ドラマ【警視庁・捜査一課長3】の全話あらすじ、感想と最終回ネタバレ!

ドラマ【警視庁・捜査一課長3】の全話あらすじ、感想と最終回ネタバレ!

内藤剛志さん主演の人気シリーズ。

新メンバーに安達祐実さん、ナイツの塙宣之さんを加え新たなスタートです。

ドラマ【警視庁捜査一課長】シーズン3が2018年4月スタート! 内藤剛志×安達裕実が、23年ぶりの共演。その名タッグにナイツ・…
ドラマ【警視庁・捜査一課長3】の視聴率一覧!最終回まで随時更新! 内藤剛志さん演じる、叩き上げの捜査一課長の活躍を描く人気シリ…
スポンサーリンク

ドラマ【警視庁捜査一課長3】全話あらすじと感想

放送後、随時更新していきますので、チェックしてみてください。

ドラマ【警視庁捜査一課長3】第3話のあらすじ

スクランブル交差点で、男性が刺殺された。奥野とともに臨場した大岩。報告では、多数の歩行者が横断していたにもかかわらず、刺殺の瞬間の目撃者が誰一人いなかった。

しかも、被害者は、死の直前「最高だ…」とつぶやいていたという。

遺体の身元は、元出版社編集部員・星川草介(中林大樹)と判明する。3年前に勤務先が倒産し、それからは自費出版を持ちかけて金を騙し取る詐欺を働いていたことがわかる。

その”出版詐欺”の被害者のひとり、平凡な主婦の多治見透子(青山倫子)が事情聴取中、犯行を自供する。連行された透子は、自宅の時とは別人のような派手な服装で取調べを受け、凶器の捜索の時は、嬉々とした表情まで見せていた…。

ドラマ【警視庁捜査一課長3】第2話のあらすじ

女性の刺殺体が発見された。第一報を受け、捜査一課長・大岩と運転担当刑事・奥野が臨場する。被害者は、大手商社「樋口物産」の子会社「樋口物産販売」の総務課長・三波圭子(宮田早苗)と判明。派手なパーティードレス姿で勤務先の路地裏で亡くなっていた。圭子のバックの中には不思議なご祝儀袋が入っていた。袋の金額欄には百万円と書かれているにもかかわらず、中身は千円札1枚だったのだ。

事件当時の圭子は、部下の社員・一色貴代(柳ゆり菜)と親会社の社長の息子・樋口淳史(岩永徹也)の結婚式に出席、式が終わる12時半頃までは式場で目撃されたいたが、午後1時からの披露宴には姿を現さなかった。出席者の話では、式の最後のブーケトスで、新婦が同僚の立花美穂(黒川智花)に向けて投げたブーケを圭子がダイビングキャッチしたといい、その美穂も披露宴を欠席していた。

しかし、圭子が受け取ったはずのブーケはどこにも見当たらない。しかも参列者全員の拇印で作ったウエディングツリーの色紙もなくなっていた。

【警視庁・捜査一課長3】第2話のネタバレあらすじ視聴率! 好評シリーズのシーズン3! 今回も無念にも命を失った被害者とそ…

ドラマ【警視庁捜査一課長3】第1話のあらすじ

東京のお台場で女性の絞殺死体が発見された。被害者は前夜、2000年頃のファッションを身に着け、自由の女神像をバックに写真を撮ってほしいと通行人に頼んでいた。臨場した一課長の大岩(内藤剛志)は、そのファッションから18年前に謎の転落死をとげた同期の谷中明彦(中村梅雀)を思い出す。大岩はその死に疑問を持ちながら証拠を掴めず、事故死として処理されていた。死の直前に谷中に偶然会っていた大岩は、彼が今回の被害者と同じ服を着た女性の写真を持っていたことを覚えていた。谷中はその女性を”ミズキ”と呼び、しかもその写真は自由の女神像をバックに撮影したものだった。

被害者はファッションブランドの専属モデル・神楽瞳(尾藤亜衣)と判明する。そしてそのブランドの社長兼デザイナーは河井田瑞希(高島礼子)という名だった。18年越しに繋がった諸々の事象に、谷中の死と今回の事件の関連を直感した大岩は、ある人物を捜査本部へ迎い入れる。その人物こそ、”警視庁広報課セルフランディングルーム室長”と言う肩書きを持ち、元柔道の人気選手だった谷中の娘・萌奈佳(安達祐実)だった。


今回は、新メンバーの初顔合わせということもあって、事件と絡めてキャラクター紹介的な部分も多く、またゲストもお笑い系のいとうあさこさんや、ダンディ坂野さんを面白く使っているなど、随所で楽しめました。ネットの反応もそういったものが多かったようです。

ドラマ【警視庁・捜査一課長3】のあらすじと視聴率! 第1話は2時間スペシャル。 新メンバー加入の第1話は無事発進出来たで…

記事内の画像出典公式ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク