【わろてんか】140話のあらすじと視聴率!葵わかな、高槁一生の関係に本当の愛を見せられた!

わろてんか140話

【わろてんか】140話のあらすじと視聴率!

  • 葵わかな主演、NHK連続テレビ小説・朝ドラ「わろてんか」の第25週「さらば北村笑店」」第140回が3/19(月)に放送されました。
  • 伊能(高橋一生)は北村を辞め渡米しようと考えていた。
  • てん(葵わかな)は思い止まるよう伊能を説得するが…
スポンサーリンク

【わろてんか】140話の視聴率

【わろてんか】140話の視聴率は、19.1%!

関連記事:わろてんかの視聴率一覧

【わろてんか】140話のあらすじ

北村笑店は、映画「お笑い忠臣蔵」が検閲を通らず困難に直面する。

風太(濱田岳)は伊能(高橋一生)が暗い室内にいて驚く。そして、てんの席に辞表を置いてあるのを発見。伊能は頭を下げた。

伊能は、自分が北村にいる限り映画台本が検閲に通ることはないと考えた。北村を辞めアメリカに行くという。

風太はてんを支えるという亡き藤吉との約束を果たして欲しいと懇願した。

伊能を探して事務所まで来たてん(葵わかな)とトキ(徳永えり)は、伊能のアメリカ行きを知った。

「北村を辞めることは許しまへん。…うちが伊能はんをお守りします」

てんは出会った頃から伊能に何度も助けられた。だから、辞職を考え直すよう伊能を説得する。

しかし伊能は、自分の方がてんにいつも助けられたという。笑顔がまぶしく、まっすぐなてんに。

伊能は、アメリカのカラー映画の勉強に行きたいと語る。

「こんな時代だからこそ、観客に色つきの夢を見てもらいたい。人生最大のピンチこそ、最大のチャンスだと思いたい。だからこそ…」

熱い思いを語り頭を下げた伊能を見て、てんは決断。伊能との縁を繋いだままにして欲しいと願う。てんと風太は、北村笑店の方から伊能のアメリカ行きをお願いした。

【わろてんか】140話の感想

【わろてんか】140話のまとめ

大切な人がいなくなるのは嫌だと出張命令。てんを演じる葵わかなさんの見事な演技でした。

高槁一生さんもさすが。最大のピンチなのに幸せなのが伝わります。

そして伊能とてんは、なんと素敵な関係でしょう。伊能は、藤吉もてんのことも本気で大好きなのですね。三角関係ではない。好きな人が愛する藤吉と一緒にいることを喜べる。本当の愛を伊能に見て取れます。

ただ、伊能が去るのは寂しいですね。アメリカ行きを機会に幸せな伴侶も見つけて欲しいですが果たしてどうでしょうか。

関連記事:【わろてんか】全話あらすじと最終回ネタバレ!

(今回の記事内の画像出典:NHK

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク