2020年夏ドラマ一覧2020年秋ドラマ一覧

ドラマ【ブラックペアン】のキャストとあらすじ!二宮和也主演で春ドラマ大本命!

スポンサーリンク

ドラマ【ブラックペアン】各話の主要ゲスト一覧

(例)話数:登場人物名(ふりがな)…キャスト名(役柄)

1話:皆川妙子(みながわ・たえこ)…山村紅葉(世良が担当する患者)

2話:小山兼人(こやま・かねと)…島田洋七(東城大の病院に緊急搬送される役。)

2話:小山好恵(こやま・よしえ)…沢松奈生子(搬送された小山の夫)

3話:楠木秀雄(くすのき・ひでお)…田崎真也(謎の患者)

3話:田村隼人(たむら・はやと)…髙地優吾(音大生の患者)

3話:田村浩司(たむら・こうじ)…依田司(厚労省の偉い人物)

4話:島野菜穂(しまの・なほ)…田中雅美(小春の母)

4話:島野小春(しまの・こはる)…稲垣来泉(7才の患者。帝華大学病院から転院)

5話:富沢雅之……福澤朗(厚生労働省の医務技監)

5話:松岡仁……音尾琢真(帝華大付属病院の外科医)

7話:山本祥子……相武紗季(東城大の入院患者・木下香織の知人)

ドラマ【ブラックペアン】東城大の主要キャスト

二宮和也(役:渡海 征司郎)

ブラックぺアン二宮2

登場人物

渡海 征司郎(とかい せいしろう)……手術成功率100%を誇る天才的な手技(縫合技術)を持つ外科医。

  • 勤務先:東城大学医学部付属病院(外科医)
  • 役職:万年ヒラの医局員。(出世に興味のない一匹狼)
  • 性格:傲慢な性格と言動(周囲との軋轢を常に生む)
  • 通称:“オペ室の悪魔”
  • 原作では他に小説「ひかりの剣」「モルフェウスの領域」に登場

キャスト

二宮和也(にのみや かずなり)……1983年6月17日生まれ。ジャニーズ事務所の「嵐」のメンバー。愛称は「ニノ」。東京都葛飾区出身。両親は共に料理家。2017年NHK紅白では司会を務めた。俳優として2005年に『硫黄島からの手紙』でハリウッドデビュー。『母と暮せば』で第39回日本アカデミー賞・最優秀主演男優賞を受賞している。

竹内涼真(役:世良 雅志 )


キャスト

世良雅志(せら まさし)…東城大学医学部付属病院の総合外科学教室(佐伯外科)に入局した研修医。
東城大学医学部のサッカー部に所属し「俊足サイドバック」として活躍。教授に対しても物怖じしない。しかし原作では周りから佐伯の忠犬とみられている。
登場人物

竹内涼真(たけうち りょうま)…1993年4月26日生まれ。東京出身。雑誌「mina」の男性モデルオーディションでデビュー。2014年『仮面ライダードライブ』の主役。 その後、ドラマ『下町ロケット』『スミカスミレ』『時をかける少女』映画『青空エール』などに出演。2017年は『ひよっこ』『過保護のカホコ』『陸王』等に出演。

竹内涼真は、「実は、医療ドラマに出演したい!と心の中で密かに思っていたのでその願いが叶いとても嬉しく思います」と喜びをコメント。

また、撮影準備で実際の心臓外科医の先生の指導、手術映像を見て、新しい世界に飛び込む気持ちで撮影に臨んでいることを明かしています。

*(竹内涼真さんはサッカーJ2の東京ヴェルデイの下部組織・ユース出身。年齢もスポーツ経験も世良役に適役?と当サイトで世良役を予想していました)

葵わかな(役:花房美和)


登場人物

花房美和(はなぶさ みわ)…手術室看護婦。手術での機器出しの経験は未だ浅い。世良とは親密な関係になりつつある。

キャスト

葵わかな(あおい わかな)…1998年6月30日生まれ、神奈川県出身。2009年にスカウトされ、ドラマ「サムライ・ハイスクール」の杏の幼少期で女優デビュー。2016年に広島発地域ドラマ「舞え!KAGURA姫」で主演。2017年度後期のNHK朝ドラ『わろてんか』ヒロインに抜擢された。2018年に映画「ミッドナイト・バス」公開予定。

葵わかなは撮影にあたり、このドラマは医療現場の理想がぶつかる熱い話しだと感じたそうです。

そして「こういった独自の世界がある職業の役をやらせて頂くのが初めてなので、とてもワクワクしています。キャラクターと一緒に、知識も心も成長しながら、彼女にしかない熱を乗せて行けるよう頑張りたいです」と初めての役柄に意気込みをコメントしています。

*「葵わかなさんの出演はこちらの可能性も高い。伊藤淳史でおなじみの田口の性別変更は違和感あるため。」と当サイトでは予想していた。

*20年後、東城医大の救命救急センター看護師長になる。映画では羽田美智子、ドラマでは白石美帆が演じた。

倍賞美津子 (役:渡海春江)

出典trendsokuhou.com

登場人物

渡海 春江(とかい はるえ)…渡海の母。外科医としてのプライドから組織や医療業界との闘う渡海が唯一心を許せるの存在。原作には描かれないオリジナルキャラクター。

キャスト

倍賞美津子…日曜劇場では『下町ロケット』で阿部寛演じる佃航平の母役で出演。

加藤綾子(役:木下香織)

登場人物

木下香織(きのした かおり)…元看護師。現在は治験コーディネーターとして、新薬や機器開発の治験の窓口となっている。

※医療コーディネーターは、病院・研究室・製薬会社・医療機器メーカーを繋ぐ重要な役割を担う。

キャスト

加藤綾子(かとう あやこ)…1985年4月23日生まれ。元フジテレビ社員で、現在フリーのアナウンサー。レギュラー出演にバラエティ『ホンマでっか!?TV』スポーツ番組『スポーツLIFE HERO’S』など。今作で連続ドラマの初レギュラー。

加藤綾子は連続ドラマのレギュラー出演が初めて。ドラマ現場の自分を想像できなかったそうですが、新しい挑戦に感謝し、新人のつもりで吸収したいと述べています。

また役柄について加藤は、「木下香織という役は内に秘めた強さがあり、しっかりとした女性だと思いますので、その香織のイメージをしっかり表現したいです。
一生懸命逃げずに頑張りたいと思いますので、ぜひご覧いただければと思います」と分析して意気込みをコメントしています。

加藤浩次(役:池永英人)

登場人物

池永英人(いけなが ひでと)…医療ジャーナル誌の編集長。同誌は学術誌の“最高権威”で、日本心臓外科学会の理事長選挙においても多大な影響力を持つ。

キャスト

加藤浩次・・・コメディアンだが、「スッキリ」(日本テレビ)の司会ですっかり朝の顔に。「ブラックぺアン」出演は、久々のドラマ出演。TBSの連続ドラマでいえば2006年放送の『クロサギ』以来12年ぶり!

市川猿之助(役:西崎啓介)

登場人物

西崎啓介…帝華大学外科教授。同大学は心臓外科の分野で組織的な研究力を誇る。東城大学とは日々しのぎを削る。西崎は日本心臓外科学会の理事長の座を東城大の佐伯清剛(内野聖陽)と争う。

キャスト

市川猿之助…2017年、「スーパー歌舞伎II『ワンピース』」の上演中に骨折して以降、初のドラマ出演。

ケガから復帰後初のドラマ出演となる市川猿之助は、「個人的に最近優秀なお医者様と接することが多かったので、役作りの中で存分に活かせたらと思います。」と舞台でのケガでのことをにおわせながら、意気込みをコメントしています。

小泉孝太郎(役:高階 権太)


登場人物

高階 権太(たかしな ごんた) …総合外科学教室に赴任した新任講師。世良の指導医。専門は消化器外科。不敵な性格で周囲に反感を持たれるタイプ。帝華大学(日本のアカデミズムの頂点)で第一外科教室の助手を務め、マサチューセッツ医科大学に2年留学した。手術用最新医療器具「スナイプAZ1988」は、「外科医の腕を全く必要としない」と豪語し、医療の発展のあり方を変えようとする。

キャスト

小泉孝太郎(こいずみ こうたろう)…1978年7月10日生まれ。実父は元総理・小泉純一郎、実弟は政治家・小泉進次郎。2017年は『警視庁ゼロ係』『アキラとあきら』などに出演。TBS日曜劇場では『下町ロケット』に出演している。

小泉孝太郎は、原作を読んで医者の深い部分まで描かれていると感じ、その世界観のドラマ出演に喜びを感じていると述べています。また「おそらく医者の人間臭いところなども多々出てくると思うので、そのような人間模様が見どころなのではないでしょうか」とドラマもアピールしています。

*「ブラックぺアン」の20年後では東城大学医学部付属病院の病院長になる。映画では國村隼、ドラマでは林隆三が演じた。

内野聖陽(役:佐伯 清剛)


登場人物

佐伯清剛(さえき せいごう)…総合外科学教室「佐伯外科」のトップに君臨する教授。“神の手”を持つ心臓外科医。手術室には「ブラックペアン」と呼ばれる真っ黒なペアンを用意し、佐伯しか使えない。ブラックぺアンを使ったときは手術成功といわれる。

技術重視の佐伯が手術の際に“ブラックペアン”を使うのには理由がある。渡海との因縁やスナイプを強引に推進する高階との軋轢(あつれき)が描かれていく。

原作では東城大学医学部付属病院の次期院長選に立候補する。ドラマでは帝華大の西崎と日本外科学会の理事長選を争う。

キャスト

内野聖陽(うちの せいよう)…1968年9月16日生まれ。葵わかなと同じ事務所に所属。経歴は…1992年・早稲田大学在学中に文学座研究所に入所。翌年、『女たちの十二夜』で初舞台。同年、NHK『街角』の主演でドラマデビュー。以降、舞台・映画・ドラマに活躍中。

※TBS日曜劇場の出演は『JIN-仁』龍馬役、『とんび』主演、『おやじの背中』第9話主演があります。

内野聖陽は台本からドラマを、“先進医療技術”VS“外科医の手技”の戦いと読み解きました。そして「人間の力に取って代わろうとするかのような時代に、この作品が投げかけるものは大きいのかなと思います」とドラマ「ブラックぺアン」の意義についてコメント。

また、自身の役柄については、あり得ないキャラクターをいかに成立させるかを、自身の挑戦と述べています。

次ページ『ブラックぺアンのその他のキャスト」へ

タイトルとURLをコピーしました