【夕暮れに、手をつなぐ】2話のネタバレと感想!マンボウの正体はまっすー!ファン大反響!

【夕暮れに、手をつなぐ】2話のネタバレと感想!

広瀬すず主演の火曜ドラマ【夕暮れに、手をつなぐ】の第2話が2023年1月24日(火)に放送されました。

空豆にも音にもそれぞれモテ期が!恋はなかなか始まりそうもない?

今回は【夕暮れに、手をつなぐ】第2話のあらすじネタバレ・感想について。

【夕暮れに、手をつなぐ】のネタバレあらすじを最終回まで!王道の青春ラブストーリーの結末は?
【夕暮れに、手をつなぐ】のネタバレあらすじを最終回まで! 2023年1月期の火曜ドラマ【夕暮れに、手をつなぐ】が1月17日スタート!恋愛ドラマの名手・北川悦吏子が描く夢を追う若者の美しいラブストーリーです。ここでは【夕暮れに、手をつなぐ】の全話あらすじネタバレを最終回までお届けします。

【夕暮れに、手をつなぐ】第2話の視聴率

発表後に更新します。

【夕暮れに、手をつなぐ】第2話のあらすじネタバレ

第2話のあらすじネタバレです。

第2話のあらすじ

運命的で衝撃的な出逢いを果たした浅葱空豆(広瀬すず)と音(永瀬廉)。それっきり、もう一生会うことはないと思っていた2人だったが、不思議な運命の巡り合わせから、空豆と音は共同生活をおくる事に。そして、まさかの恋が始まる!

第2話のネタバレ

響子(夏木マリ)に拾われ、音(永瀬廉)の下宿でいっしょに住むことになった空豆(広瀬すず)だったが、厳しい響子は家賃を払えと言う。そしてそのために仕事先を用意してあった。そこは響子の幼馴染みの丹沢博(酒向芳)が経営する蕎麦屋「大野屋」。

働き始めた空豆は大野屋で働く博の娘・千春に仕事を教わりながらプライベートでもすっかり仲良くなった。

一方、音はバイト先のカフェに来た響子の息子・爽介(川上洋平)と再会する。爽介は起業家として雑誌に載ったことがあるほどの男だった。爽介はその帰り、大野屋の前でチラシを落とした空豆に声をかけ、いっしょに拾ってあげた。

そんな空豆は実家からの電話で実家に取り付けたエレベーターの代金を請求される。その金額300万!婚約破棄された相手・翔太(櫻井海音)が足の悪い空豆の祖母のために取り付ける約束をしていたのだ。慌てた空豆は大野屋で前借を申し出るが、その金額に絶句される。これまでのいきさつを千春に話すと、千春は婚活を提案、港区女子になるよう勧められる。

下宿へ戻った空豆はその話を音に。音から無理と言われ、ケンカを始める。下宿の中でドタバタとお手玉をぶつけあうふたりはまるで子供の様。しっかり響子にたしなめられた。

洒落っ気のない空豆に自分のワンピースを貸す千春。

一方、音はレコード会社の担当・真紀子に呼び出され、会社へ。温泉のPR動画へ曲を付ける仕事を依頼される。そしてそこで人気沸騰中のマンボウ(増田貴久)とアリエル(内田理央)のユニット・ズビダバを紹介された。空豆に自分はマンボウと嘘をつき、サインまでしてしまった音は、マンボウにサインをおねだりする。気をよくしたマンボウは色紙を取りに退室した。すると、ふたりきりになった途端、アリエルが音の横にベッタリと座る。「私、デカフェ(音のハンドルネーム)君のファンなの。私好きな人を見ると触りたくなっちゃうの」と腕を組む。そして「私、好きな人を見るとキスしたくなっちゃうの」と唇を近づけてくる。そこへマンボウが戻り、離れるアリエル。

帰った音はマンボウのサインを空豆にあげる。喜ぶ空豆はオシャレなワンピースを着ている。響子に教わってマッチングアプリに登録したと言う。150件もの引き合いがあったが、本当の自分を見ない相手達に虚しさを感じる空豆。そしてまた、何でも知っていた翔太のことを話し出す。まだ翔太を引きずっている空豆は、思う相手がいると生きていける。今は自分が弱くなった気がすると言う。音は大学卒業後、就職しないで音楽の道を選び付き合ってきた彼女が離れて行ったことを話す。初めて自分のことを空豆に話した瞬間だった。「恋愛とか、ちょっといいかなあ」とポツリ。そして空豆の服を褒めた。

バイト先のカフェで音は来ていた美女から突然「一目ぼれしたの。電話くれない」と番号を渡された。

爽介が下宿(実家)に帰ってきた。空豆と音、響子と爽介が庭でBBQしている。マッチングアプリでの愚痴をきっかけにまたケンカを始める音と空豆。爽介のギターで響子が「なごり雪」を歌い出した。それを聞いて涙を流す空豆。音は「一曲でいい、俺も人の心に残る曲を作りたい」とつくずく。BBQの片づけをしながらふたりで焼いもを焼いて食べる音と空豆。

音は作ったメロディーを爽介に聞かせる。アイデアを提案する爽介。爽介は音が悩んでいたPR映像の仕事をやるように勧める。空豆は響子の部屋でナミブ砂漠の定点カメラの映像を見て驚いていた。響子は音の才能を信じているらしかった。4人でデザートのケーキを食べている時、空豆に「かわいいね」と言っている爽介を気になるように見る音。そこで爽介は空豆を異業種交流会に誘う。

音は仕事を受けることを真紀子に伝えると、10人くらいのコンペだと知らされる。

翔太が空豆の実家へ行き、祖母のたまえ(茅島成美)に謝っていた。

爽介と異業種交流会に来た空豆。下宿では、音が響子にコーヒーを入れていた。響子は女のあざとさを知らず、騙されやすい爽介の心配をしていた。2度も金のかかりそうな女に捨てられた爽介には田舎のイノシシのような子がちょうどいいと言う。だから空豆を拾ってきたのかと聞く音。

一方、婚活パーティーのような交流会の空豆。周りはセレブな男や女ばっかりで、あっという間に居場所がなくなる。外で親がトイレから戻るのを待っていた女の子とじゃれるように遊んでいる空豆。それを微笑ましく見ていた爽介は、ふたりでパーティーを抜け出した。

納得のいく曲が出来た音は、空豆に聞かせようと探すが、婚活パーティーに行ったことを思い出す。響子も定点カメラの映像に夢中で相手にしてくれない。思わず謎の美女からもらった番号に電話をかける。「待っていました」と嬉しそうな謎の美女。

爽介とドライブしている空豆は、自分は親がトイレに行ったまま捨てられたことを話す。ふたりはそのままちょっと遠くまでドライブに出かけた。

つづく。

【夕暮れに、手をつなぐ】第2話の感想

映像の美しさ

映像の美しさに感動する人が多数見受けられました。

このドラマの撮影は伊藤麻樹さん。調べてみたら、映画畑の方でした。2015年の園子温監督の『リアル鬼ごっこ』でデビュー。同監督の『アンチポルノ』、『クソ野郎と美しき世』や『人狼ゲーム』シリーズ、山田佳奈監督の『タイトル、拒絶』 なども撮っています。2020年度の『ミッドナイトスワン』では陰影と色彩に富んだ画作り、聢りとした構図。躍動感を損なわない常に安定した撮影が評価され三浦賞を受賞されている凄い方でした。どうりで映画みたいという感想が多いわけですね。

まっすーへの反響

シークレットキャラだったズビダバのマンボウがまっすーこと増田貴久だったことに多くの反響がありました。

すかさず公式の相関図がまっすーに変わっていましたね。今後も登場することでしょう。
寝ん記事内画像出典:『夕暮れに、手をつなぐ』公式サイト

 

コメント