ドラマ【刑事7人シーズン4】第5話の視聴率とネタバレ!60年の思い小松政夫の熱演に感動!

7nin_title2

ドラマ【刑事7人シーズン4】第5話の視聴率とネタバレ!

なんでも相談室と化した感のある資料課ですが、

今回も60年もの歳月をさかのぼり、真実を暴きます!

ドラマ【刑事7人シーズン4】の視聴率と全話あらすじ! 東山紀之演じる刑事・天樹悠が人間犯罪ビッグデータとして帰って来る! …
スポンサーリンク

ドラマ【刑事7人シーズン4】第5話の視聴率

第5話の視聴率は12.0%!

前回から1ポイントアップです。

脚本:吉本昌弘

監督:安養寺工

ドラマ【刑事7人シーズン4】第5話のゲスト

小松政夫(役:田畑亮介)

田畑亮介・・・60年前ナイトクラブのボーイだった。咲子を殺したと自首し、服役した。

松本妃代(役:亀井咲子)

亀井咲子・・・60年前のナイトクラブのダンサー。加納優美の祖母。

瑛蓮(役:加納優美)

加納優美・・・亀井咲子の孫。

大出俊(役:長田健太郎)

長田健太郎・・・60年前のナイトクラブの客で、咲子と田畑の中学時代の担任。

浜田晃(役:円城寺正雄)

円城寺正雄・・・田畑に自首を促した中学の先輩。当時は郵便局員で、今は警備会社の会長。

鈴木正幸(役:木下喜一)

木下喜一・・・60年前のナイトクラブのボーイ長。

吉村実子(役:上田伸江)

上田伸江・・・60年前のナイトクラブのダンサー。

ドラマ【刑事7人シーズン4】第5話のネタバレあらすじ

60年前、昭和33年の夏にナイトクラブのダンサー・亀井咲子(松本妃代)が絞殺し、自首した同じ店のボーイ・田畑亮介(勧修寺保都)は、思いを寄せていた咲子が自分に振り向いてくれなかったため殺したと自供した。

それから60年後。天樹悠(東山紀之)と野々村拓海(白洲迅)がいる刑事資料係に、咲子の孫・加納優美(瑛蓮)が相談に来た。

シングルマザーだった咲子は、当時5歳だった優美の母を豊橋の親戚の家に預けていたという。その母が10日前に亡くなり、遺品の中から豊橋行きの切符2枚と、咲子の文字で『RYOが許してくれますように』『ようやく会えますね』と書かれた2枚の短冊、そして51枚のトランプが見つかった。咲子は娘を迎えにいく矢先に殺害されたらしい。短冊の『RYO』は加害者の田畑亮介を指すようにも見えるが、それだと殺害動機に矛盾する。優美は「どうして祖母が殺されたのか真相を知りたい」と天樹らに訴える。

しかし、60年も前の事件。田畑もすでに刑期を終え、出所している。「ほじくり返しても法じゃ裁けない」と片桐(吉田鋼太郎)。天樹は、優美が置いていったナイトクラブでの1枚の写真を見つめていた。

その翌朝、なんと優美が自宅で刺殺される。水田環(倉科カナ)と青山新(塚本高史)によると、優美は60年前の事件の関係者を調査会社に調べさせていた。だが、その調査会社が優美に渡した報告書が彼女の自宅から消えてしまっていた。

60年前の事件を調べてほしくない人物が犯人なのか?過去の事件の関係者をあたる専従捜査班のメンバー。天樹は出所後に居場所がわからなくなっていた田畑(小松政夫)の元を訪れる。

ここからネタバレ

水田と青山は、60年前の事件の関係者から聞き取りを開始する。当時ダンサーだった上田伸江(吉村実子)からは、田畑は咲子に遊ばれたんだけではないかとの証言が、ボーイ長だった木下喜一(鈴木正幸)からは事件当夜、田畑は咲子をそそのかして駆け落ちしようとしていたこと、それは伸江からのネタだから本当かわからないこと、伸江は咲子と”先生”と呼ばれる写真の白いスーツの男を取り合っていたとの情報を得る。

一方、田畑の自首を促した先輩の警備会社会長・円城寺正雄(浜田晃)の聞き取りをする天樹と野々村は、当時郵便配達員だった円城寺の話を聞く。

浮上した白いスーツの男の素性がわかり、聞き取りをする天樹と野々村。男は長田健太郎(大出俊)と言い、田畑と咲子の中学の担任だった。当時の話とアリバイを聞いた野々村の元へ田畑の居所が判明したとの電話。

漁師をしている田畑を訪ねた天樹は、短冊のことを話し、本当に殺したのか聞きだそうとするも、自分がやったと言うだけの田畑。

町内会の寄り合いと言っていた長田のアリバイが崩れる。長田は、犯行時間頃に中抜けしていた。長田のその日の足取りを調べるメンバー。

遺品の中のトランプは、咲子が娘に毎月仕送りの際一枚ずつ入れて送っていたものだった。ジョーカーを抜いた52枚が揃ったら迎えに来ると娘は心待ちにしていた。しかし、あと1枚というところで咲子は殺されてしまったのでトランプは51枚しかなかった。いっしょに残っていた仕送りの受領証を一枚ずつ確認する天樹。なんと受領書は52枚すべてあった。

野々村が、当時郵便配達をしていた円城寺のことを思い出す。円城寺は、この受領書が必要だったのではないか?60年前の事件後、会社を立ち上げた円城寺の金の出所も不明だ。

一方で犯行時間後に車で地下駐車場にいる長田を防犯カメラで見つけた野々村。そこには円城寺も来ていた。

60年前の犯人は長田だった。長田は咲子と以前付き合っており、よりを戻そうとしたが、「もう好きな人がいる」と断られ首を絞めた。咲子の娘は長田の子だった。そこへ来た田畑が、自分は生きていても仕方ないからと先生への恩返しで罪を被ったのだった。しかし、犯行を見ていた円城寺から金をせびられた。その金で円城寺は会社を立ち上げた。

昔のことを調べに来た優美に知られてはいけないと殺したのは円城寺だった。受領書を探したが見つからなかった。

ふたりは再び待ち合わせた駐車場で逮捕された。

田畑の元へ再び向かった天樹は、田畑に真相を話す。自分を卑下して生きてきた田畑は、咲子が本当は田畑と一緒に生きていくつもりだったと聞き、涙を流す。

ドラマ【刑事7人シーズン4】第5話の感想

前シリーズと比べ、人情感溢れるストーリーが多くなりましたね。

好き嫌いは別れると思いますが、この手のドラマはテレ朝の得意分野なのかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク