【3年A組】7話視聴率とネタバレ!望月歩と富田望生の「ソロモンの偽証」オマージュがエモい

【3年A組】7話の視聴率とネタバレ!

第7話の中心人物は、武智(田辺誠一)と、武智をかばう瀬尾雄大(望月歩)と魚住華(富田望生)。

望月歩と富田望生の繊細な演技と「ソロモンの偽証」オマージュに感動の声が多くあがりました。

一颯(菅田将暉)が奪う武智の一番大切なものとは?

今回は、さらに謎が深まる【3年A組】7話の視聴率とあらすじネタバレ、感想、動画について!

【3年A組】の動画

【3年A組】の動画はHuluで配信中!映画「ソロモンの偽証」も見放題です!

スポンサーリンク

【3年A組】7話の視聴率

【3年A組】7話の視聴率は11.9%で自己最高記録を更新!武智(田辺誠一)の悪事発覚の7話。望月歩と富田望生という「ソロモンの偽証」コンビの名演にも惹きつけられた回は視聴率もアップ。このまま最終回まで下がる理由が見つからないですね!

全話視聴率とこれまでのあらすじネタバレはこちら↓↓

【3年A組】の視聴率一覧と最終回ネタバレ! 予測できない衝撃の学園ミステリー【3年A組】。澪奈(上白石萌歌)自殺の原因を探るた…

【3年A組】7話の注目キャスト

田辺誠一(役:武智大和)

View this post on Instagram

【公式】3年A組-いまから皆さんは、人質です-さん(@3a10_ntv)がシェアした投稿

武智大和…平成最後の熱血カリスマ教師と話題のお調子者。しかしそのオバカキャラの裏では生徒を食いものにするビジネスに注力。ついに化けの皮がはがされるときがきた!

富田望生(役:魚住華)と望月歩(役:瀬尾雄大)

View this post on Instagram

【公式】3年A組-いまから皆さんは、人質です-さん(@3a10_ntv)がシェアした投稿

魚住華…柔道に青春を捧げた怪力女子。力は強いが、心は繊細でピュア。須永賢(古川毅)に恋している。実家は米屋。

瀬尾雄大…陸上部のスプリンター。武智(田辺誠一)の斡旋で手にしたスポーツ推薦に固執する。

映画「ソロモンの偽証」で重要な役柄を演じた望月歩と富田望生が、スポーツ推薦をめぐり、さらに進化した名演技を見せます!

オールキャストはこちら!

ドラマ【3年A組】のキャストとあらすじ! 日テレ10時30分の新日曜ドラマ【3年A組】は菅田将暉民放連ドラ単独初主演の学園ミス…

【3年A組】のあらすじ

3月7日

一颯(菅田将暉)は景山澪奈(上白石萌歌)を陥れたフェイク動画の犯人hunterを武智大和(田辺誠一)と名指し。

テレビ出演も多い有名人だけに世間から「犯人」として注目を集める。

写真集発売記念イベントに現れた武智。疑いをかけられたが無実を主張し、身の潔白を証明するという。

潔白を主張する武智は一颯に証拠を要求。一颯はネット民が暴いてくれるという。

一颯は武智に夜の8時までにすべての罪を自白しなければ武智の“一番大事なもの”を奪うと宣言。

3年A組の教室では一颯が生徒たちに、澪奈が命を落とした当日の映像を見せる。

「フェイク動画の犯人に会いにいく」と告げていた澪奈と怪しい男の姿が映っている。

マインドボイスのユーザーと3年A組の生徒や警察により、男の正体を暴こうという解析が始まる。

決定的な証拠や確証がそこには映されていないが武智への疑惑が深まる中、瀬尾(望月歩)と華(富田望生)が異議を唱える。

瀬尾と華は武智のおかげで豪翔大学へのスポーツ推薦入学が決まっているため、武智を犯人にしたくないのであった。

防犯カメラの映像を見たさくらはそんなことあるわけないというが理由は言わない。

さくら(永野芽郁)は一颯に動画のことを尋ねに行く。一颯とさくらは人質事件勃発初日の夜に何か秘密を共有していたようだ。

逢沢(萩原利久)は瀬尾と華に、武智の斡旋する豪翔大学スポーツ推薦入学者は実力が伴わず練習についていけずメンタルがやられ、9割が1年で辞めていると話す。

ショックを受ける華。開き直る瀬尾。華と瀬尾はあと一歩で推薦入学を逃したものの、武智のおかげで滑り込んだのだった。

美術準備室では一颯(菅田将暉)が文香(土村芳)が武智との関係を話す場面を見ている。教師の研修か何かで知り合って
、ある秘密を知ってしまったといいかけたときに、涼音(福原遥)と唯月(今田美桜)が夕食を取りに来る。

美術準備室の鍵が空いた隙を狙って、瀬尾、兵頭(若林時英)たちが一颯を羽交い締めにして爆弾のリモコンを略奪。部屋のロックを解除しようとするがなかなか解明できない。

甲斐(片寄涼太)や須永(古川毅)、石倉(佐久本宝)らが止めに入る。

一颯の味方をする一同に瀬尾は怒りをぶつける。逆にスポーツ推薦にしがみつく瀬尾に非難が集中するが、瀬尾は反論。

自分にはコレしかねぇんだよ。やっとつかんだチャンスなんだ。

須永は、犯罪者からもらった推薦でもいいのか?今回は諦めろ、次がある。というが、華が涙の反論。

3年間毎日必死に頑張ってきてそれでもダメで諦めかけたときに(武智に )声をかけられ、こんなチャンス2度とないと喜んだのに…。「次があるなんて簡単に言わないで」。

一颯は瀬尾に「お前のゴールはどこだ?」と問いかける。スポーツ推薦で大学に入ることか、卒業しても陸上を続けることか?

瀬尾は、目の前のことで精一杯で考えたこともない、という。

一颯(菅田将暉)は、お前たちはそれでいい。でも教師はそうはいかない。俺という人間をジャッジしてくれ。

【3年A組】のネタバレ

以下、ネタバレがあるので、閲覧ご注意ください。

一颯(菅田将暉)と武智(田辺誠一)が一騎打ち!

一颯(菅田将暉)の呼び出しに、約束通り1人で現れた武智(田辺誠一)。

武智はスポーツ推薦ビジネスをやっていた。推薦した生徒の活躍に応じて多額の報酬を受けていた。

澪奈(上白石萌歌)はそれを知るだけでなく、さらに自分を金で買収しようとする武智に怒りをおぼえ、教育委員会に訴えるつもりだった。

武智は澪奈を黙らせるために、フェイク動画をベルムズに依頼。

一颯(菅田将暉)の告発を武智は決定的な証拠がないからウソだと言い張るが、防犯カメラ映像の鏡のなかに武智の顔が映っている画像をつきつける。

一颯が武智をさらに追い込むと武智はうっかりフェイク動画を依頼したことを暴露。澪奈とたしかに待ち合わせしていたが、会えなかったと主張。

しかし一颯と武智が対決するシーンはマインドボイスで5000万人の視聴者に公開されていた。

一颯はライブ動画の撮影を終わらせるが、2人の会話は校内放送のスピーカーから3年A組の教室に流れていた。

武智は生徒を金になるモノぐらいにしか思っていなかった。一颯は「生徒はモノじゃない!」と怒りをぶつける。

武智の真っ黒な正体は、瀬尾(望月歩)と華(富田望生)をはじめ生徒全員に明かされる。

一颯が拳銃を突きつけたとき、五十嵐(大友康平)ら警察が乗り込み、武智を連行する。

一颯は武智のいちばん大切なもの=名声と権威を奪ったのだった。

生徒たちのジャッジは一颯(菅田将暉)の完全勝利?

3年A組では、さくら(永野芽郁)がジャッジは一颯の完全勝利だよねという。瀬尾の気持ちははかりしれないが、今こそ明日への活力に変えるときだと励ます。「瀬尾ならできる」と励ます華に「お前も」という瀬尾。

郡司刑事(椎名桔平)は五十嵐のもとにきて、相楽と一颯がグル、さらに五十嵐もグルだと真相をつきつける。

生徒たちの間には、事件は解決のはずなのになぜ解放されないのかという疑問が湧き出す。「まだ続きがある」とつぶやくさくら。一颯のいう「ここからが本番」の意味とは何なのか?

【3年A組】7話の感想

7話の中心人物は、映画「ソロモンの偽証」から注目されている若手2人!
「ソロモンの偽証」で謎の死を遂げた柏木役の望月歩と、同級生・浅井松子役の富田望生の成長した姿、進化した名演技に感動の声が多くあがりました。


華(富田望生)の実家が米屋ということがわかりましたが、「ソロモンの偽証」で演じた松子の実家も米屋でした。

ピュアでやさしい。それでいて間違ってると思ったことには黙っていられないという性格も、松子と似ていますね。

望月歩が「ソロモンの偽証」で演じた柏木卓也も、瀬尾雄大と同じく闇を抱えるアウトロー。

「口先だけの偽善者」というセリフはさすがに出てこなかったけど、ブレまくるほかの生徒たちに比べてブレないところも似ていたような気がします。

でも今回は望月歩も富田望生も死ななくてよかった!明日への希望を持つ結果でホッとしましたね。

そして一颯(菅田将暉)の「俺をジャッジしてくれ」のジャッジとは「ソロモンの偽証」の裁判からきている言葉。脚本がいちいちニクイですね。

【3年A組】7話のまとめ

「ソロモンの偽証」の重要人物を演じた2人が見せてくれた名演技。さすがに圧巻でしたね。

もうひとりの「ソロモンの偽証」出演者、若林時英くんの回はいつなのか?

そして武智の化けの皮がついに剥がれましたが、どうやら防犯カメラの映像はフェイク動画っぽいですね。

一颯(菅田将暉)が次にターゲットにするのは、大きな組織? さらに文香をめぐる人間関係もだんだん明るみに。

新しい謎が出てきた【3年A組】。クライマックスに向けてますます目が離せません!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク