【わろてんか】146話のあらすじと視聴率!「風太(濱田岳)逃げて」圧巻の空襲シーンが話題!

わろてんか最終月曜

【わろてんか】146話のあらすじと視聴率!

  • NHK連続テレビ小説・朝ドラ「わろてんか」最終週「みんなでわろてんか」第146回が3/26(月)に放送されました。
  • てん(葵わかな)・つばき(水上京香)・トキ(徳永えり)と子どもたちは、りん(堀田真由)を頼って滋賀の農家に疎開。しかし、邪険に扱われ…。
スポンサーリンク

【わろてんか】146話の視聴率

わろてんか風太空襲

【わろてんか】146話の視聴率は19.7%!

前回より0.3ポイントアップです。

関連記事:わろてんかの視聴率一覧

【わろてんか】146話のあらすじ

てん(葵わかな)は、つばき(水上京香)やトキ(徳永えり)、子どもたちと一緒に、りん(堀田真由)を頼って滋賀県の農家に疎開した。

しかし主人の治平(西川きよし)は仏頂面。慰問で行う漫才を否定し、何かにつけて、てんたちを邪険に扱う。

一方、大阪に残った風太(濱田岳)たちは、工場慰問に回っていた。しかし、公演先の工場で空襲に遭う。

てんはひもじい生活ながら、さつまいもを小判のように見立てて笑いあい、大根を引き抜く単純な農作業を大きさの競争にして笑いあう。てんたちは疎開生活を工夫して笑って過ごすのだが、治平はその笑い声が気に食わない。

そしてついに大阪で空襲が起きた。1945年3月13日23時57分のこと。空襲は約3時間半が続いた。逃げ出す人々の中、風太は必死に風鳥亭に飛び込んだが…。

大阪は焼け野原になったとりんから知らされたてんたちは、おトキや椿が大阪に行こうとするのを止めた。

【わろてんか】146話の感想

【わろてんか】146話のまとめ

出典https://ameblo.jp/aoiwakana/…

【わろてんか】146話は、圧巻の火の海・空襲のシーンが話題です。

春休みの子どもさんが見て衝撃との声も!

朝ドラでここまでのクオリティができるとは…。しかも半年間放送してきて最終週なので、自分の家族たちが巻き込まれたようで「つらい」「逃げて」と多くの反響が寄せられました。

146話まとめ①:わろたらアカン

疎開先で治平(西川きよし)が笑いを否定します。

これは、てんの父・儀兵衛さんの笑い禁止令が思い出されますね。

月曜日回はつらいシーンばかりでしたが、笑いは薬・必要だ、という展開に最終週でまた持ってきてくれそうで期待しています。

146話まとめ②:つらいときこそ…

てんは、つらいときこそ笑うと考えています。

この姿勢にある映画2本を思い出しました。

  • 映画「ライフ・イズ・ビューティフル」…ユダヤ人強制収容所に入れられた親子。父親がユーモアで子供を怖がらせないようにします。
  • 映画「パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー」“ユーモアによる治療が重要”と患者を楽しませる医学生を描いたハートフルストーリー。

いずれも笑いについて描かれていて、人生には笑いが必要と実感します。

最終週まで「笑い」のテーマを貫く「わろてんか」にあっぱれです。

146話まとめ③:風太の生死は?

空襲から必死に逃げ惑う風太、リリコ・四郎、キース・アサリ。

お互いのパートナーを必死に守ろうとする面々に見ていて感極まります。

風太の生死はいかに…。

「わろてんか」残り5回も必見です。

関連記事:【わろてんか】全話あらすじと最終回ネタバレ!

(今回の記事内の画像出典:NHK

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク