【半分、青い】136話あらすじと視聴率!風吹 ジュンのナレが震災ダブる(涙)

半分青い23週

永野芽郁主演、NHK朝ドラの第23週「信じたい!」

136話の9月6日木曜日放送予定回が、北海道の震災により延期。

9月7日金曜日あさ8時から放送されました。

今回は【半分、青い。】136話の視聴率・あらすじネタバレ・感想について。

2018年度前期の朝ドラ・連続テレビ小説は【半分、青い。】 主演は、永野芽郁(ながの・めい)! 脚本は『ビューティフルラ…
スポンサーリンク

【半分、青い。】136話の視聴率

半分青い136話

【半分、青い。】136話の視聴率は、21.8%

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)の98作目は『半分、青い。』 永野芽郁がヒロインで、脚本家・北川悦吏子のオリジナル作品です。 …

【半分、青い。】136話のあらすじネタバレ

鈴愛(永野芽郁)は、草太(上村海成)からの電話で、晴(松雪泰子)の癌(がん)を知った。心の整理がつかないまま電話をかけた。しかし、律(佐藤健)正人(中村倫也)に会ったことなど関係ない話しを一方的に話してしまう。

晴は、鈴愛が気遣ってくれていた、と夫・宇太郎(滝藤賢一)に話す。晴は寂しくなった楡野家だが何かあると帰って来てくれることが嬉しかった。

鈴愛は「まーあかん袋」に母のことを神様に頼み、津曲への愚痴も叫んだ。「律、お帰り」鈴愛は袋でなく、声に出してつぶやいた。律からのメールが来てやり取りした。何でもできることあったらやるから言えよ」という律のメールを胸に、鈴愛は眠りにつく。いい夢を見られますように、と亡き祖母・廉子(風吹ジュン)がナレーションで声をかけた。

週末、鈴愛が勤務する廃校シェアオフィスで、フリーマーケットが開催された。鈴愛が実家に帰るため、律(佐藤健)と正人(中村倫也)は花野(山崎莉里那)を連れていく。

緑の惑星から来た恵子(小西真奈美)の案内で見て回る中、律は大学時代のロボット研究の先輩・南村(山崎樹範)と出会う…。

【半分、青い。】136話の感想

風吹ジュンのナレが震災ダブる(涙)

【半分、青い。】136話のまとめ

廉子役・風吹ジュンが語るナレーションが震災にダブりますね。(涙)

ナレ「みんなが眠る夜です。 全ての夜だけでも安らかでありますように。 いい夢を見られますように」

停電のまま眠れぬ夜を過ごした方もいるでしょう。

どうか一刻も早く復旧を、と願うばかり。

本当に、すべての夜、それだけでも安らかに、ゆっくり眠れる日がきますように、そんな日々が続きますように・・・


【関連記事】

2018年度前期(4月-9月)の朝ドラは『半分、青い』 ヒロインは永野芽郁。相手役は佐藤健!原作・モデルなしの脚本家・北川悦吏…
【半分、青い。】第23週のネタバレと視聴率! 永野芽郁主演、北川悦吏子脚本の朝ドラ/NHK連続テレビ小説。 第23週「信…

(記事内の画像出典:公式サイト)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク