!

6月18日にドラマ【パーフェクトワールド】第9話が放送されました。

やり直すことを決めた樹とつぐみに大きな試練が!

ここでは、気になる第9話の視聴率やネタバレ、感想などを書いていきます。

ドラマ【パーフェクトワールド】の動画
ドラマ【パーフェクトワールド】の全話動画は、U-NEXTで配信!月額2149円。31日間無料体験があります。
ドラマ【パーフェクトワールド】の視聴率一覧と最終回ネタバレ! 松坂桃李と山本美月で送るラブストーリー!障がい者と健常者の愛の形…
スポンサーリンク

ドラマ【パーフェクトワールド】第9話の視聴率

第9話の視聴率は6.6%

前回より0.5ポイントのアップです。

ドラマ【パーフェクトワールド】第9話のあらすじ

地震に遭遇したことがきっかけで”生きることへの執着”が芽生えた高木夫妻の言葉を聞き、いても立ってもいられなくなったつぐみ。自分の本当の気持ちに嘘がつけなくなったふたりは、周囲の人を傷つけることを承知で、洋貴、そして家族に正直な気持ちを打ち明ける。洋貴の元を訪ね、怒りを露わにする。に食い下がる。

ドラマ【パーフェクトワールド】第9話のネタバレ

が事故を起こした現場へつぐみを連れてくる。バスケの練習の帰り、雨の中を自転車で走っていて車にはねられた場所だ。

あの日、雨が降っていなければ・・・

自転車を置いて帰っていれば・・・

いつもの道を通っていれば・・・

悔やみきれない後悔に苦しみ、一日一日を後悔しないように生きようと決めたのに、つぐみの手を離したことを後悔している、と言う

そして、「俺ともう一度やり直してくれませんか?」と正直な気持ちを打ち明ける。同意するつぐみ

事の次第を打ち明けたつぐみは、しおりに引っ叩かれる。「人の信頼を踏みにじってまで幸せになりたいの?」。洋貴を好きなしおりには、つぐみの行動が許せない。

つぐみの実家で、つぐみの誕生日をサプライズで祝おうと元久咲子、そして洋貴が加わり、料理を準備している。洋貴は、婚約指輪を用意していた。しかし、つぐみから東京へ行くから帰らないと連絡が入る。

悟った洋貴は、つぐみより一足先にの元へ行く。からつぐみとやり直したいと告白された洋貴は怒り、「殴らせてもらってもいいかな」と収まらない気持ちをぶつける。しかし、「殴ってくれ、気が済むまで」と目を閉じたに、つぐみが避難所で描いた絵を渡す。そして、幼い頃から好きだったつぐみが、を好きになり、あきらめていたけど今なら勝てると思った。車椅子のを下に見ていたと正直に話す。そんな自分の醜い部分を自分が許せなかったのだった。「これから大変だぞ。周りの人間を裏切ることになるんだからな。誰も味方がいなくなって孤立するかもしれない。それでも絶対別れんな。もしつぐみのことを離したら、今度はほんとに殴るからな」。

「約束する。何があっても二度と別れない。必ず川奈を幸せにする」。

その言葉を聞いた洋貴は、もうひとつ渡したい物があると言って出ていく。


洋貴が帰ると、つぐみがいる。話があるといいながら、なかなか言い出せないつぐみに、一部始終が判っている洋貴は、「婚約破棄して鮎川とやり直したいんだろ!」と強い口調で切り出す。何度も謝るつぐみ。出ていく洋貴には涙が流れていた。


しおりがカラオケボックスで熱唱している。横には晴人しおりの気持ちを知っている晴人は、「告白しないの?」と聞く。しおりは、自分が告白すれば、洋貴つぐみに告白出来なくなり、幼なじみの関係も壊れると言う。「じゃあ今なら言えんじゃん。もう壊れてるんだから。もしだめだったら、俺が受け止めてやる」と晴人


松本へ帰るバスの中で洋貴からのメールを読むつぐみ洋貴はすべてを理解し、最後に「これからもずっとつぐみの幸せを祈ってます」と結んでいた。


を呼び出したは、今月いっぱいでヘルパーの契約を終了すると告げる。「このままだと、お互いいい結果にならない」と。ショックを受けるは、はずっとそばにいてくれ、道を示してくれた恩人だが、がくれる愛情を同じ形で返せないと言う。しかし、離れたくないは、ヘルパーとしていさせてもらうから、と引き下がらない。


つぐみが実家に帰り、元久とやり直すことを告白する。怒り心頭の元久は「出ていけ」と言い残し、話も聞かず出て行ってしまう。


が山中の宿泊施設のリフォームの仕事でひとりで出張することになる。同僚はつぐみに付き添ってもらえば?と言うが、つぐみ高木夫妻の仕事があり、行くのは無理。つぐみに頼んだら?と言うが、こっちの都合で振り回せないと


しばらく出て行ったきりだった洋貴が帰ってきて、心配していたしおりはホッとする。「我慢しないで怒っていいんだよ」と言うしおりに、「怒りより落胆の方がでかかった」と言う洋貴。そんな洋貴を思わず抱きしめてしまうしおり。「私が忘れさせてあげる」とキスしようとするが、それを拒む洋貴。「気づかなくてごめん」言いながら、「しおりちゃんはやっぱり家族なんだよ、今さら違う目で見れない」と言う。「5年後に後悔したって遅いから」と泣きじゃくるしおりの頭をポンポンと撫でる洋貴


を呼び出したつぐみは、の出張へ同行してくれるようお願いする。「万が一の時、対応できるのは長沢さんだけ。行ってほしい」。

つぐみが変わったと言う。つぐみは、変わったのだとしたら、の言葉がそうさせたと言う。

「障がいを日常としてとらえられなければ、いっしょに生きていくことは出来ない」という言葉。


その頃、は何度もつぐみの実家へ赴いた。しかし元久は話を聞くどころか会ってもくれず門前払いの繰り返し。それでも繰り返しつぐみの家に通うだった。


と共に出張で宿泊施設を訪れている。様々な個所で助言を与えるを、出しゃばらず見守っている

つぐみ高木夫妻の現場で仕事。

お互いの経過報告をテレビ電話でしているつぐみ。ふたりのことに話が変わり、「別れることは二度とないから」と言う言葉を聞いてしまう

出張が無事終わろうとする頃、「今日で終わりにするね」と切り出す。「ふたりで試練を乗り越えたことでリハビリはやり遂げたの。出来ることはもう何もない。これからはふたりで支え合って生きていって」そう言うと、を支えることがいつしか自分の生きがいになっていた、助けてもらっていたのは私の方だと言う。

「長い間、本当にありがとうございました。今生きているのはあなたのお陰です。あなたと出会えたことは一生忘れません」と

は笑顔で返す。


バーでひとり呑んでいる。呼び出された洋貴が来る。のヘルパーが終わったことを告げる。傷心した者同士、今度こそ変わることがないと感じている。

「もう別れることはないから、俺たちに出来ることはひとつですね」と洋貴。そんな洋貴元久に反対されているらしいと教える


つぐみの家に来る。いきなり抱きつくつぐみ。その後ろから、泣き顔のの母・文乃が出てくる。慌てるつぐみだが、文乃はふたりのよりが戻ったことを心の底から喜び、応援してくれるのだった。

その夜、ふたりは久しぶりに寄り添って眠った。

翌朝、ベッドからふたりで眺めているのは、つぐみが高校時代に描いた体育館の絵だった。

川奈、俺と結婚してください」

「はい」


あくる日、川奈家に向かったつぐみ

出てきた元久が、「二人で話そう」とだけを連れて歩き出す。その後を付いていく

ドラマ【パーフェクトワールド】第9話の感想

“2人、ほんっとに美しかった😢💓 あと1話とかやだよ。 #パーフェクトワールド”

ドラマ【パーフェクトワールド】第9話のまとめ

主人公のふたりより、洋貴や葵の好感度がアップしていますね。純愛を貫くことが綺麗なのか?周りの犠牲との折り合いはどうつけるのか?そんなことの描き方が難しいドラマです。あまりにも洋貴が優し過ぎて、本人が納得しているのに視聴者が納得できない状況に陥っていますね。

そんなこともあるからか、ツイート数も多かったようです。

さあ、いよいよ来週は最終回。元久の固まった心を何が溶かしたのか?きっと洋貴が何か助け舟を出したのでしょう。気になる最終回を楽しみにしたいと思います。

記事内画像出典公式ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク