2021年春ドラマ
番組情報まとめ
2021年春ドラマ
視聴率ランキング

【なつぞら】57話の感想!貫地谷しほりの怒りは鏡の法則?/コラム

なつぞらコラム

【なつぞら】57話の感想!貫地谷しほりの怒りは鏡の法則?/コラム

広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第57話が2019年6月5日(水)に放送されました。

今回は【なつぞら】第57話の感想に代えて、貫地谷しほり(大沢麻子役)の怒りが鏡の法則ではないか、という考察をコラム形式で論じます。

【なつぞら】57話の視聴率とあらすじ!リリー・フランキー(茂木)の名言に反響!
【なつぞら】57話の視聴率とあらすじ! 広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第57話が2019年6月5日(水)に放送されました。 茂木(リリー・フランキー)の言葉をヒントになつは絵を描き始めます。 茂木の名言には...

ADVERTISEMENT

【なつぞら】57話の感想

【なつぞら】第57話は、前回なつ(広瀬すず)が麻子(貫地谷しほり)に「目障り」と叱られてからの続きです。

何が目障りか、というと…

なつがオシャレして会社に来ているため、「結婚相手を探しに来ているならば邪魔だ」という意味。

要は、なつが誤解されたのです。

貫地谷しほりの怒りは鏡の法則だ!

なつが住んでいるおでん屋「風車」に戻っても、イライラがおさまらないなつ。

そんななつに、茂木社長(リリー・フランキー)がアドバイスをしました。

「(麻子は)自分が男からどう思われているか、キミを通して気にしてるだけだね

これはまさに鏡の法則です。

ベストセラーの『鏡の法則』(著者:野口嘉則)という本もありますが、

【なつぞら】第57話に当てはめて簡単にいうと…

周りにいる人はあなたの写し鏡である、ということ。

つまり、麻子が自分の嫌な部分を鏡のように奥原なつの中に見たのです。

なお、「鏡の法則」自体は解決法を提示しています。

自分が認識したことが「現実」であるから、自分が変われば「現実」も変わる、という考え方があります。

許せない人がいたら、自分の中の許せない部分を許そうという意味です。

【なつぞら】57話にないノベライズの箇所

【なつぞら】57話本編を観ただけでは、あまり「鏡の法則」に至らないかもしれません。

夜。なつが絵を描いていたときの回想シーンは、北海道十勝のことばかり。

なぜ人は泣くのか…泰樹(草刈正雄)に「怒れ!」と言われた時などが浮かんできます。

しかしNHK出版のノベライズ「なつぞら(上)」(作:大森寿美男/ノベライズ:木俣冬、ココでは発行2019年3月31日初版を参照)を参照してみると浮かび上がるものがあります。

数行だけ引用すると…

「なんだよ、美人だからもてやはされてるだけのやつが。」と堀内に言われた麻子が思い浮かんだ。あの顔を白娘の顔になつは重ねて描いてみた。「そんなおしゃれにばかり気を遣って」、「それしか考えてないんでしょ?」と言ったときの麻子の顔も思い浮かべた。
「…人の顔って、おもしろい…」
なつは夢中になって、夕飯もそこそこに、朝方近くまで白娘の表情を描き続けた。
出典:「なつぞら(上)」P233

ノベライズでは、麻子が堀内に「美人」をバカにされていることを、なつは思い返していました。

57話本編よりも、ノベライズの方がより「鏡の法則」が生きる、つまり、茂木社長の言葉との繋がりも分かるように受け取れます。

麻子は「美人だけ」と揶揄(やゆ)されていたので、オシャレななつに怒ってしまったのです。

ドラマ本編の方だと、「悲しいとは何か」と自問自答していく様子がよく伝わります。

ただし、それだけでは、(繰り返しになりますが)茂木社長の人は鏡のように人を見ている(という趣旨)という発言が生きません。

つまりドラマはアニメーション「白蛇姫」の悲しみにスポットが、ノベライズは大沢麻子にスポットが当たっています。

本来ならば、両方を描いて、なつが絵を描いてくれれば一番よかったのですが…。

以上、今回は第57話の感想として、麻子(貫地谷しほり)の「鏡の法則」をノベライズとの相違点も合わせて指摘しました。

(文責=Jima


《関連記事》

https://dorama9.com/2018/04/27/natuzora-cast/

https://dorama9.com/2019/03/30/natuzora-rating-netabare/

なつぞら
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】