【健康で文化的な最低限度の生活/ケンカツ】の視聴率と最終回ネタバレ!

健康で文化的なドラマ表紙

【健康で文化的な最低限度の生活/ケンカツ】の視聴率と最終回ネタバレ!

生活保護って何 ?ケースワーカーってどんな仕事?

他人の人生に血税を使われるホントの意義とは?

知識&経験ゼロで新米ケースワーカーになったえみる(吉岡里帆)の悪戦奮闘を通して受給者だけでなく税金を支払っているすべての人々に「生活保護」の意義を問いかける!

今回は、吉岡里帆初主演連ドラ【健康で文化的な最低限度の生活/ケンカツ】の視聴率と最終回ネタバレについて!

スポンサーリンク

【健康で文化的な最低限度の生活/ケンカツ】の視聴率予想

吉岡里帆主演ドラマの視聴率

これまで吉岡里帆が主演したドラマの視聴率を見てみましょう。

ドラマ名 放送 共演者 平均
視聴率
最高
視聴率
最低
視聴率
きみが心に棲みついた 2018年1月期 向井理、
桐谷健太
7.7% 9.4%
第1話
6.5%
第7話

吉岡里帆が主演した連ドラは、今年・2018年の冬ドラマ「きみが心に棲みついた」のみ。

キョドコの不審な行動(笑)、星名(向井理)の怪演がかなり光りましたが、リアタイの視聴率は平均7.7%といまひとつ伸びませんでした。

主演の吉岡里帆がハマリ役で共感を呼ぶ?

ドラマ【健康で文化的な最低限度の生活/ケンカツ】は「きみが心に棲みついた」同様、人気コミック原作を実写化する連ドラです。

吉岡里帆演じる主人公・義経えみるは、「きみ棲み」のキョドコほどではないですが、天然という名のKY、と自分に自信がない新米公務員。

しかも知識&経験なしで、生活保護受給者への支援を担当するケースワーカーに。

ドラマ【健康で文化的な最低限度の生活/ケンカツ】は、そんなえみるが生活保護のリアルな実態に直面、対応しながら成長していく群像劇。

吉岡里帆にはかなりのハマリ役になることウケアイ。

「おっさんずラブ」の田中圭、「アンナチュラル」の井浦新が最強バディで視聴率を爆上げ?

えみる(吉岡里帆)を支える優しい先輩ケースワーカーに「アンナチュラル」の井浦新、生活保護費は税金から支給されることを忘れるな! と市民のために尽力する上司・京極に「おっさんずラブ」の田中圭。

この2人の起用が、ドラマ【健康で文化的な最低限度の生活/ケンカツ】を盛り上げること間違いなし!

【健康で文化的な最低限度の生活/ケンカツ】視聴率予想

ドラマ【健康で文化的な最低限度の生活/ケンカツ】は人気コミックが原作ということ、吉岡里帆主演に田中圭と井浦新がメインキャストということを考えても2018年夏の注目ドラマ筆頭に上がっています。

それに加えて「生活保護」って何?とテーマ関心を寄せる人々も注目すること間違いナシ!

初回は10%前後いくのではないかと思います! その後はドラマの内容が期待値を上回るかにより左右されるでしょう。

【健康で文化的な最低限度の生活】1話の視聴率

【健康で文化的な最低限度の生活/ケンカツ】1話の視聴率は7.6%。

かなり厳しいスタートを切りました。サスペンスなど謎を追っていくドラマではないので、後半にかけてあげていくのは難しいかもしれませんね。

【健康で文化的な最低限度の生活】1話のあらすじネタバレ

1話は、吉岡里帆が新人ケースワーカーになり、生活保護の受給者・遠藤憲一らと初めて向き合うというストーリー。キャスト目当ての人でなくても、幅広い層の人が見そうなテーマですが、さて1話の視聴率はどうでしょうか?

【健康で文化的な最低限度の生活】1話の視聴率とあらすじネタバレ! 生活保護をテーマにしたお仕事ドラマがいよいよスタート。 …

【健康で文化的な最低限度の生活】2話のゲスト

【健康で文化的な最低限度の生活】2話のゲストは、江口のりこさんと吉村界人さんです。

【健康で文化的な最低限度の生活】2話のあらすじ

義経えみる(吉岡里帆)が次にケアする受給者は母子家庭の日下部家。

仕事と子育て、そして父親の介護をこなしているシングルマザーの聡美(江口のりこ)から褒められ、いい気分になってしまったえみる。

迂闊にも高校生の息子・欣也(吉村界人)に、家計を助けるためにアルバイトしたら? とすすめてしまう。

実は欣也(吉村界人)は、すでにアルバイトをしていたのだが、それは親子にとって大きな問題としてのしかかってきた。

知らなかったとはいえ、不正受給してしまっていた母子家庭をえみるは救えるか?

【健康で文化的な最低限度の生活/ケンカツ】最終回ネタバレ

柏木ハルコさん原作コミック【健康で文化的な最低限度の生活】はまだ完結していないので結末がどうなるかはわかりません。

しかし、コミックもドラマも【健康で文化的な最低限度の生活】の主人公・えみる(吉岡里帆)が生活保護のさまざまな現場、受給者のさまざまな人生と向き合い、ケースワーカーとして人間として成長していく群像劇。

1話のあらすじを見るかぎり、原作に忠実なストーリーになりそうなので、すでに発表されている原作のケースでまとめるでしょう。

ひとりの受給者の物語が数話にまたがることもあるので、原作を見るに「アルコール依存症」の受給者の話でシメるのではないかと予想します!

ドラマ【健康で文化的な最低限度の生活】のキャストとあらすじ! 2018夏の火9は吉岡里帆主演のお仕事ドラマ。 柏木ハルコ…
【2018夏ドラマ一覧】7月スタートの新ドラマ情報まとめ 2018年夏ドラマ(7月〜9月)の新ドラマ情報を民放〜ネット…

記事内の画像出典:ドラマ公式ページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク