2020年秋ドラマ
情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【なつぞら】アニメーション編のキャストとあらすじ!貫地谷しほり・渡辺麻友・中川大志・他

なつぞらアニメーション編のキャスト

【なつぞら】アニメーション編のキャストとあらすじ!

広瀬すず主演のNHK朝ドラ【なつぞら】アニメーション編が第10週(6月3日 )からスタート。

井浦新・貫地谷しほり・渡辺麻友・中川大志・染谷将太ら豪華キャストが集結!

今回は朝ドラ【なつぞら】アニメーション編の気になるキャスト・あらすじを紹介します。(見逃した方はNHKオンデマンド、または無料トライアル特典ありのU-NEXTで。)

朝ドラ【なつぞら】のキャスト一覧・相関図とあらすじ!広瀬すず主演!
朝ドラ【なつぞら】のキャストとあらすじ!2019年度前期・朝ドラは広瀬すず主演の【なつぞら】(夏空-なつぞら-から改題)岡田将生・松嶋奈々子・地元北海道のTEAM NACSメンバーら豪華出演者でおくる話題作!今回は本作『なつぞら』の気になるあらすじ・キャストをご紹介。 朝ドラの愛称で親しまれる連続テレビ小説『なつぞら…
スポンサーリンク

【なつぞら】アニメーション編のキャスト

朝ドラ『なつぞら』アニメーション編の主なキャストは総勢10名。

役柄や出演者プロフィール、さらにモデルと思わる人物も紹介します。

井浦新(役:仲努)

登場人物:仲努(なか・つとむ) …東洋動画アニメーターのリーダー。

・仕事:日本初の長編アニメーション『白蛇姫』(元ネタ『白蛇伝』)の作画監督として活躍。かわいいキャラクターデザイン、繊細な表現を得意とし、みんなから師と仰がれる

・性格:穏やかな物腰で人望が厚い。

・なつとの出会い:第6週第31話で初登場。

  • 兄を捜しに来たなつ(広瀬すず)が、天陽(吉沢亮)の兄・陽平(犬飼貴丈)がバイトをしている「新東京動画社」(東洋動画の前身)を見学させてもらう。
  • その時に、なつにウサギの絵を記念にプレゼント。なつはその絵を大事にし、子ども部屋に貼り続けていた。
  • 少年がまき割りする動きを絵にしたなつ。「この絵にはちゃんと君らしさが出ていた。ちゃんと勉強すればアニメーターになれる」と、なつを“アニメーション”の世界に誘った。

・モデル:森康二(もりやすじ)(東映動画の「白蛇伝」の原画を務めている点などから予想される。)

キャスト:井浦新(いうら・あらた)…1974年9月15日生まれ。旧芸名、ARATA。東京都出身。テンカラット所属。

・代表作に映画『ワンダフルライフ』(主演)、ドラマ『最後の戦犯』(主演)、大河ドラマ『平清盛』(出演)ドラマ『同窓生〜人は、三度、恋をする〜』(主演)、ドラマ『アンナチュラル』(出演)SPドラマ『レミゼラブル-終わりなき旅路-』SPドラマ『BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸』(主演)などがある。

・NHK連続テレビ小説(朝ドラ)は本作が初出演。

貫地谷しほり(役:大沢麻子)

登場人物:大沢麻子(おおさわ・あさこ)…スゴ腕アニメーター。通称「マコ」。

・経歴:美大を卒業後、東洋動画に入社。

・仕事:作画監督の仲をサポートし、現場をまとめる立場。

・性格:クールに見えるが内面は熱くて、誰に対しても物おじしない。社内で孤立することも。

・なつにとっては厳しい先輩。

・初登場は第10週第55話(2019年6月3日)。

・モデル:中村和子(ワコさんと呼ばれていた点。東映動画の「白蛇伝」でもセカンド=第2原画を務めている点などでモデルと予想される。)

【なつぞら】貫地谷しほりの言動に見る働くときに大切なこと/コラム
【なつぞら】貫地谷しほりの言動に見る働くときに大切なこと/コラム!広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』が2019年4月から9月まで放送中。 第54話から登場したのが貫地谷しほり(大沢麻子役)。 【ちりとてちん】ヒロインが朝ドラに戻ってきましたが、気になるのはその言動。 今回は【なつぞら】貫地谷しほりの言動に見る働く…
【なつぞら】57話の感想!貫地谷しほりの怒りは鏡の法則?/コラム
【なつぞら】57話の感想!貫地谷しほりの怒りは鏡の法則?/コラム 広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第57話が2019年6月5日(木)に放送されました。 今回は【なつぞら】第57話の感想に代えて、貫地谷しほり(大沢麻子役)の怒りが鏡の法則ではないか、という考察をコラム形式で論じます。【なつぞら】第57話は、前回な…
【なつぞら】貫地谷しほり(大沢麻子役)登場で面白くなってきた理由/コラム
【なつぞら】貫地谷しほり(大沢麻子役)登場で、面白くなってきた理由/コラム。広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』が放送中(2019年9月まで)。貫地谷しほり(大沢麻子役)が登場して以来、面白くなってきたと評判です。今回は【なつぞら】のコラム(第3弾)、貫地谷しほりの登場で面白くなってきた件について。朝ドラ「ちりとて…

キャスト:貫地谷しほり(かんじや・しほり)…1985年12月12日生まれ。東京都出身。ABP inc.所属。

・主演ドラマに、『キミ犯人じゃないよね?』『あんどーなつ』『おふこうさん』『女くどき飯』などがある。

・NHK連続テレビ小説(朝ドラ)は、第77作『ちりとてちん』ヒロインを務めて以来、2度め。

中川大志(役:坂場一久)

登場人物:坂場一久(さかば・かずひさ)…東洋動画所属の監督見習い。

・仕事:絵は描けないが、アニメの知識は人一倍多く、企画力に優れ、思いもよらないストーリーを考えつく。その一方で要領が悪く、無理難題を言って、アニメーターたちをいつも困らせる。

・なつとの関係:なつも初めは苦手意識を感じている。

・モデル:高畑勲(絵を描かない演出家という点。作品至上主義でスタッフを困らせた点。後輩の宮崎駿とのちにジブリを立ち上げる点などがモデルか。)

キャスト:中川大志(なかがわ・たいし)…1998年6月14日生まれ。東京都出身。スターダストプロモーション所属。

・主なドラマ出演に、大ヒット作『家政婦のミタ』 、主演作 『南くんの恋人〜my little lover』、大河ドラマ 『真田丸』豊臣秀頼 役、青春ドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』天馬役(ヒロインの相手役)など。

・NHK連続テレビ小説(朝ドラ)の出演は、『おひさま』以来、2度目。

染谷将太(役:神地航也)

登場人物:神地航也(かみじ・こうや)…抜群の画力で入社したなつの後輩アニメーター。

・性格:好きなことについて話すと止まらない情熱さを持つ。

・人間関係:坂場一久とはいつも息が合う。

・仕事:歯に衣着せぬ物言いで周囲を圧倒し、既成概念にとらわれない発想でアニメ表現を革新していく。

・モデル:宮崎駿(先輩の高畑勲とジブリを立ち上げた点などがモデルか。)

キャスト:染谷将太(そめたに・しょうた)…1992年9月3日生まれ。東京都出身。トイズファクトリー所属。妻は女優の菊地凛子。

・映画『ヒミズ』で第68回ヴェネツィア国際映画祭にて最優秀新人賞(にあたる賞)を受賞。以降、映画『寄生獣』『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎 』『みんな!エスパーだよ!』などで主演を務めるなど活躍中。

渡辺麻友(役:三村茜)

登場人物:三村茜(みむら・あかね)…なつと同期だが先がけてアニメーターとなる。

・外見/性格:絵を描くのが大好きな、眼鏡をかけたおっとりとした女の子。

・仕事:漫画映画をよく知らず、東洋動画には見習いとして就職した。次第に漫画映画の面白さにひかれてい。繊細な絵が評価され、同期のなつより一足先に合格し、正式にアニメーターとなる。

・モデル:大田朱美(予想できる材料は少ない。ただし当時の東映動画で、女性アニメーターは奥山玲子・中村和子・大田朱美の3人のため、消去法で予想される。)

キャスト:渡辺麻友(わたなべ・まゆ)…1994年3月26日生まれ。埼玉県出身。プロダクション尾木(業務提携:Mama&Son)所属。愛称は「まゆゆ」。

・アイドルグループAKB48の元メンバー。第3期生で、柏木由紀と同期。

・主演ドラマに『さばドル』『戦う!書店ガール』『サヨナラ、えなりくん』『いつかこの雨がやむ日まで』がある、

・NHK連続テレビ小説(朝ドラ)は本作が初出演。

伊原六花(役:森田桃代)

登場人物:森田桃代(もりた・ももよ)…通称「モモッチ」。高校卒業後、絵が好きという理由だけで、アニメーションのことは全く知らずに、東洋動画に入社する。セル画の彩色を担当しており、なつの親友となる。なつからアニメーションの面白さを教えられ、その魅力にとりつかれていく。

・モデル:保田道代(東映動画の色彩担当をしていた点がモデルか。)

キャスト:伊原六花(いはら・りっか)…1999年6月2日生まれ。大阪府出身。フォスター所属。

・大阪府立登美丘高等学校ダンス部元キャプテン。2017年、同高校の「バブリーダンス」が注目を集め、マスメディアに取り上げられる。

・2018年7月期放送のドラマ『チア☆ダン』(TBS系)でドラマデビュー。2019年、ドラマと映画の『明治東亰恋伽』ドラマ・映画初主演。

・NHK連続テレビ小説(朝ドラ)は初出演。。

川島明(役:下山克己)

登場人物:下山克己(しもやま・かつみ)…元警察官という異色の経歴を持つアニメーター。

・性格:ひょうきんで明るく、周りを楽しませるのが大好き。

・仕事:ディズニーアニメを独自に分析して、新しい動画表現を研究する。

・後輩の面倒見も良い。

・なつにとって1年先輩にあたる(なつが高校3年時の夏休みに東京へ行った際に、先月入ったと紹介されている)。

・モデル:大塚康生(元麻薬取締官の異色アニメーターという設定がモデルか)

キャスト:川島明(かわしま・あきら)…1979年2月3日生まれ。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。京都府宇治市出身。

・お笑いコンビ・麒麟を組んで芸人として活躍中。

・本格的なドラマ出演は『初めて恋をした日に読む話』(2019年1月16日、TBS)以来となる。

・NHK連続テレビ小説(朝ドラ)は『つばさ』以来、2度目。

小手伸也(役: 井戸原昇)

登場人物: 井戸原昇(いどはら・のぼる)…東洋動画の作画監督。仲とともに、アニメーターたちをけん引するツートップのひとり。

・仕事:芸術家肌の仲とは対照的に、驚異的なスピードで上質な作画を仕上げる実務家。個性派アニメーター集団をうまく束ねる。

・性格:大柄な体格ながらも、繊細。

モデル:大工原章(消去法。東映動画の「白蛇伝」作画担当でベテランは森康二と彼だけだった。そして森は仕事が遅く、大工原章は早かったと言われている点もモデルか。)

キャスト: 小手伸也(こて・しんや)…1973年12月25日生まれ。神奈川県出身。株式会社オフィスPSC所属。

・2018年4月期の月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』五十嵐役で注目度が上昇。以降、月9『SUITS/スーツ』で織田裕二のライバル役、TBS日曜劇場『集団左遷!!』レギュラー出演など活躍中。

・2019年上半期までコールセンター(受注オペレーター)でのアルバイトをしていたと語っている(『しゃべくり007』他での発言)。

・NHK連続テレビ小説(朝ドラ)は本作が初めて。本作スタッフの多くが関わった『真田丸』には出演している。

木下ほうか(役:露木重彦)

登場人物:露木重彦(つゆき・しげひこ)…東洋映画所属のベテラン映画監督。

・東洋動画の親会社「東洋映画」の第一制作課長・演出家という肩書き。(第57話時点)

・日本初の長編アニメーションの監督に起用されるものの、実写映画しか経験がなく、不慣れなアニメーションの世界に戸惑うばかり。アニメーターたちと時にぶつかり、時に協力して、プロジェクトの成功に尽力する。

モデル:藪下 泰司(やぶした たいじ)(東映動画の「白蛇伝」監督を務めている点もありモデル確実か。)

キャスト:木下ほうか(きのした・ほうか)…1964年1月24日生まれ。カクタス所属。大阪府出身。

・NHK連続テレビ小説(朝ドラ)は『てるてる家族』『ゲゲゲの女房』に続き、3作品目。

角野卓造(役:大杉満)

登場人物:大杉満(おおすぎ・みつる)…東洋動画の親会社・東洋映画社長。

・アニメーションに未来を感じ、東洋一のアニメスタジオを設立、日本初の長編アニメーション制作に取り組む。

・なつが高校時代、帯広の映画館で見たディズにー映画のラストで、東洋動画の宣伝があった。そこで大杉社長からのメッセージ動画があり、なつは心を動かされた。なつは、このときの感動を入社試験の面接で社長に伝えている。

モデル:大川博(日動映画を買収し、同社を東映動画(現在の東映アニメーション)と改称。本格的なアニメーション制作に進出して点がモデル。朝ドラでも、新東京動画を買収し東洋動画と改称している。)

キャスト:角野卓造(かどの・たくぞう)… 1948年8月10日生まれ。東京都出身。文学座所属。

・代表作はドラマ『渡る世間は鬼ばかり』シリーズ。中華料理店「幸楽」2代目店主の役で、タレント・近藤春菜(ハリセンボン)の持ちネタ、「ラーメン屋お休みですか」の返答「角野卓造じゃねぇ〜よ!」の元ネタとなっている。

・NHK連続テレビ小説(朝ドラ)は、1980年代の『心はいつもラムネ色』『はね駒』に出演している。

【なつぞら】アニメーション編のキャスト(ゲスト出演者)

ドロンズ石本(役:東洋動画・仕上課の山根課長)

梅舟 惟永(役:石井富子)

田村健太郎(役:東洋動画のアニメーター・堀内幸正)

古谷隆太(役:東洋映画の所長・山川周三郎)

吉野 史桜(アニメーター役)

【なつぞら】アニメーション編のあらすじ

『なつぞら』第1週~第9週のあらすじ

ヒロイン・なつ(広瀬すず)は、両親を失い戦災孤児となるが、父の戦友に引き取られ、北海道十勝へ。

心を開かなかったなつが、柴田家の優しさに触れて心を許していく。

そして、漫画映画(=アニメーション)に夢を抱き、北海道十勝から上京。

1956年6月。東洋動画の試験を受けるも、なつの兄・咲太郎(岡田将生)を左翼と誤解した社長判断で不採用に。

それでもあきらめないなつは、同年9月、仕上げの試験に合格し、東洋動画へ入社を果たす。

そして兄と東京の母・亜矢美(山口智子)と暮らすことになった。

『なつぞら』アニメーション編のあらすじ

なつは東洋動画で、日本初の長編アニメーション『白蛇姫』の制作に参加。

それは6万枚を超える動画を、数百人の規模で完成させる前例のない大プロジェクトだった。

やがてアニメーションはテレビ時代を迎え、大きなムーブメントを巻き起こしていくことに。

育ての祖父・泰樹(草刈正雄)の教え「開拓者魂」を胸に秘め、なつはアニメーションという新たな大地を切り開いていく…。

他に、なつの育ての兄・照男(清原翔)の結婚、なつの妹で親戚に預けられた千遥との再会、なつの幼なじみ・雪次郎(山田裕貴)の新たな進路、なつを「待たない」と告げた天陽(吉沢亮)のその後なども描かれていく。

【なつぞら】アニメーション編のまとめ

『なつぞら』アニメーション編のキャストを紹介してきました。

ヒロイン・なつが仕上課から作画課へ異動し、アニメーターとして活躍していきそうです。

6月から9月まで4か月間もあるため、もう一波乱ある予感もします。

千遥のキャスト発表も含め、最後まで見逃せない展開になりそうです。

*各俳優の敬称略。

*各俳優の所属事務所は2019年6月現在の所属先。

なつぞら
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】